magazine

お手入れ

2020.03.11

トイプードルの夏のトリミング!短めカットスタイルのメリット・注意点

トイプードルの飼い主さんの楽しみのひとつでもあるトリミング。そのカットスタイルには、フワフワの被毛を活かした可愛いスタイルがたくさんあります。どんなカットにしようかと迷う飼い主さんも多いはず。

今回は夏に向けて、暑さが苦手なトイプードルにおすすめのカットスタイルをご紹介します。愛犬が夏を快適に過ごせるように、飼い主さんも工夫してみましょう。

#トイプードル

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

夏におすすめ、トイプードルに人気のスタイルは?

トイプードル カット

トイプードルに人気のスタイルをご紹介します。

・テディベアカット
トイプードルの一番人気のスタイルです。顔を丸めにカットした、その名の通り、くまのぬいぐるみのような可愛い仕上がりになりす。マズルの短い子におすすめのスタイルです。

・ムスタッシュカット
口回りに少しボリュームがあり、顔全体がピーナッツの形に似ていることから、ピーナッツカットとも呼ばれています。マズルが長めの子におすすめのスタイルになります。

・モヒカンカット
頭のてっぺんの毛を立たせたモヒカンスタイルは、元気で活動的なイメージから、男の子に人気のカットです。少し長めに伸ばしたモヒカン部分を結ぶと、可愛らしく、女のコにもおすすめです。

・アフロカット
その名の通り、頭を大きく丸くカットしたアフロヘアのようなカットです。トイプードルの魅力を引き出せる、可愛らしさ満点のスタイルです。

胴体や足部分を、いつもより少し短めにカットしてもらうと涼しげな感じに仕上がります。

短めで楽チン!トイプードルの短めスタイルのメリット

トイプードル カット

夏は、短めで楽チン!なスタイルがおすすめです。犬は、基本的に寒さに強く暑さに弱い動物です。フワフワの被毛を持つトイプードルも暑さが苦手な犬種で、その被毛には熱がこもりやすいため、夏場は気を付けてあげなくてはなりません。

少し短めにカットしてあげるだけで熱を逃がしやすく、暑さが和らぎます。また、被毛が短くなるとシャンプーやブラッシングなど、こまめなお手入れがしやすくなります。皮膚の状態をチェックしやすいのもメリットのひとつです。

皮膚が蒸れやすくなる夏は、皮膚の病気にかかりやすいもの。特に、もともと皮膚に疾患のある犬には注意が必要です。あわせて、ノミやダニのチェックもしてあげましょう。

短めカットの注意点も知っておこう!

トイプードル カット

犬にとっては、夏はいつもより少し短くスッキリしたスタイルが過ごしやすいかもしれません。しかし、トイプードルを短めのカットスタイルにする時に、注意しておきたいこともあります。

犬の皮膚はとてもデリケートで、その皮膚は人間の1/3の薄さとなっています。日頃、被毛で守られている皮膚は、夏のきつい日差しには弱いもの。そのため、被毛をカットする時は短くなり過ぎないように気を付けましょう。皮膚に直接紫外線が当たらないよう、被毛の長さには注意しておいてください。

また、夏場は蚊やブヨ、ダニなどに刺される機会が多くなります。短くカットした時は、お散歩に行く時だけ服を着せてあげることもおすすめです。散歩から帰ったら、服はすぐに脱がせてあげましょう。

短めカットも可愛いトイプードル!暑い夏を快適に

トイプードル カット

今回はトイプードルの夏におすすめの短めカットについてご紹介しました。
トイプードルのカットにはたくさんの種類があります。
「こんな雰囲気の仕上がりにしてほしい」とトリマーさんに伝えるのはなかなか難しいものですので、思っていたイメージと違った、ということにならないためにも、写真などを見てもらいながら説明すると納得のいくスタイルに近づけることができるはずですよ。

  • 公開日:

    2019.08.30

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする