magazine

グッズ

2019.12.27

犬の夏用ベッドを選ぶ基準とは?愛犬にぴったりのベッドを選ぼう

まだまだ続く暑い夏、いかがお過ごしでしょうか?暑い季節は、冷房の効いた涼しい部屋で愛犬とまったり過ごすのは贅沢な時間ですが、室内で過ごすとき、ベッドは愛犬がくつろぐ大切な場所となります。犬にとって快適なベッドとは、夏は涼しく、冬は暖かく、そして体にフィットすること。今回は、たくさんある犬用ベッドの中から愛犬に合うベッドを探すためのポイントをご紹介します。

Author :docdog編集部(監修:みなみ愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師)

この記事をシェアする

愛犬の夏バテ予防のために、快適な夏用ベッドを選ぼう!

犬 夏用ベッド

犬の汗腺は、足の裏の肉球部分と鼻先にしかありません。そのため、体温調整は、唾液を蒸発させる呼吸(パンティング)で行います。多くの犬は、気温や湿度が高い気候が苦手なので、熱をうまく発散することができなければ熱中症にかかってしまいます。

室内では、エアコンなどで温度と湿度を調整した環境を用意すると共に、愛犬が1日の中でも多くの時間を過ごすベッドについても、夏用のものを用意することで、寝ている間にこもる熱を発散させ、夏バテ・暑さ対策をしていきましょう。

そもそも犬の夏バテって?

犬も夏バテをすることがあります。夏バテとは、食欲不振や元気喪失、脱水などの症状がでます。
夏バテを放っておくと、ほかの病気を引き起こしてしまうことがあるため、早めの対処を行う必要があります。予防としては、暑さ対策を行い、水分をしっかり摂取することが大切です。

夏バテすると起こる症状~食欲不振~

犬の食欲不振は、食べる量が減るだけでなく、まったく食べなくなってしまうことです。
夏バテが原因の食欲不振であれば、ウェットタイプのフードをトッピングやぬるま湯でふやかしてみるとよいでしょう。涼しい時間にご飯を与えるというのも効果があります。

食欲不振は、夏バテの他にも病気のサインかもしれません。気になる時は、受診しましょう。

夏バテすると起こる症状~元気喪失~

元気がない、疲れているなどは夏バテの症状のひとつです。
しかしこれらの症状は、病気のサインかもしれません。もし普段と違う状態なら、早めに獣医師に相談しましょう。

夏バテすると起こる症状~脱水~

犬の水分摂取量は1日に必要なエネルギー量とほぼ同じと言われています。
たとえば、1日に400kcal与えているなら、水も400ml必要です。特に夏場は体温調節を行うパンティングをするため水分が消費されます。

水分摂取はとても重要です。
新鮮な水をいつでも飲めるようにしておくことが大切です。

犬の夏用ベッドの選び方のポイント

夏用のベッドには、寝ている間にこもる熱を発散する素材でできているものもあります。快適な夏を送るための、愛犬のための夏用ベッドの選び方のポイントをご紹介します。

通気性のいい素材であること

通気性が高い素材としてメッシュ素材があります。
メッシュ素材は、糸と糸の間隔が空いていて通気性がよく、隙間から熱気を逃す特徴があります。<メッシュの他にパイルや綿、麻なども通気性が高くおすすめの素材です。

洗える素材であること

愛犬が毎日使用するベッドは、清潔であることも大切です。
簡単に汚れを拭き取ることができたり、洗濯できるベッドは、清潔に保ちやすくておすすめです。

体にあったサイズであること

ベッドは、サイズ選びも重要です。
目安の大きさは、犬が寝ても手足や頭がはみ出ないことです。

体よりも小さいベッドは窮屈で寝づらく、大きすぎるベッドは安心感が得づらいでしょう。ベッドを選ぶ時は、適切なサイズを選びましょう。

夏用ベッドのおすすめアイテム

犬 夏用ベッド

おすすめの夏用ベッドは、「スクエア型洗える冷感ベッド」と「ペットひんやりクールマット」です。

スクエア型洗える冷感ベッド

スクエア型洗える冷感ベッドは、通気性のいいメッシュ素材かつ接触冷感生地を使用しています。
接触冷感生地を使用しているため、触れている部分がひんやり中にはクッション性のある綿がたっぷりつまっており、愛犬の体に心地よくフィットします。

このベッドがあれば、たとえ蒸し暑い夏でも快適に過ごすことができるでしょう。
ブルーのカラーに可愛いドット柄もさわやかな夏の雰囲気を生み出してくれます。

Amazon商品ページはこちら

ペットひんやりクールシート

このベッドは、リキットジェルを使用し、水不要・冷蔵不要で、触るとひんやりと感じます。
このベッドの特徴は、噛んでも壊れないPVC複合布を使用し、耐久性にも優れていることです。丸洗いできますので、お手入れ簡単で常に清潔です。

さらには、矩形分断のデザインに熱圧成型技術を使用しているので、リキットジェルの位置が固定されていて、吸熱がより均衡になる優れものです。

Amazon商品ページはこちら

快適な夏を過ごすために

犬 夏用ベッド

ペット用のベッドにはさまざまな種類があります。
夏にあった素材のベッドを選び快適な睡眠ができるように工夫しましょう。
また暑い夏を乗り切るためには、室温の管理や十分な水分補給も大切です。残りの夏を十分な睡眠と快適な環境で乗り切りましょう。

◎監修者プロフィール
みなみ 愼子

みなみ 愼子/名古屋ECO動物海洋専門学校非常勤講師 動物福祉・倫理学、ホリスティックケア・インストラクター

非常勤講師のほか、ペットマッサージやアロマテラピーの教室を開講しており、犬の保護施設でもペットマッサージのボランティア活動を実施中。一緒に暮らしている犬はロットワイラー、フレンチブルドッグ、MIX犬の3頭で、犬との伸びやかな暮らしを楽しみたいと思っています。

  • 公開日:

    2019.08.27

  • 更新日:

    2019.12.27

この記事をシェアする