magazine

お手入れ

2019.10.18

犬の肉球が冷たいのは冷え性のサイン?冷え予防の対策を知っておこう

愛犬の肉球を触ったとき、「いつもこんなに冷たかったかな?」と、ふと疑問に思ったことはありませんか?肉球は外部の刺激を受けやすいパーツなため、いつも一定の温度であることはないにしろ、ずっと冷たいようであれば対策が必要です。
そこで今回は、肉球が冷たくなる原因や冷え予防の対策をご紹介します。

#Healthcare

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

肉球が冷たくなる原因は冷え性かも?

犬 肉球 冷たい

人間と同様、犬も長時間冷たい地面の上を歩いたり、寒い場所に居たりすると体が冷えてしまいます。体の冷えに伴い、肉球も冷たくなります。気温や冷房の影響により一時的に冷えた場合は、体が温まれば肉球の冷えも収まるので、心配する必要はありません。

しかし、いつも肉球が冷たい場合は、冷え性であることが考えられます。犬といえば雪の中でも元気に駆け回る、寒さに強いイメージがあるかもしれませんが、四肢末端に血流量が不足すると、人間と同じように慢性的な冷え性になることがあります。

特に老犬の場合は注意が必要です。老犬になると運動量が減り筋力も徐々に低下していくため、血液の循環が悪くなります。そのせいで四肢末端が冷えやすくなり、肉球が冷たくなっていることがあります。

肉球が冷たいときに要注意の症状

犬 肉球 冷たい

肉球が冷たくなっていたら、体がぶるぶると震えていないか、歯茎が白っぽくなっていないかなども確認しましょう。これらは冷え性のサインです。

このような症状が見られ血行不良になっているときは、胃腸の働きが悪くなることから、下痢を起こすこともあります。

また、冷えにより肉球にしもやけができることも少なくありません。特に雪道を散歩することの多い犬の場合は、肉球が冷えてしもやけができやすい傾向にあります。雪で濡れた足をそのままにしていると、さらに足を冷やすことになってしまうため、散歩から帰ったら必ず乾かすようにしましょう。また、雪道用の犬靴を履かせることも、有効な対策と言えます。

肉球の冷え対策

犬 肉球 冷たい

肉球が冷たくなるのを防ぐには、以下のような対策が有効です。

暖房器具で暖かくする

基本的なことですが、冬場は愛犬の体が冷えないよう部屋を暖かく保ちましょう。個体差もありますが、冬場における室温は20度前後が犬にとって適しているとされています。また、ペット用のホットカーペットやこたつなどを併用すると、より足元が温まります。

適度に運動をさせる

筋肉量が減ると代謝が低下し体が冷えやすくなるため、適度に運動をして一定の筋肉量を保つようにしましょう。老犬になると寝て過ごす時間が増えますが、無理のない範囲で散歩に連れ出し体を動かすことが肝心です。

足先をマッサージをする

愛犬の足先をマッサージするのも、血流の滞りを防ぐのに役立ちます。
マッサージをする時は、まず足の甲の指と指の間をつま先に向かってさすります。指の間には内臓に関係するツボが多く集まっているため、マッサージをすることで血行促進に繋がります。その後、肉球を指でぷにぷにと軽く揉みましょう。
これらのマッサージを、前足と後ろ足の両方に行ってあげてください。

靴下や靴を履かせる

犬が嫌がらないようであれば室内では靴下を、散歩時は靴を履かせれば足元を冷えから守れます。インナーが起毛素材になっているブーツや、保温力の高い素材で作られた靴下など、冷え対策のアイテムが数多く展開されています。
なお、靴下も靴も滑り止めが施されているため、歩行に支障をきたすことはありません。

靴下の選び方について、愛犬に靴下を履かせたい人の疑問を解消!ポイントとおすすめ商品をご紹介で、また靴の選び方については、犬の靴を選ぶときのポイントは?用途別におすすめを紹介で詳しく解説していますので、併せてチェックしてみてください。

犬の肉球が冷たいときは冷え対策が有効!

犬 肉球 冷たい

犬も人間と同様、血流の循環が滞ると冷え性になります。肉球がいつ触っても冷たいようであれば、部屋を暖めたりマッサージを行ったりして血行を促してあげてください。
また、代謝が低下して体が冷えやすい老犬や、雪道を散歩することが多い犬などには、犬用の靴下や靴を活用するのもよいでしょう。大切な肉球を冷えから守ってあげましょう。

  • 公開日:

    2019.08.18

  • 更新日:

    2019.10.18

この記事をシェアする