magazine

住まい / 生活

2019.12.27

エアコンなしでも過ごせる?暑い夏に愛犬と快適に暮らすためのコツ

日本の夏は高温多湿で、犬にとって生活しづらい季節となります。そのためエアコンを利用し快適な環境を提供している方も多いでしょう。しかし、近年ではエアコン以外にも涼しく暮らせる便利グッズがたくさん販売されているんです!今回はエアコンがなくても快適に暮らすためのコツをご紹介します。

Author :docdog編集部(監修:みなみ愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師)

この記事をシェアする

犬にとって快適な夏の温度とは

犬 夏 エアコンなし

犬が快適に生活できる温度は、被毛の種類や長さにより多少異なりますが、一般的には20度前後と言われています。 しかしマズル、フレンチブルドックやパグなどの鼻の長さが短い犬種は、熱を発散することが難しいため、他の犬種に比べると熱中症にかかるリスクが高くなります。 逆に心臓の弱い子や老犬などは、室温が低すぎると、身体が冷えてしまい、血行不良になってしまうため、24度前後が適温とされています。

実はこのように犬の適温は、犬種や被毛・健康状態によって一概ではありません。それでは、それぞれの特徴毎の快適な室温とは、何度なのでしょうか?

ダブルコートの長毛種に快適な温度

ダブルコートの長毛種が快適に生活できる温度はだいたい15~20度です。

ダブルコートとは、被毛が上毛、下毛という二重構造になっていることをいいます。 このダブルコートで長毛の犬種は、基本的に寒い国が原産国の犬です。そのため寒さに強い一方で暑さには大変弱いという性質があります。夏は、エアコンの効いた涼しい部屋で育ててあげることが大切です。

シングルコートの短毛種に快適な温度

シングルコートのコの快適な温度はだいたい20度~25度です。
シングルコートで短毛種の犬は、比較的暑さに強い性質があります。しかし、被毛で体温を保つことができないため、寒さには弱いでしょう。

エアコンのない部屋に最新アイテム

犬 夏 エアコンなし

エアコンは、部屋の温度を一定に保ち、快適にするにはなくてならないものです。サーキュレーターなど併用すると、部屋全体の空気を循環することができます。その結果、電気代の節約にもなります。

しかし、エアコンやサーキュレーターを動かすには電力が必要となります。 万が一、停電してしまうと使用することができなくなってしまいますし、とても困ってしまいますよね。

では、エアコンを使用せずに、愛犬が快適に過ごすために、どのようなことができるのでしょうか? ここからは、夏を涼しく過ごすための最新アイテムをご紹介します。

大理石マット

大理石マットは、どこでも使用できるのが特徴です。中に保冷剤としてフリーザーアイスハードが入っているため大理石のひんやり感が長時間持続します。簡単に取り外しができ、大理石をお手入れも簡単です。

Amazon商品ページはこちら

ひんやりシート

ひんやりシートは、体の大きな子でも使用できる冷感グッズです。 防水機能があり、汚れてもさっとお手入れすることができます。 中に入っているジェルは、高分子吸水性ポリマーでできているため、冷蔵庫で冷やさなくても5~7時間はひんやりします。より冷たくしたいときは、冷蔵庫に入れるとよいでしょう。

シートには強度があり、噛み癖のあるコでも安心して使用することができます。 これなら留守番の時でも使用できそうですね。

Amazon商品ページはこちら

ドッグプール

水遊びが好きな子なら、暑くなった身体を冷やすには、プールが一番でしょう。 ドッグプールは、シャンプーをするときの浴槽としても利用することができます。普段の置き場所がない方は、コンパクトに収納できるタイプのものを選ぶとよいでしょう。

Amazon商品ページはこちら

夏場に犬をお留守番させるときは注意が必要

犬 夏 エアコンなし

飼い主が留守にしている時にも、室温を保つためエアコンをつけっぱなしにしておきましょう。その際、エアコンからの冷たい空気は、下にたまるため、体高の低い犬は、人よりも涼しい空間にいることを忘れてはなりません。室温の設定は、愛犬の様子をみながら行いましょう。

エアコンをうまく活用するために、扇風機やサーキュレーターを利用するというのも賢い方法です。 この他にも犬が自分で移動できる場所に冷感マットなどを置いておき、愛犬が快適な場所に自由に移動できるようにしておくというのもおすすめです。

愛犬にあった最適な環境を!

犬 夏 エアコンなし

快適に過ごせる気温は、犬種や犬の年齢によっても異なるため、様子をみながら設定することが大切です。また冷感マットなどを利用することで犬にとってより快適な環境をつくることができます。愛犬の状態をよく見ながら、涼しい空間を作りましょう。

◎監修者プロフィール
みなみ 愼子

みなみ 愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師 動物福祉・倫理学、ホリスティックケア・インストラクター

非常勤講師のほか、ペットマッサージやアロマテラピーの教室を開講しており、犬の保護施設でもペットマッサージのボランティア活動を実施中。一緒に暮らしている犬はロットワイラー、フレンチブルドッグ、MIX犬の3頭で、犬との伸びやかな暮らしを楽しみたいと思っています。

  • 公開日:

    2019.08.28

  • 更新日:

    2019.12.27

この記事をシェアする