magazine

食べもの

2019.10.04

犬×食べ物を知る!

犬はさつまいもを食べられる?調理法や栄養素を解説

ホクホク甘いさつまいもが大好きな方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。そんな美味しいさつまいもを、犬にも食べさせてあげたいと思いますよね。ここでは、犬がさつまいもを食べられるのかどうかの疑問にお答えしていきたいと思います!さつまいもに含まれる栄養素も解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

#Foods

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬はさつまいもを食べても大丈夫!

犬 さつまいも

さつまいもは犬にとって毒となる成分を含んでいないため、安心して食べさせることが出来ます。
犬の舌には甘味を感じるセンサーが最も多く存在するため、犬は甘いものを好む傾向があります。加熱して甘味が増したさつまいもは、犬の大好きな食べ物の一つと言えます。食べさせる際には、加熱した上でドッグフードのトッピングにしたりクッキーなどのおやつに混ぜてあげると喜ぶでしょう。
もちろん生のままでも食べられるさつまいもですが、加熱することでより甘みを感じることができ、また小型犬の場合は喉に詰まってしまう危険性もあります。
犬にとって食べやすく、より美味しいと感じられるよう、さつまいもを与えるときは加熱するようにしましょう。

1日に食べても大丈夫な量

さつまいもは糖分が多いものの、血糖値をゆっくりと上昇させる「低GI食品」で太りにくいという特徴があります。太りにくいとはいえカロリーは高く、犬には消化しづらい食物繊維がたっぷり含まれているので、食べさせすぎには注意が必要です。 犬が食べても良いさつまいもの量は1日の総カロリーの10%程度までとされています。さつまいものカロリーは10gあたり14kcalなので、チワワなどの小型犬で20gまで、ゴールデンレトリバーなどの大型犬で100gまでが目安となります。

さつまいもに含まれる主な栄養素

犬 さつまいも

さつまいもは皮の部分にも栄養素が含まれているため、皮を剥かずに与えても問題ありません。
さつまいもに含まれる代表的な3つの栄養素をご紹介します。犬の普段の食事に、上手に取り入れていきましょう。

ヤラピン

さつまいもを切った時ににじみ出てくる白いペタペタした液体がヤラピンです。
ヤラピンは体内で消化されにくいので、便として排出されるまでに腸を刺激して便通を良くしてくれる働きを持ちます。皮のすぐ近くに多く含まれる栄養素なので、犬が便秘気味の時は皮ごと食べさせるのがいいかもしれません。

食物繊維

さつまいもには食物繊維が多く含まれています。食物繊維は便の排出を良くしてくれたり、体の中の老廃物をデトックスしてくれる効果があります。
しかし、食べ過ぎると下痢や体調不良の原因ともなるので、適量を上手に取り入れるようにしましょう。

クロロゲン酸

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、活性酸素の発生やその働きを抑制する抗酸化力を持っています。
体内の活性酸素が増えると細胞が酸化し老化が進みやすくなると言われていますが、抗酸化作用のあるクロロゲン酸を食べ物からうまく摂取することで細胞の酸化を防ぐことができます。

さつまいもを上手に食べさせる方法とは?

犬 さつまいも

さつまいもを割ったときに細いすじとして見えているのが食物繊維です。食物繊維は、ふかし芋よりも焼き芋のほうが1.5倍も多くなります。
犬の体は食物繊維を消化しにくいため、なるべく茹でたり蒸したりして与えるのが良いでしょう。焼き芋しかない場合は、食物繊維の多い端っこではなく柔らかい真ん中あたりを与えるようにしましょう。

蒸したさつまいもをフードのトッピングに

一度に多くの量を与えないほうが良いため、単体ではなく蒸したさつまいもを普段食べているフードの上にトッピングしてあげることで、いつもと違う香りや食感をプラスでき満腹感もUPすることでしょう。
蒸し器で蒸しても良いですし、時間がない時は水にさらした後に電子レンジで加熱するだけでも大丈夫です。

さつまいもジャーキーをおやつに

みんなが大好きなおやつのジャーキー、さつまいもで作れることをご存知でしょうか?蒸したさつまいもに少量の片栗粉と水を加えて耳たぶほどの硬さにし、平たい棒状にして160度のオーブンで15分?20分焼くだけで完成です。
形成した後に薄く切ったささみを巻くだけのアレンジで、ささみ巻きジャーキーにも。

さつまいもを上手に取り入れよう

犬 さつまいも

さつまいもには、愛犬の健康や元気をサポートする栄養素が多く含まれています。食べ過ぎるとお腹を壊してしまう可能性があるので、与える量に気を付けて、食べやすい大きさの過熱したさつまいもを食べさせるようにしましょう。ダイス状に切ったさつまいもを普段のフードにトッピングしたり、手作りおやつにして食べさせるのがおすすめです。調理方法がお手軽なレシピが多いさつまいもを使って、愛犬といっしょに手作りおやつ生活を始めてみるのはいかがでしょうか。

  • 公開日:

    2019.08.15

  • 更新日:

    2019.10.04

この記事をシェアする