magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 習性を活かして活躍する犬にスポットライトを当ててみた!
犬の生態 / 気持ち

2019.08.02

犬たちの活躍が素晴らしい!

習性を活かして活躍する犬にスポットライトを当ててみた!

盲導犬や警察犬、麻薬探知犬など、特別に訓練され、働き、活躍する犬たちのことを『ワーキングドッグ』と呼びます。日本語では、職業犬、使役犬、作業犬などと呼ばれることもあり、古くから人間を助け、人間と共に暮らしてきた犬たちは、その身体能力の高さや賢さ、習性を活かして、幅広い分野で活躍してきました。
今回は、生まれ持った性質である『習性』を活かして活躍するする犬たちにスポットライトを当ててみました。

#Job / #Lifestyle

Author :docdog編集部

牧羊犬(羊の群れを守り、コントロールする犬)

日本ではあまり見かける機会がありませんが、よく知られているワーキングドッグのひとつに『牧羊犬』があげられます。

牧羊犬とは

広い放牧場で羊が散り散りにならないよう監視したり、羊の群れの動きをコントロールして放牧場と牧舎の間を移動させたりするのが牧羊犬の仕事となります。彼らに必要となる能力は、10種類以上の命令を瞬時に聞き分け実行する頭の良さと判断能力、広大な牧場を走り回る体力と運動能力、時には外敵から羊を守る勇敢さです。

犬は、人間を自分の群れの仲間だと認識し、自分より上位の者(ここでは羊飼い)に忠実に従う習性をもっています。また、逃げるものを追いかけたり、自分の群れや縄張りを守ったりするのも犬の習性です。牧羊犬は、それらの習性を利用して訓練・改良されてきました。

現在でも、ボーダー・コリーやシェットランド・シープドッグなど、いつくかの犬種が牧羊犬として活躍しています。

また、牛やヤギを追う犬を含めて『牧畜犬』と呼ばれることもあります。

猟犬(本能と身体能力で猟をサポートする犬)

猟犬は、読んで字のごとく、狩猟をサポートする犬たちのことです。

猟犬とは

猟犬として活躍していた犬種は非常に多く、狙う獲物によって猟犬の体のサイズも様々です。彼らは、犬が本来持っている狩猟本能と『物をくわえて持ってくる』本能を利用して訓練されます。小動物や鳥、キツネ、時にはオオカミなど、猟犬が狙う獲物も様々です。

スポーティング・ドッグ(ガン・ドッグ)

鳥猟の現場では、ポインターやセター系は『獲物の存在を教える』代表的な犬種です。加えて、主にレトリーバー系の犬種は『猟師が撃った獲物を回収する』役割で活躍してきました。これらを総称してスポーティング・ドッグ(英国ではガン・ドッグ)と呼びます。

ハウンド・ドッグ

対して、獣猟の現場ではハウンド・ドッグと呼ばれる犬種グループが使われてきました。彼らは、『嗅覚で獲物を追跡する』ビーグルなどの嗅覚ハウンド、『視覚とスピードで獲物を追い詰める』ポルゾイなどの視覚ハウンドに分けられます。

その他

そのほか、小型のテリア種も獣猟犬として利用されてきました。日本で人気の柴犬やプードルにも、猟犬として使われた歴史があります。また、ダックスフントは、アナグマの巣穴に潜って猟をすることが期待されており、穴を掘りやすいように、と胴長で短めの足をしています。

セラピードッグ(愛と忠誠心で人々を癒す犬)

セラピードッグは、心身に障がいをもつ人や高齢者、ケガや病気の治療の必要がある人、心に傷を負った人などに寄り添い、癒す『動物介在療法』に従事する犬たちです。人間に対して愛情をもち、深い忠誠心で付き従う犬の習性を利用した仕事といえるでしょう。

活動現場は、主に病院や高齢者施設、心身障がい者施設など。患者さんと触れ合ったり、交流したり、リハビリに寄り添ったりして、患者さんの心と体の回復をサポートするのがセラピードッグの仕事です。

捨て犬や体に障がいをもつ犬がセラピードッグとして活躍するケースもあり、犬種やサイズに決まりはありません。犬によって向き不向きがありますが、各育成団体で規定の教育カリキュラムを学び、マスターした犬がセラピードッグとしての活躍を期待されます。

日本での認知度はまだ低いのが現状ですが、災害被災地への訪問活動を行うなど、活躍の場が広がりつつあります。

多彩に活躍!習性を活かして働く犬たち

ここで紹介した『牧羊犬』『猟犬』『セラピードッグ』のほかにも、習性を活かして活躍しているワーキングドッグはたくさんいます。日本では、サルなどの野生動物を山へ追い返す『害獣駆除犬』が各地で活躍し、注目されています。

人間の良きパートナーとして暮らしてきた犬たちには、まだまだ無限の可能性があります。これからの未来にも、様々な種類のワーキングドッグが生まれていくかもしれませんね。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

知りたい情報を検索!