magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 犬はごぼうを食べてもいい?正しい食べさせ方や注意点を簡単解説!

2019.08.01

読みもの        

犬×食べ物を知る!

犬はごぼうを食べてもいい?正しい食べさせ方や注意点を簡単解説!

ごぼうと聞くとどんなことを思われますか?食物繊維が多く、栄養素も多く含まれているので、人の身体には良い野菜という印象をお持ちの方が多いと思います。それでは、愛犬には食べさせても大丈夫なのでしょうか?ここでは、ごぼうにどのような栄養素が含まれているのか、また犬への正しい食べさせ方や与える際の注意点などを説明していきます。

#Foods

Author :docdog編集部

愛犬に与える前に。ごぼうってどんな野菜?

ごぼうはキク科の野菜で、80%の水分、2種類の食物繊維(不溶性食物繊維、水溶性食物繊維)、炭水化物、ミネラル、ビタミン、葉酸、ポリフェノールなどの栄養素が含まれています。それぞれの栄養素には、利尿作用、消炎作用、抗皮膚真菌作用、整腸作用などが知られています。また、ごぼうは薬草として中国から日本に持ち込まれ、昔から漢方などでもよく使われています。

ごぼうは愛犬に与えても大丈夫?

結論から言うと、ごぼうは犬に与えても大丈夫です。しかし、消化機能が人間とは少し違う犬に対して、人間と同じようにごぼうを食べさせることはできません。雑食である人間はごぼうに多く含まれている食物繊維を消化する能力がありますが、本来肉食に近い犬は食物繊維を消化する能力が低いのです。ごぼうを犬に与えるときはにこのような消化の違いがあることを念頭に置きながら与える必要があります。

犬にごぼうを与える際の注意点

ごぼうには魅力的な栄養素が多く含まれていますが、与え方によってはデメリットもあります。犬は食物繊維を上手く消化できないため、便秘を起こしてしまうことがあります。便秘をおこさないようにするためにも、ごぼうによく火を通して柔らかくし、フードプロセッサーなどで細かくするか食べやすい大きさに切って与えるようにしましょう。

ドッグフードを与えている場合は、ドッグフードできちんと栄養バランスが取れるように考えられているので、袋に書かれている摂取カロリーの20%以下になるように与えてください。与えすぎると、ドッグフードを食べなくなり栄養バランスが崩れる場合もあります。

犬の食事にごぼうを取り入れてみましょう

初めての方はゴボウチップスのようにおやつとして食べさせる方法や、ドッグフードに混ぜて与えてみる方法もあります。消化機能の弱い子犬や老犬には特に気を付けて与えるようにしていただき、愛犬との食生活を楽しんでください。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

知りたい情報を検索!