magazine

茶色と白の毛のコーギーの赤ちゃんが退屈そうに床に伏せをしている
犬を迎える
鉛筆アイコン

2021.10.22

コーギーの赤ちゃんはどんな見た目?成長過程や癒される画像も紹介

コーギーは可愛らしい見た目と人懐っこい性格から、ペットとして人気の高い犬種です。しかし、コーギーの赤ちゃんと出会える機会は少なく、どんな姿をしているのか知らないという方も多いのではないでしょうか?
本記事では、コーギーの赤ちゃんの見た目の特徴や、成長の過程について詳しく解説していきます。記事の後半では、コーギーの赤ちゃんの可愛らしい画像や動画を紹介しているので、ぜひ癒されてくださいね。

#コーギー

文:後藤 俊/ライター

コーギーの赤ちゃんの体の特徴は?

黒と白の毛のコーギーの赤ちゃんが伏せをしている

コーギーの出産では、何頭の赤ちゃんが生まれてくると思いますか?

ノルウェーのケネルクラブの調査結果によると、小型犬で平均3.5頭、大型犬では7.1頭となっており、一般的には大型犬になるほど多産傾向になると言われています。

親犬の体の大きさなどにより個体差がありますが、小~中型犬であるコーギーは一度に約4~6頭の赤ちゃんを出産します。

生まれて間もないコーギーの赤ちゃんは耳が垂れ、目も空いていない状態です。犬種が特定できるようになるのは、生まれてしばらく経った後になります。

耳が垂れていること以外に、体つきにも特徴があります。コーギーの赤ちゃんは体がとても柔らかく、被毛が薄いです。鼻が短いのも、成犬になる前にだけ見られる特徴となります。

コーギーの赤ちゃんの成長過程を紹介

白と黒の毛のコーギーの赤ちゃん2匹と茶色と白の毛のコーギーの赤ちゃんが寄り添ってお座りをしている

「成長期」と呼ばれる生後約2ヶ月までの間、コーギーの赤ちゃんがどのように成長していくのかを解説していきます。体重や大きさの目安も合わせて紹介していくので、ご参考にしてください。

生後0日~13日

コーギーが生まれてくるときの体重は、お腹にいた頭数などによって異なりますが、1頭あたり約250~300gです。

生まれてすぐは目が見えておらず、嗅覚を手掛かりに母親へ近づきます。2~4時間毎に母乳をもらい、体重は1日で約5~10%ずつ増えていきます。

産後2~3日までは母子免疫の入った初乳が出るため、できるだけ母乳を飲むことが大切です。

しかし、体の弱い犬は母乳を飲めずに衰弱してしまうため、体重が思うように増えていなければ、犬用のミルクなどを足してあげる場合もあります。

その後、問題がなければ、生後1週間で約2倍の体重にまで成長します。生後2週間頃までは毎日決まった時間に体重を測定し、健康に徹底した飼育がされているのです。

生後2~3週

生後2週間が経つと、目が開き、徐々に耳が聞こえ始めます。この頃はまだ母犬からの母乳で成長していきますが、生後3周目には乳歯が生え始め、徐々に離乳食へと移行できるようになります。

そして、体重は1kg程度にまで増え、生後から約3倍の大きさに成長していきます。まだ目は開きませんが、3週目ごろから他の兄弟や周りの環境などに興味を示すようにになります。

生後1ヵ月~2ヶ月

生後1ヶ月を超えるとすっかり目が開き、兄弟で喧嘩をしたり、活発に走り回るようになります。そして、見た目も変化していきます。少しずつ耳が立っていき、成犬の姿へと近づいてゆくのです。

体重は約2~3㎏と、生後からたった2ヶ月で10倍近くにまで成長します。赤ちゃんの姿を見られるのは、ほんの一瞬だということがわかりますね。

コーギーの赤ちゃんの動画や画像で癒されよう!

茶色と白の毛のコーギーの赤ちゃんが立って右側を向いている

Instagramを中心に、コーギーの赤ちゃんの可愛い画像や動画を集めました。赤ちゃんの頃にしか見られない魅力を堪能して、日々の疲れを癒しましょう!

赤ちゃんのときから「おしり」が可愛い!

生まれて間もないコーギーの赤ちゃんは他の赤ちゃん同様、耳は垂れ、目も空いていない状態です。被毛は薄く「赤ちゃん」という印象を受けます。犬種が特定できるようになるには生まれてしばらく経った頃になります。

コーギーの赤ちゃんがあちこちでお昼寝タイム

コーギーの赤ちゃんが自由に動き回った後、それぞれ力尽きた場所でお昼寝している画像です。みんなバラバラの場所で寝ているのが、おかしくもあり、可愛らしくもありますね。

コーギーの赤ちゃんは寝るのが仕事なので、おっぱいを飲んだ後はぐっすり眠ることで、どんどん成長していきます。おっぱいをあげるのに疲れた母犬も一緒に寝ているのが、なんとも愛らしいです。

仲良くおっぱいを飲むコーギーの赤ちゃん

コーギーの赤ちゃんが、母犬のおっぱいに集まっている姿を捉えた一枚です。コーギーは一度に4~6頭近く生まれてくるので、母犬はみんなまとめてお世話をします。

母犬は大変かもしれませんが、小さなおしりが並んでいる光景はとても可愛らしいですね。おっぱいを飲んでいる時期しかお目にかかれない貴重な画像です。

初めてのゲージの外に出たコーギーの赤ちゃん

生まれて初めてリビングの中を歩いた赤ちゃんの姿を記録した動画です。新しい世界に興味津々なのが見て取れますね。ヨタヨタとおぼつかない足取りで歩く姿に癒されます。その姿を追いかける二匹の成犬も微笑ましいです。

動画の後半では、嬉しさのあまり転んでしまうところも、赤ちゃんらしくて可愛いですね。

兄弟同士でじゃれ合うコーギーの赤ちゃん

コーギーの赤ちゃんが兄弟同士でくっつき合っている姿がとても可愛らしい動画です。隙間に入り込もうとしたり、寄りかかろうとしたり、生まれたばかりでも仲の良いことが伝わってきます。

まだ目が開いていないので、これから兄弟の姿が見えるようになると、ますます仲良しになりそうです。こういった姿を動画で残しておくと、振り返ったときに成長が分かりやすくなりますね。

コーギーの赤ちゃんをお迎えするには?

白と茶色の毛のコーギーの赤ちゃんが芝生の上を走っている

動物愛護法の関係で、生後から56日が経過していない赤ちゃんを販売してはいけないとされているため、生まれたばかりのコーギーの赤ちゃんをお迎えすることはとはできません。

そのため、ペットショップ等でも、販売されているのは生後2ヶ月以上経過している子犬がほとんどです。

しかし、ブリーダーによっては、56日が過ぎた後ならばすぐに引き渡してくれる場合もあります。少しでも早くお迎えしたい場合は、購入先のブリーダーへ相談してみましょう。

コーギーの赤ちゃんの姿はネットで楽しもう!

白と茶色の毛のコーギーの赤ちゃんが芝生の上でお座りをしている

コーギーの赤ちゃんは成長が早く、生後から2ヶ月が経つ頃には成犬の見た目へと近づいていきます。だからこそ、赤ちゃんとしての姿を見ることができる時期はとても貴重なのです。

今回紹介した動画や画像のように、コーギーの赤ちゃんの姿を公開してくれている飼い主の方がネットの中には多くいます。ぜひ、SNSやYouTubeを活用して、コーギーの赤ちゃんの姿に癒されてみてください。

また、コーギーの赤ちゃんのお迎えを考えている場合や、実際にコーギーの赤ちゃんの姿を見たい場合は、近くのペットショップやブリーダーに相談してみましょう。

  • 公開日:

    2019.09.14

  • 更新日:

    2021.10.22

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 後藤 俊
  • ライター
  • コリーとコーギーのいる家庭で育ち、愛犬たちがいる暮らしが当たり前に。一緒に過ごす時間を増やすためにも、犬に関する知識を学び始めました。愛犬との絆を深めるために必要な、正しい情報の発信を目指します。