magazine

健康管理 / 病気

2020.03.11

マルチーズの平均寿命は?かかりやすい病気と長生きの秘訣

犬の寿命は、小型犬・中型犬・大型犬と体の大きさによって差があります。では、小型犬のマルチーズの寿命はどれくらいなのでしょうか。
今回はマルチーズの平均寿命から、かかりやすい病気、長生きさせるコツまでまとめてご紹介します。

#マルチーズ

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

マルチーズの平均寿命

マルチーズ 寿命

超小型犬に属するマルチーズの平均寿命は、13歳ぐらいです。
アニコム損害保険株式会社が実施した犬の寿命に関する調査によると、超小型犬の平均寿命は13.8歳程度となっているため、マルチーズは超小型犬の中では平均的な寿命の長さといえます。
ただし、寿命は体質や育った環境による影響が大きいため、平均寿命はあくまでも目安として頭に入れておくとよいでしょう。

マルチーズがかかりやすい病気

マルチーズ 寿命

マルチーズは、以下の病気にかかりやすい傾向にあります。「いつもと様子がおかしい」と感じたときは、速やかに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)とは、心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁と呼ばれる弁が閉じなくなり、血流が逆流してしまう病気です。
犬の心臓病の中で、もっとも発症率が高いと言われています。症状が進行すると咳が出る、運動することを嫌がる、食欲不振などが見られます。

皮膚炎

マルチーズの被毛は滑らかではあるもののとても細く、絡まりやすい毛質をしています。そのため、お手入れを怠ると被毛の通気性が悪くなり、皮膚炎を引き起こすことがあります。
また、皮膚炎は食べ物や細菌、ノミ・ダニなどさまざまな原因があるほか、1つの原因だけでなく複数の要因が絡み合って発症することが多い病気です。
痒みや湿疹などの症状が出ている箇所を掻いたりしてしまうと、どんどん悪化してしまうため早めに受診することが肝心です。

白内障

目の中には、焦点を合わせる役割を果たしている、水晶体と呼ばれるレンズがあるのですが、白内障はこの水晶体が白く濁り、視力が低下してしまう病気です。
加齢に伴って発症することが多いですが、詳しい原因は解明されていません。目が白っぽく濁ってきたり、物にぶつかりやすくなったりなどの症状が現れます。

マルチーズの長生きの秘訣

マルチーズ 寿命

大切な家族の一員である愛犬には、いつまでも元気でいてもらいたいものです。そこでマルチーズの長生きの秘訣について見ていきましょう。

定期的に健康診断を受ける

病気を未然に防ぐために、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。また、何かの病気になっていたとしても、早期発見・早期治療ができれば軽度で済み、愛犬にかかる肉体的・精神的な負担が軽減できます。

犬は人間よりも年齢を重ねるスピードが早く、マルチーズの場合は1年で4歳分の歳を取っていきます。そのため、見た目はさほど変わらないかもしれませんが、たった2?3年経っただけでも体の機能は徐々に低下しているのです。

健康診断は成犬の場合は年に1回、7歳を過ぎてシニア期に入ったら半年に1回受けるのが理想的です。

適度に運動をする

肥満は呼吸器系の疾患や糖尿病、足腰のトラブルなど、さまざまな不調を引き起こす原因になります。そのため、毎日適度に運動をさせて肥満にならないように気をつけましょう。
1日20分程度ゆっくりと歩いて散歩させるようにしてください。小型犬のマルチーズの場合は、それだけでもそれなりの運動量になります。

また、運動はストレス解消にも効果的です。人間と同様、犬もストレスから病気を招くので、一緒におもちゃで遊んだり、ときにはドッグランで遊ばせたりなど、いろいろと工夫して適度に運動をさせるよう心がけましょう。

おやつを与え過ぎない

かわいい愛犬のために、おやつを与えたくなることもあるかと思いますが、与える頻度や量は十分に気をつけましょう。肥満の原因になるほか、栄養バランスが偏ってしまいます。
犬に必要な栄養がバランスよく配合されている「総合栄養食」を主食にしていれば、栄養を過不足なく摂取できるため、日常的におやつを与える必要はありません。
食べるものと健康状態は密接に関わっているため、おやつはしつけのご褒美程度にとどめ、与え過ぎないよう注意しましょう。

マルチーズと少しでも長く健康に暮らそう

マルチーズ 寿命

マルチーズの平均寿命は13歳程度と言われていますが、もともとの体質や食生活、過ごす環境などにより、平均寿命より長く生きることも少なくありません。
マルチーズに長生きしてもらうには、病気を未然に防ぐことが重要です。「何かいつもと違っておかしい」と感じたときは、「大したことないだろう」で終わらせず獣医師さんに診てもらいましょう。日々の健康管理をして、マルチーズと少しでも長く一緒に暮らしていってください。

  • 公開日:

    2019.09.26

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする