magazine

お出かけ / 遊び

2020.03.11

パグと楽しく遊ぶために知っておきたいこと

シワシワの顔にクリクリした大きな瞳、ペチャ鼻で人気のパグと言えば、何故かいつも少しだけ困っているように見える、愛嬌満点の犬種です。中国原産のパグは、古くから上流階級の愛玩犬として可愛がられてきました。ブサカワ犬ブームで一躍人気となった犬種となったパグは、遊び好きと言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか?今回は、パグと楽しく遊ぶためのポイントをご紹介します。

#パグ

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

パグの性格を知っておこう

パグ

パグは、人間にとって最良のパートナードッグとして、性格、容姿ともに古代より改良が重ねられてきた犬種です。そのため、飼い主のそばにいることが大好きで、また飼い主の喜ぶ顔を見ることも大好きです。

他の犬種に比べて、子犬の頃から落ち着いた性格で訓練も難しくありません。ただし、頑固でわがままな一面もあるので、可愛いからといって甘やかしてしまうと、問題行動に発展する可能性もあるため注意が必要です。

基本的には、攻撃性は無く陽気な性格をしているので、小さな子供とも上手に遊ぶことができます。さほど運動量は必要としませんが、適度に散歩は必要でしょう。また、室内でも飼い主の後をついて回るほど、飼い主に対して深い愛情を抱き、成犬になっても飼い主と遊びたがる無邪気な一面もあります。

パグは運動好き?

パグ

パグは、筋肉質で逞しいカラダの持ち主ですが、あまり多くの運動を必要としていません。エネルギッシュで遊び好きな一面があるため、ついつい長時間遊ばせてしまいがちですが、ハァハァと呼吸が苦しそうにパンティングを始めたらすぐに休憩させるか、家に連れて帰りましょう。また、パグは体温調節が苦手な犬種のため、夏の暑い時間の外出は禁物です。

パグは自然豊かな散歩コースが好き

多くの運動量を必要としないパグは、都会の集合住宅でも飼うことが可能ですが、探究好きなパグのために、自然豊かな場所へ連れて行ってあげることがおすすめです。好奇心が強いので、あちこち匂いを嗅いで回ったり、新しい場所に行くと張り切って探索します。太りやすい体質でもあるため、お散歩で適度な運動ができるようにしてあげましょう。

パグに向いている競技がある!

褒めて伸びるタイプのパグは、飼い主と一緒に楽しみながらしつけもできる競技がおすすめです。カラダが小さいながら敏捷なパグには、アジリティやラリーオビディエンスが向いています。障害物競走とも言えるアジリティは、好奇心旺盛なパグに向いていると言えます。また、ハンドラーと一緒に左側を並んで歩く、お座り、伏せ、立って、マテといった基本のしつけを競技としたラリーオビディエンスは、褒めて伸びるパグのしつけにピッタリ。どちらもハンドラーが必要な競技であるため、飼い主と一緒に楽しめるところがポイントです。

パグはどんなおもちゃが好き?

古代から愛玩犬として大切に可愛がられてきたパグは、わがままな一面を持っています。ぬいぐるみをはじめ、いろいろおもちゃを与えてもすぐに飽きてしまう可能性もあります。おもちゃと遊ぶより、飼い主に甘えたいタイプが多いことも事実です。パグの場合、好みのおもちゃには個体差があるので、これといったものが見つかるまでは時間がかかるかもしれません。また、パグは噛む力が強いので、噛みちぎってしまいがちな柔らかいおもちゃを与えるときには十分に気をつけましょう。

パグが喜ぶ遊び方

パグ

パグは、飼い主と一緒に何かをすることや飼い主の喜ぶ顔を見ることが大好きです。そのため、常に一緒に何かをしてあげることが、パグにとっては最高の遊びとなります。また、優しい性格のパグは子供の遊び相手としても最適です。ただし前述のように、噛む力が強いため、仔犬期からしっかりとしつけをする必要があります。

飼い主と一緒に遊ぶことが大好きなパグ

パグ

パグも他の犬種と同じで仔犬期はやんちゃです。やんちゃな時期は、ソファを噛みちぎったり、床を掘ったりと困り者ですが、1歳になる頃には落ち着きが出てきます。パグは遊び好きと言われていますが、アウトドアで走り回るような遊びより、飼い主と一緒に何かをする遊びを好みます。室内でも十分に満足できる犬種のため、一緒に楽しめるゲームなどを考えてあげるといいかもしれません。相方とも言える愛犬が、一体どんな遊びを好むのか、いろいろな遊びを試してみてくださいね。

  • 公開日:

    2019.09.17

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする