magazine

お手入れ

2020.03.11

ポメラニアンは抜け毛が多い?被毛のひみつとお手入れ方法をご紹介

ポメラニアンと言えば、そのふわふわして毛糸玉のような被毛が魅力ですよね。しかし、美しく愛らしい毛並みを維持するためには、入念なお手入れが必須です。その理由は、ポメラニアンの抜け毛の多さにあります。今回は、ポメラニアンの被毛の特徴や、お手入れ方法についてご紹介します。

#ポメラニアン

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ポメラニアンは被毛が多い犬種?抜け毛の多さにも関係

ポメラニアン 抜け毛

もこもこコロンとして、丸いシルエットが愛らしいポメラニアンは、実はとても体格が小さく、チワワなどと同じ超小型犬に分類されます。実際の体格と見た目に差がある理由は、何と言ってもふわふわとして量の多い被毛にあります。

ポメラニアンの被毛のひみつ

ポメラニアンの魅力であるふわふわの被毛は、長いオーバーコートと、短くて綿毛のようなアンダーコートのダブルコート(二重構造)になっています。頭や耳周り、脚前面の毛は、比較的短くて密集しており、なめらかな触り心地です。一方、他のパーツには、長くて豊かな毛が生えており、尻尾にはさらに長い飾り毛があります。飾り毛を揺らしながら歩く姿も、ポメラニアンの魅力であり特徴です。

ダブルコートの犬種の特徴は、換毛期があるという点にあります。ポメラニアンも例に漏れず、季節の変わり目には夏毛が冬毛に、冬毛が夏毛に生え変わります。相当な量の毛が抜け落ちるので、こまめに丁寧なお手入れをしてあげることが大切です。また、ポメラニアンは本来トリミングが必要な犬種ではありませんが、中には短めのサマーカットにしているコも見かけます。しかし、短めにしたからと言って抜け毛が減るわけではないので、カットをしている場合でも、おうちでのブラッシングやシャンプーなどのお手入れを欠かさないようにしましょう。

ポメラニアンは抜け毛が多い!お手入れのコツ

ポメラニアン 抜け毛

ポメラニアンの抜け毛のお手入れ方法として、基本となるのが定期的なブラッシングとシャンプーです。正しい方法と適度な頻度でブラッシングとシャンプーをおこなうことで、抜け毛予防だけではなく、毛並みを美しく維持し皮膚を健康に保つことにも繋がります。

ブラッシング

ポメラニアンの抜け毛のお手入れ方法として、毎日のブラッシングは欠かせません。特に抜け毛が多い時期は、毎日ブラッシングを行うことが理想ですが、毎日が難しい場合でもトラブルを防ぐためには2日に1回程度行ってあげるようにしましょう。

ブラッシングのポイントは、下毛まできちんとブラシを入れることです。二重構造の被毛なので、表面のオーバーコートばかりブラッシングしていると下毛までブラシが届かず、奥の方が毛玉だらけになってしまう可能性もあります。皮膚トラブルを防ぐためにも、しっかりと丁寧にブラッシングを行いましょう。

シャンプー

ポメラニアンは自宅でのシャンプーが可能な犬種です。シャンプーは抜け毛のお手入れ方法としても有効で、換毛期は関係なく月に1,2度は行うのがよいでしょう。ただし、被毛が多いからと、頻度が高すぎると必要な皮脂まで取り除いてしまい、皮膚を防御する役割が低下してしまうので注意が必要です。

被毛が多いため、シャンプーが残らないよう入念にすすぎを行い、シャンプー後は生乾きのままだと菌が繁殖しやすくなるので、しっかりと乾燥するまでドライヤーをかけてあげましょう。

ポメラニアンの抜け毛の上手な掃除方法

ポメラニアン 抜け毛

丁寧にお手入れをしても抜けるのが抜け毛。抜けてしまった毛が部屋に残るため、こまめに掃除する必要があります。

掃除方法は、フローリングや畳なら掃除機を一気にかけてしまうのが早いですが、特に絨毯やカーペットには抜けた毛が絡まって残りやすいので、コロコロやガムテープを上手く使うのがおすすめです。それでも取れにくい場合は、たわしを濡らして軽くこするのも有効です。

また、こまめな掃除がしやすい環境作りもポイントです。抜け毛が入り込んでも掃除がしやすい家具配置などを工夫しましょう。

抜け毛のお手入れも貴重なコミュニケーションの一環

ポメラニアン 抜け毛

ポメラニアンの抜け毛について紹介しました。ポメラニアンの抜け毛は多いのでお手入れや掃除は大変ですが、ブラッシングやシャンプーは愛犬との貴重なコミュニケーションの一環です。近くで接するからこそ気づける体調の異変もありますから、愛情を込めてお手入れを行ってあげましょう。

  • 公開日:

    2019.09.06

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする