magazine

お手入れ

2019.10.02

トリミングサロンは必要ない?柴犬のトリミング方法を解説

トイ・プードルやマルチーズは、トリミングサロンでのトリミングが必要な犬種と聞きますが、柴犬はトリミングサロンが必要な犬種なのでしょうか?ここでは、柴犬のトリミングの必要性などトリミングに関する疑問を解消していきます。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

トリミングサロンに行く必要性

柴犬 トリミング

柴犬の被毛は、下毛と上毛をもつダブルコートです。そのため、トイ・プードルやマルチーズのように被毛が伸びることがないため、トリミングサロンに行って被毛全体をカットしてもらう必要性はあまりないと考えてよいでしょう。

ただし、衛生状態を良くするためにも、シャンプーや部分的なカットなどのトリミングはした方が良いです。被毛全体のカットでなければ、自宅でもトリミングすることができますし、飼い主以外には懐きにくい柴犬としても、知らない人に体を触られるより飼い主さんに触られた方が安心します。もちろん、無理は禁物ですが、トリミングをさせてくれそうであれば、自宅でのトリミングも選択肢として良いでしょう。

トリミングに必要な道具を揃えよう

柴犬 トリミング

トリミングサロンに行く必要がないのであれば、できることは自宅で行ってみるのもいいかもしれません。ここでは、トリミングだけでなく日常生活でも役立つトリミングに必要な道具を紹介していきます。

スリッカー

トリミングをする際の必需品です。
スリッカーで被毛をブラッシングすることで、抜けた被毛が簡単に取れます。
特に、年に2回の換毛期に役立ちます。

コーム

スリッカー後の被毛ブラッシングや、肛門周り・足裏・その他被毛のカットをする際に使用します。

ハサミ

肛門周り・足裏・その他被毛のカットをする際に使用します。

バリカン

全体の被毛をカットする際や、足裏の被毛をカットする際に使用します。
毛玉除去なども、ハサミを使用するよりバリカンの方が安全なので、用意しておくと便利です。

自宅でカット・ケアしたい部位

柴犬 トリミング

それでは、実際にトリミングを自宅で行ってみましょう。
ここでは、トリミングをする際に自宅で行って欲しいカット・ケアしたい部位を解説していきます。

耳掃除

立ち耳の柴犬は、外耳炎の発症リスクは低い傾向にありますが、全くないわけではありません。そのため、月に1~2回は耳の洗浄液を使用して軽く耳の中を拭いてあげましょう。

足裏

足裏の被毛が伸びていると、肉球が被毛に覆われていしまい滑りやすくなってしまいます。また、伸びた足裏の被毛を放置すると、毛玉になることもあり衛生的にもよくありません。
そのため、足裏トリミングも行うことが大切です。
足裏は、ハサミでカットするよりもバリカンを使用した方が安全で早く切れます。
肉球が見えるくらいできていれば問題ありません。

肛門周り

肛門まわりの被毛が伸びていると、うんちが被毛に付着し不衛生になります。
そのため、肛門まわりの被毛もカットしてあげる必要があります。
まず、尻尾を上に持ち上げコームで肛門周りの被毛をとかします。それから、肛門に覆い被さっているいる被毛をハサミでカットしていけば完成です。ただし、肛門まわりは嫌がってやらせてくれないこともあるので、恐怖を与えないように十分に注意しましょう。

肛門腺絞り

柴犬のような中型犬になると、ウンチと一緒に肛門濃が出てくれることが多いので、そんなに多くは溜まることはないのですが、肛門濃が溜まり破裂をすると、肛門腺炎を起こしてしまいます。そうならないようにするためにも少量であっても肛門腺絞りも一緒に行いましょう。

トリミングのポイントを紹介

柴犬 トリミング

自宅でできるとは言われても、なかなか思い通りにできないのがトリミングです。 一体、どうすればトリミングがうまくできるのでしょうか。
ここでは、トリミングの際に役立つポイントを解説していきます。

ブラッシングのコツ

柴犬のブラッシングは、毎日行う必要はないので換毛期に重点的に行いましょう。 また、部位ごとに抜ける時期が異なるので、抜けた被毛の部分を中心にブラッシングしていきましょう。

シャンプーの頻度

シャンプーは、1~2ヶ月に1回程度で問題りません。
どうしてもシャンプーができない時は、絞ったタオルで体を拭いてあげましょう。

1人で無理をしない

柴犬のトリミングを1人で行うのはとても大変です。そのため、もう1人手伝ってくれる人がいると、スムーズに行えます。
無理に1人で行わないようにしましょう。

さっそく家でトリミングをしてみよう

柴犬 トリミング

柴犬は、トリミングサロンでカットをしてもうう必要はありませんが、部分的なカットなどのトリミングをやってあげるとベターです。トリミングで少し整えてあげるだけで、印象が変わるだけでなく体への負担も少なくなります。また、コミュニケーションの一環にもなるため、お互いの信頼関係が増す良い機会でもあります。柴犬を飼っている方、これから飼う方は、その子との相性をじっくり見ながら、トリミングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • 公開日:

    2019.09.25

  • 更新日:

    2019.10.02

この記事をシェアする