magazine

犬に食べさせるためのピーマンやパプリカ
食べもの
鉛筆アイコン

2021.10.22

犬×食べ物を知る!

犬はピーマンを食べられる?適量や与える際の注意点を解説

飼い主がキッチンでピーマンを切っていると、犬が興味津々に近づいてきた!という経験はありませんか?ピーマンは匂いがとても強いので、興味をもつ犬が多いようです。しかし、ピーマンは犬に食べさせてもいいのでしょうか?
ここでは、ピーマンに含まれている栄養素を紹介しながら、犬にピーマンを食べさせる際の注意点を解説していきます。

#Foods

ルエス 杏鈴/犬訓練士、ドッグライター、ドッグフォトグラファー

犬はピーマンを食べても大丈夫?

茶色の毛の犬がピーマンを咥えている

犬はピーマンを食べても大丈夫です。ピーマンは生のままでも安心して犬に食べさせることができるので、とても手軽ですよ。もちろん、加熱して食べさせるのもOKなので、加熱して甘味が増したピーマンを犬に食べさせるのもおすすめです。

ピーマンは独特な苦い香りが特徴で、香りに興味を引かれてピーマンを食べたがる犬と、逆にまったく食べたがらない犬の両方がいます。

犬にピーマンを食べさせることに問題はありませんが、絶対に必要な食材ではないので、無理に与える必要はありません。

犬に与えるピーマンの適量

犬はピーマンのみで必要な栄養素をすべて摂取することはできません。そのため、ピーマンはおやつやトッピングとして少量だけ食べさせるようにしましょう。

おやつの量の原則は、犬が1日に必要とするカロリーの10%以内の量にしておくということです。ピーマンは100gあたり22kcalと低カロリーなので、いつものごはんの10%程度の重さを超えなければ、カロリーを過剰に心配する必要はないでしょう。

ピーマンに含まれている栄養素は?

犬に食べさせるために細かく刻んだピーマン

ピーマンは栄養がたっぷりと含まれているので、犬の栄養補給にもなる食材です。ここでは、ピーマンに含まれている食材とそれぞれの効果について詳しく解説していきます。(※1)

クロロフォル

クロロフィルは野菜や葉っぱなどに多く含まれている緑色の色素です。クロロフィルは体内のコレステロールやダイオキシンを排出するのに役に立ち、体にとても有益な成分です。

βカロテン

βカロテンとは、体内でビタミンAに変換される成分の一つです。ビタミンAは目にいい栄養素として知られており、積極的に摂取するようにと言われています。また、免疫を維持向上するのにも役に立ちますよ。

ビタミンC

ピーマンにはビタミンCが多く含まれています。犬は体内でビタミンCを生成することができるため、人間のように積極的に摂取する必要はありません。

しかし、高齢犬や病気の犬は上手にビタミンCを生成できない場合があるので、しっかりと摂取しておいて損はありません。

犬にピーマンを食べさせる際の注意点は?

クリーム色と黒の毛の犬がピーマンを食べたそうに舌をちょろっと出して見つめている

さらに安心して犬にピーマンを食べさせるにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、犬にピーマンを食べさせる際の3つの注意点について詳しく解説していきます。

【1】種とヘタは事前に取り除いておく

ピーマンの種とヘタは硬く、犬にとって食べにくい傾向があるので、事前に種とヘタを取り除いておくようにしましょう。また、事前に硬い部分を取り除いておくことで、消化しやすくしてあげられます。

【2】食べ過ぎが消化不良の原因になることも

ピーマンの食べ過ぎは消化不良の原因になり、下痢や嘔吐を引き起こしてしまう場合があります。そのため、犬にピーマンを食べさせる場合は少量だけにしておき、食べすぎないように注意するようにしましょう。

【3】食物アレルギーの症状に注意しよう

ピーマンは他の食材と比較するとアレルギーを発症しにくい食材で、今のところ、犬のピーマンアレルギーは報告されていません。

しかし、犬がピーマンアレルギーを発症する可能性はゼロではないので、はじめて犬にピーマンを食べさせる際は食物アレルギーの症状がないかをよく確認しておくようにしましょう。

下痢、嘔吐、湿疹など、食物アレルギーの症状を発見した場合は獣医に相談するようにしてくださいね。

少量であれば犬はピーマンを食べて大丈夫!

茶色と白の毛の犬がピーマンなどの野菜が入った袋の隣でお座りをしてあくびをしている

少量であれば犬もピーマンを食べることができます。ピーマンは匂いが強いので、興味津々で食べたがる犬とまったく食べたがらない犬がいます。犬がどんどんとピーマンを食べたがるのであれば、食べ過ぎに注意し、犬の健康を守ってあげてくださいね。

また、逆に犬がピーマンを食べたがらないのであれば、加熱して甘味が増したピーマンを食べさせてみましょう。しかし、それでも食べないのであれば、無理をせず、犬が好きな食材を探してみてくださいね。

参考文献
  • 公開日:

    2019.08.07

  • 更新日:

    2021.10.22

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • ルエス 杏鈴
  • 犬訓練士
  • 大好きなジャーマンシェパードとドタバタな日々。いろいろなことに愛犬と挑戦するのが大好きで、ディスクドッグ、アジリティ、警察犬の訓練など様々なトレーニングに携わった経験がある。 愛犬を迎えたことを機に犬の美しさや犬との生活の魅力を伝えるべく、ドッグフォトグラファーとしての活動開始。また、ドッグトレーニングや犬との生活を活かし、2019年4月頃より愛犬家のために記事の執筆を開始。 写真や記事の執筆を通して犬が犬として幸せに過ごせる世界づくりに携わるのが目標。

「犬と食べもの」記事一覧

もっと見る
閉じる