magazine

健康管理 / 病気

2019.08.21

【獣医師監修】犬の熱中症の初期症状と見分け方。予防法を知って備えよう!

人間のように汗をかいて体温調節することができない犬にとって、高温多湿になる夏(6~9月)は最も受難の季節です。この時期に、暑い時間帯のお散歩、閉め切った車内でのお留守番、エアコンを使用していない室内でのお留守番をさせることは、愛犬が熱中症になるリスクを高める危険な行為です。暑さに弱い犬は熱中症になりやすく、症状が出た時には手遅れという事態も多く報告されています。
ここでは、犬の熱中症の初期症状と見分け方、そして今日から取り入れられる予防法を紹介します。正しい知識と徹底した予防策を取り、愛犬を熱中症から守りましょう。

#犬の熱中症

Author :監修:安 亮磨/獣医師、動物予防医療普及協会 理事(写真:佐藤まい、文:docdog編集部)

この記事をシェアする

犬の熱中症とは?初期症状と見分け方

犬 熱中症

犬の熱中症とは、高熱が出て体温が下がらなくなりぐったりしてしまう状態のことです。体温が急に上がって下がらない状態が続き、対応が遅れると命に関わる事態になることもあります。
犬の熱中症は、飼い主が正しい知識を持って対策することで防げるので、まずは熱中症の初期症状と見分け方をしっかりと頭に入れておきましょう。

こんな症状が見られたら要注意!犬の熱中症の初期症状

身体の熱を外に放出できなくなると、以下のような症状を示すようになります。
大切なことは、健康な状態の愛犬の様子をよく知っておくことです。普段から愛犬とよく触れ合い、平常時の体温や口の中の様子を把握しておくようにしましょう。

  • 呼吸が荒く、激しくパンティング(口を開けてハッハッハッと浅い呼吸を繰り返すこと)をしている
  • 耳やお腹を触ったときに普段より熱い
  • 口の中が普段よりも赤い
  • いつもよりよだれが多く、ネバついている
  • 元気がない、ぐったりしている
  • 水を飲みに行かない、食べない

重篤化するとこんな様子に。一刻も早く病院へ

熱中症の症状が重篤化すると、以下のような様子がみられます。
この状況になると、一刻を争う状況である可能性があります。すぐに動物病院に連絡し、愛犬の安全を確保しながら動物病院へ向かってください。

  • 嘔吐、下痢
  • 吐血、血尿、血便
  • けいれん発作を起こす
  • 舌や口の粘膜が真っ赤、または紫色になる
  • 意識がなく、呼びかけに反応しない
このページもチェック!

【重要】愛犬の平熱を把握しておこう!

犬の平熱はおよそ38~39度の間ですが、熱中症になると体温は40度近くになり、そこから更に上昇していきます。
普段、愛犬が落ち着いている状態で耳やお腹を触って、愛犬の平熱を感覚的に覚えておきましょう。耳を触ったときに普段よりも熱い場合は、体温が39.5度以上になり熱中症の初期症状が出ている可能性があります。

犬 熱中症

犬の体温調節の仕組みとは?

犬 熱中症

よく「犬は汗をかかない」と言いますが、一体どのようにして体内の熱を発散しているのでしょうか。
犬の体温調節の仕組みを知っておきましょう。

犬は汗をかかない?!どうやって体温調節している?

犬も人と同様に汗をかきますが、犬には体温を調節するための「エクリン腺」と呼ばれる汗腺が、肉球や鼻先などの限られた場所にしかありません。
そのため、犬は以下の方法で体温を調節しています。

  • パンティング(口を開けて激しく呼吸を繰り返すこと)で、気化熱を使って体温を下げる
  • 冷たい地面や床材などに体を触れさせることで、熱伝導を利用して体温を下げる
  • 涼しい風や冷たい水に当たることで、空気や水の対流を利用して体温を下げる
  • 身体を伸ばして寝そべるなどし、放射熱の量を増やして体温を下げる

犬が熱中症になりやすい状況とは?今日からできる予防法

犬 熱中症

昨今では、気温や湿度が高い日には「熱中症注意情報」が出るようになったので、愛犬との散歩や外出の時間帯に気をつかっているという方も多いでしょう。
犬の熱中症はあっという間に重症化してしまいますが、飼い主がよく注意しておけば防げるものです。本格的に暑くなる前から、犬が熱中症になりやすい状況と予防法について、いま一度しっかり頭に入れておきましょう。

1.外出時は、気温・湿度・地面の温度に注意!

すでに広く認識されている通り、暑い日の外出は熱中症のリスクを高める危険な行為です。
多くの方が気温には注意されていますが、忘れてはいけないのが”湿度”です。同じ気温でも、湿度が高いと犬は体温を下げられなくなってしまいます。特に、曇りの日や初夏には油断しがちなので注意が必要です。

散歩ではココに気を付けて

散歩は気温が上がる前の早朝か、下がりきった夜に行いましょう。
また、必ず手の甲で地面の温度を確認する#わんタッチをして、地面が熱くないかを確認することも忘れずに。陽が落ちてもアスファルトの表面温度は下がりきっていないことも多く、裸足で歩く犬にとっては肉球を火傷する原因になりかねません。

わんタッチ
このページもチェック!

2.家でのお留守番でも気を抜かない!

特に注意が必要なのは、夏のお留守番です。犬の熱中症のうち、7割は室内で発症しているという報告があります。

空調を積極的に活用しよう

犬にとって快適な気温は25度以下とされているので、室内では積極的に空調を活用しましょう。

また、直射日光があたる場所や風通しがよくない場所は部分的に室温が高くなっている可能性があるため、愛犬が生活するスペースが愛犬の目線の高さできちんと涼しくなっているかをチェックしてください。

万が一の停電などによって空調が使えなくなる事態に備え、日中はカーテンを閉め、愛犬が自由に部屋を移動できるようにドアは開けておきます。

3.車内でのお留守番はダメ絶対!

車で出かける場合、車内は密閉空間になるので注意が必要です。愛犬がいる場所が涼しくなっているかを必ず確認しましょう。

そして、愛犬を車内に残して車を離れることは厳禁です。
窓を開けていたとしても、エアコンをつけていない車内はたった10分で40度を越えてしまいます。エアコンをつけていたとしても、直射日光があたるダッシュボード部分の温度は70度を越えると言われています。

熱中症を発症しやすい犬種はある?

犬 熱中症

どんな犬種でも熱中症になるリスクはありますが、特に発症しやすい犬種が存在することをご存知でしょうか。
併せて、発症しやすい体調や健康状態についても知っておきましょう。

短頭種

パグ、ペキニーズ、ボストンテリア、シーズー、フレンチブルドッグといった、マズルの短い犬種を「短頭種」と呼びます。
短頭種は、鼻孔が小さい、軟口蓋がたるんで気道を塞ぎがち、気管が細いなどといった個性を持っており、鼻呼吸がしづらくパンティングによる体温調節が難しいため、熱中症のリスクが高い犬種とされています。

寒冷地が原産国の犬種

シベリアンハスキー、アラスカンマラミュート、サモエド、グレートピレニーズ、バーニーズマウンテンドッグ、セントバーナード、ゴールデンレトリバー、秋田犬、ジャーマンシェパードなどの寒冷地を原産とするダブルコートの大型犬種は、暑さが苦手なうえ身体に熱がこもりやすいので注意が必要です。

ストレスや疲れがたまっている状態

熱中症の発症リスクは、体調によっても大きく左右されます。疲れやストレスは目に見えにくいものですが、いつもに比べて元気がない、食欲がない様子が見受けられたら、些細なこと思わずに無理をさせないように気を配りましょう。

持病のある犬、子犬、シニア犬

心臓疾患、呼吸器疾患、腎臓病などの持病がある子、また免疫や体力が落ちたシニア犬や子犬も熱中症のリスクが高いため注意が必要です。

サマーカットをしている犬

犬の被毛は、紫外線から身体を守り体温上昇を防ぐなどの役割があります。「暑そうに見える」からとサマーカットをした場合、熱中症のリスクが高まるので特に熱中症に気をつける必要があります。

犬の熱中症を知って愛犬を守ろう

犬 熱中症

飼い主の知識が不足していると、処置が間に合わず愛犬の命を奪ってしまいかねない熱中症。犬には季節に応じた換毛期がありますが、室内生活が長くなることでタイムリーに換毛が起こらないケースも出てきています。
ハッハッと激しいパンティングが止まらない、体温が急に上がった、舌が真っ赤や赤紫色になっているなどの症状が出たら、迷わず熱中症を疑いましょう。

動画で学ぶ!愛犬のための熱中症対策

ボステリ「ゼロ」ちゃん・フレブル「レイ」ちゃんのYouTube「ゼロレイチャンネル」内の動画で、今回記事の監修をおこなった獣医師/動物予防医療普及協会理事の安氏による、更に詳しい解説を聞くことができます。
犬の体温調節の仕組みから熱中症の見分け方、そして正しい対策方法までスッキリと動画にまとめられているので、是非ともチェックしてみましょう!

気を付けていても・・、愛犬が熱中症になったらどうする?

どれだけ気を付けていても「愛犬のもしも」が防ぎきれるとは限りません。万が一、愛犬が熱中症のような症状を見せたとき、動物病院で診察を受けるまでに飼い主にできることはあるのでしょうか?
そんな「もしも」に備えて、愛犬が熱中症になった場合の応急処置の方法を以下のページでご紹介しています。併せてチェックしてみてくださいね。

このページもチェック!
◎監修者プロフィール
安 亮磨

安 亮磨/獣医師、動物予防医療普及協会 理事

神奈川県の動物病院勤務(総合診療科・歯科担当)。多くの救急症例と対峙する診療経験を経て、予防医療・予防ケアを普及させるため『飼い主さまが知ることで、行動することで防ぐことができるペットの病気や怪我があります』というメッセージとともに情報発信を開始。2018年に一般社団法人 動物予防医療普及協会を設立し、現在は全国各地で予防医療の啓発活動を行う。

この記事をシェアする