magazine

お出かけ / 遊び

2019.12.27

愛犬と旅行に行こう。気になる移動手段・愛犬のケアについて

最近では、観光地などでも犬同伴OKの施設が増えたことにより、愛犬と一緒に旅行に行くことも可能になってきました。 準備不足で愛犬との旅行が楽しめない!なんてことがないように事前に旅行計画をしっかり立てることが大切ですよね。 ここでは、愛犬と安全に旅行を楽しむための移動手段や愛犬のケアにまつわるワンポイントアドバイスを簡単にご紹介します!

#Activity

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

愛犬との旅行の移動手段

犬 旅行

愛犬と旅行に行く場合、車が一番メジャーな移動手段ですが、他にも電車や飛行機などがあります。それぞれ規定などが違いますので事前にチェックしておきましょう。

自動車

自家用車の場合は自由度が高い反面、車酔いや移動距離が長い場合の休憩などに注意が必要となります。短距離から車に慣れさせることも大切で、車の中に愛犬用の専用スペースを設けてあげるようにしてください。
高速を利用する場合はドッグランや散歩コースが設置されたサービスエリアやパーキングがありますので、ぜひ活用してみてください。

●はじめて愛犬と車でドライブするときにはこちらの記事もチェック!
愛犬とクルマでドライブ。もっと広がるお出かけの世界

電車

電車は運営会社により規定が異なりますが、犬は「手回り品」として持ち運び、乗車するようになります。キャリーに入れて手回り品切符を購入します。ただし、重量制限があるため大型犬などは乗車できないことが多いようです。

●はじめて愛犬と電車に乗るときはこちらの記事もチェック!
今さら聞けない!?愛犬と電車に乗るときのマナーや注意点を解説

飛行機

飛行機は大型犬も乗れますが、貨物扱いである場合が多く、クレートに入れて預ける必要があります。呼吸困難を引き起こしやすい短頭種の子は、預けられない場合がありますので確認しておく必要があります。

旅行前の準備と旅行中の愛犬のケア

犬 旅行

愛犬との旅行を楽しむためには事前の準備と当日のケアが大切です。

使い慣れたものを用意

旅行先でも食べなれたフードやお気に入りの寝床を用意しておくことで、お腹を壊したり寝付けなかったりすることを防ぐことができます。体調を崩してしまうと旅行を中止せざるを得ませんので、準備は万端にしておきましょう。

毎日のケア用品も忘れずに

旅行という非日常の時間にも、ブラッシングや歯磨きなど日常ケアを欠かさずに行うようにしてください。スリッカーやコーム、歯ブラシだけでなく夏場は虫よけなどもあると便利です。

チェックリストを作成しよう

忘れ物がないようにチェックリストを作成し、必ず持参できるように準備しておくことが大切です。ドッグランなどの施設ではワクチン証明書などの提示が必要な場合がありますので、準備しておくのがおすすめです。

犬同伴可の場所ばかりではないため、キャリーなども忘れずに準備しておきましょう。キャリーは愛犬の休憩所としても活用できますので日ごろから慣れておくと便利ですよ。

愛犬と旅行に行くなら。行く先を決めよう!

犬 旅行

旅行の行き先は様々ですが、観光施設や宿泊施設の情報は念入りに調べておきましょう。「ペット可」と書かれていてもケージに入れておく必要があったり、犬のサイズ制限や頭数制限があったり、最低限の社会化が必須要件であることもあります。

観光施設

観光施設のなかには愛犬と一緒に入れるカフェや施設などもあり、一緒に楽しむことができます。ドッグランなど他の犬と交流する場所ではワクチンの接種証明書の提示が求められる場合がありますので、事前に確認しておきましょう。
愛犬用の敷物を用意しておくと椅子の上に座っていいお店もありますので、持参しておくと便利ですよ。

宿泊施設

近年ではペットと一緒に泊まるホテルや旅館などがあります。貸し切りのコテージや温泉に一緒に入れる宿泊施設もあります。施設の具体的な情報をチェックしておきましょう。
食事は一緒にとれるのか、ペットシーツは用意されているのか、ドッグランや散歩コースがあるのか、貸出品には何があるのかなどは押さえておきましょう。

愛犬との旅行をもっと楽しむために

犬 旅行

愛犬と一緒に泊まれるホテルや一緒に遊べる観光施設など全国にはたくさんの旅行先があります。旅行をもっと楽しいものにするためにも、事前準備や下調べをしっかり行ってみてください。愛犬の体調にも配慮し旅行行程を組み立てることが大切です。

この記事もチェック!
  • 公開日:

    2019.08.21

  • 更新日:

    2019.12.27

この記事をシェアする