magazine

犬種図鑑

2020.03.11

大好き!柴犬の毛色は全部で何種類?それぞれの特徴を写真付きで紹介

日本の天然記念物に指定されている柴犬は、他の犬種との交配が行われずに後世に残されてきたことから、毛色の種類は大きく分けて4種類しかありません。しかし、どの毛色にもそれぞれの魅力があり、見た目の印象がずいぶん異なります。そんな柴犬の毛色の種類についてご紹介します。

#柴犬

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

柴犬の中で最もメジャーな赤柴

柴犬 種類

柴犬の毛色は主に赤柴、黒柴、白柴、胡麻柴の4種類があります。その中で最も数が多いのが赤柴です。柴犬全体の8割近くを占めているといわれています。

個体により濃淡の差はありますが、赤柴とは明るい茶色の柴犬のことです。普段から見かける機会が多く馴染みのあることから、柴犬といえば赤柴をイメージする人が多いかと思われます。

老犬期を迎えたころになると、毛色が少し薄くなる場合があるのも特徴の1つです。なお、赤柴を含めたどの毛色も、あごから尻尾までの体の裏側(お腹側)は、「裏白」と呼ばれる白い毛が生えており、これが標準とされています。

珍しい種類として人気の黒柴

柴犬 種類

黒い毛色の黒柴は、柴犬の中でも1割程度しかいない珍しい種類です。洋犬によく見られる光沢のある黒毛ではなく、燻したような黒い毛色をしており、薄茶色アンダーコートが生えています。そんな毛色であることから、「鉄さび色」や「墨色」と表現されることもあります。

黒柴の大きな特徴は、目の上に白い斑点があることです。眉毛があるように見え、とても愛らしい表情をしています。なお、この斑点ですが、斑点があることで目が4つあるように見えることから、「4つ目」と呼ばれています。

かわいらしい印象の赤柴に対し、黒柴はもう少し凛々しい印象があり、かわいさとかっこよさの両方を持っている柴犬です。

近年人気が高まった種類の白柴

柴犬 種類

大手携帯電話会社のテレビCMで大人気となった、純白の北海道犬の姿が柴犬に似ていることもあり、近年人気があるのが白い被毛の白柴です。穏やかでやさしい印象が、白柴の大きな魅力といえるでしょう。

白柴は、赤柴同士の交配を繰り返す中で、毛色の色素が薄まって生まれてくる「白変種」です。白変種は、アルビノ(先天的にメラニンが不足しており、色素を持たない状態)ではないため、色素を作り出す遺伝子に問題はありません。誤った認識をしないよう注意しましょう。

白柴も黒柴と同様、頭数は多くありません。白柴が生まれてくる確率は1割以下と言われており、実は両親は、必ずしも白柴であるわけではありません。白柴は、赤毛同士や黒毛同士の交配が続くなかで生まれてきます。

なかなか見る機会がない種類の胡麻柴

柴犬 種類

胡麻柴は、赤毛・黒毛・白毛が混ざり合っている、虎毛のような毛色の柴犬をいいます。黒柴や白柴よりもさらに頭数が少なく、滅多に目にする機会がない貴重な種類です。

毛の配分具合は個体によって異なり、黒毛が多い個体は「黒胡麻柴」、赤毛が多い場合は「赤胡麻柴」と分類されます。

なお、赤毛・黒毛・白毛の配合具合は、成犬になるにつれて徐々に変わっていき、3色が均等に保たれたまま成犬になるのは、極めて低い確率です。よって、毛色の変化を楽しみながら成長を見守れるのも、胡麻柴の魅力といえるでしょう。

それぞれ魅力的な毛色の特徴を持つ柴犬

柴犬 種類

柴犬といえば、キツネ色の毛色を真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、胡麻柴のような希少性のある毛色も存在し、それぞれ魅力的な特徴を持っています。毛色によって印象が異なるほか、色の配分も差があるので、いろいろな個体を見比べて選ぶとよいでしょう。

また、成犬になるにつれて毛色が変化する場合があり、子犬期と成犬期とで違う色合いを楽しめます。かわいさ溢れる柴犬を、家族として迎えてみてはいかがでしょうか。

  • 公開日:

    2019.08.21

  • 更新日:

    2020.03.11

この記事をシェアする