magazine

健康管理 / 病気

2020.03.11

チワワの平均寿命は?かかりやすい病気と長生きの秘訣とは

チワワを家族に迎えようと考えている方は、大切な家族の一員とのお別れがいつか来ると分かっていても、少しでも長生きしてもらいたいものです。今回は、チワワの寿命やかかりやすい病気、長生きさせるための秘訣について解説していきます。

#Healthcare / #チワワ

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

チワワの平均寿命は?

チワワ 寿命

人間と比べて犬は短命で、人間の年齢に換算すると1年で人間の数年分の歳をとります。7歳になれば(人間でいう40歳半ば)中年期の始まりですし、11歳(人間でいう80歳)では本格的にシニア期です。もちろん、寿命には個体差がありますが、一般的にチワワはどれくらい生きることができるのでしょうか。

平均寿命

チワワの平均寿命は、10~16歳です。
中型犬は12歳前後・大型犬は9歳前後が平均寿命と言われており、小型犬になるほど比較的平均寿命が長い傾向にあります。

最高齢

日本国内で、正式に確認がとれる最高齢のチワワはいませんが、ブログなどで紹介されているチワワの中には20歳前後の子たちも多くいます。

寿命にも関係する、チワワがかかりやすい病気とは

チワワ 寿命

チワワには、犬種特有の病気や小型犬特有の病気などがあり、早期発見・早期治療が寿命に大きく関わっています。

水頭症

先天性が大半で、脳内の奇形によって起こる病気です。症状はさまざまで、行動異常・痙攣・斜視・不全麻痺などがあります。

気管虚脱

気管が押しつぶされて変形することで発症する病気です。呼吸困難・体温調整がうまくできなくなるといった症状が出ます。

僧帽弁閉鎖不全症

心臓内にある僧帽弁の変形により、血液が逆流してしまう病気です。初期では、大きな症状は見られませんが、症状が進行すると疲れやすい・寝る時間が増える・咳といった症状が出るようになります。
完治することは困難なので、症状を抑えながら病気とうまく付き合っていく必要がります。

慢性腎臓病

腎臓の機能が低下することによって起こる病気です。多飲多尿が代表的な症状ですが、この時点ではすでに病気は進行しているので、早期発見・早期治療がとても大切な病気です。
慢性腎臓病も完治困難なため、病気とうまく付き合っていく必要があります。

チワワの長生きの秘訣とは

チワワ 寿命

愛するチワワには長生きしてほしいところ。チワワの長生きの秘訣を解説していきます。

理想体型の維持

個体差もありますが、チワワの平均体重は1~3kgと言われています。もちろん、中には遺伝で生まれつき大きく3kgを超えてしまう子もいますので、平均体重を大きく気にする必要はありません。

チワワの理想体型は、身体を触り触ると骨を確認できるくらいが理想です。また、上から見た時にウエストがなだらかな曲線を描いていれば問題ありません。

それ以下であれば痩せ傾向、それ以上であれば肥満傾向になります。とくに、去勢・避妊済の犬の場合は太りやすいので注意が必要です。

定期的な健康診断

病気の発症リスクが低い傾向にある成犬期であったとしても、年に1~2回の健康診断は受けるようにしましょう。健康診断で血液検査をすることで、病気を早期に発見し治療することもできます。とくに、慢性腎臓病や心臓病などは、症状が出る頃には病気が進行していることが多いため、早期発見・早期治療が大切です。

ストレスを与えない

チワワはストレスに弱く寂しがり屋な性格をしています。そのためちょっとした環境の変化も敏感で、すぐにストレスを感じてしまいます。私たちもそうですが、ストレスは病気や寿命に繋がります。住環境を整え、ストレスのない生活を心掛けましょう。

デンタルケア

意外と知られていないのが、デンタルケアです。2歳以上になると、約8割が歯肉炎や歯周病になったりその予備軍であることを知っていましたか?こうしたトラブルを抱えてしまうと、食欲低下による体力低下だけででなく歯肉から細菌やウイルスが侵入し、感染症リスクが高まります。そのため、犬もデンタルケアが必要なのです。

愛チワワが長く健康に暮らすために

チワワ 寿命

チワワの平均寿命は、10~16歳と言われています。小型犬特有のかかりやすい病気や、日ごろの生活でのストレスをケアし、大切な家族チワワが健康に長生きするために、今からできることを始めてみませんか?愛犬との絆も深まり、より楽しくより密度の濃い時間を共に過ごすことができるでしょう。

  • 公開日:

    2019.09.08

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする