magazine

犬種図鑑

2020.03.12

二種類のコーギーを知ってる?ペンブロークとカーディガンの見分け方

コーギーには「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の2種類の犬種がいます。
ここではペンブロークとカーディガンの違いをシンプルにご紹介します。

#コーギー

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

ペンブロークとカーディガンの違いは?

ウェルシュ・コーギー・ベンブローグ

コーギーの種類を見分ける為には、二種類の違いを知ることが大事です。ここではペンブロークとカーディガンの違いについてお話します。

まず、体格の違いですが、ペンブロークよりカーディガンの方が体が大きめでがっしりとしています。さらに胴が少し長めで耳の付き位置が低めな子が多いです。一番の違いは尻尾があるかどうかと言われることが多いですが、ペンブロークでも断尾をしない犬が増えてきたため尻尾で判断はできなくなっています。平均体重はペンブロークが11~14kg、カーディガンが11~17kgですので、カーディガンの方が少し大きめというのが犬種を見極めるポイントの一つです。

犬種名の由来は?

ウェルシュ・コーギー・ベンブローグ

ペンブロークもカーディガンも原産国はイギリスです。二つの犬種の犬種名の由来には、何か違いがあるのでしょうか。ここではペンブロークとカーディガンの犬種名の由来についてご紹介します。

コーギー・ペンブローク

コーギー・ペンブロークの犬種名の由来は、ウェールズのペンブロークシャーにいたことから付けられています。ペンブロークは、この地で牧畜犬として活躍していました。賢く、飼い主や牛の動きを見て行動し、大きな声で吠え異常を知らせることもあったようです。

コーギー・カーディガン

コーギー・カーディガンの犬種名の由来は、ウェールズのカーディガンシャーにいたことから付けられています。昔はペンブロークと同じ品種だと認識され、交配されたこともあるようです。ペンブロークもカーディガンも、住んでいた土地の名前から犬種名が名付けられています。

コーギーの歴史は?

ウェルシュ・コーギー・ベンブローグ

コーギーがイギリスのウェールズで生まれたことがわかりましたが、この二つの犬種の祖先は同じなのでしょうか。ここではペンブロークとカーディガン、二つの犬種の歴史についてご紹介します。

コーギー・ペンブローク

ペンブロークの歴史は、1101年にチャネル諸島の職人が連れてきた犬だと言われています。祖先犬は、北欧のスウェーディッシュ・ヴァルファントという胴長短足の犬でバイキングが連れ、チャネル諸島にたびたび訪れていたようです。
スピッツなどの犬種と交配していましたが、ヘンリー2世のペットとなることでブリーダーにより改良・繁殖が行われました。ペンブロークの母国であるイギリスでは、動物愛護の概念から断尾することを好ましくないとされており、繁殖を辞めてしまうブリーダーも増えてきています。

コーギー・カーディガン

カーディガンの歴史は、紀元前1200年ごろで、中央アジアのケルト人がイギリスに渡ったときに、一緒に連れてきた犬だと言われています。祖先犬は、ダックスフンドと同じドイツやオーストラリアの山岳地帯にいた犬という説もあります。1933年にジョージ3世が飼育したことにより、カーディガンがたくさんの人に知られることになりました。1943年にイギリスのケネルクラブで「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」として犬種登録されるまでは、ペンブロークと同じ犬種だと考えられていました。体の大きさや毛色、尻尾がないことから、別の犬種として登録することとなりました。

2つの犬種はまったく別の犬!

ウェルシュ・コーギー・ベンブローグ

ここでは「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」の違いについてご紹介しました。ペンブロークはかなり人気の高い犬種で、飼育頭数もランキング10の中に入るほどです。カーディガンの認知度が低いため、ペンブロークとカーディガンが同じ犬種だと認識する人もいますが、二つの犬種は別の犬です。祖先犬もペンブロークは北欧のスウェーディッシュ・ヴァルファント、カーディガンはダックスフンドと同じ犬だと言われているため、別の犬だということがわかります。体の体形なども違うので、二つの犬種を見比べてみると楽しいかもしれませんね。

  • 公開日:

    2019.09.28

  • 更新日:

    2020.03.12

この記事をシェアする