magazine

グッズ

2019.11.22

夏のお出かけ、山編

愛犬との山登りで活躍する犬用グッズをご紹介!

本日8月11日は、2016年の改正祝日法で新設された国民の祝日「山の日」です。祝日法によると、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」とされています。
そんな山の日にちなみ、「山に親しむ機会」の一つとして、愛犬と山を楽しむ秘訣をご紹介いたします。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

愛犬と山に行くときは

犬の靴

愛犬とのお出かけ候補地として、山を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。夏の山は、落雷や突風、短時間での大雨など、激しい気象現象が発生しやすいため、気象情報をこまめにチェックし慎重に行動することが非常に大切です。また、山と言えど午後は気温がどんどん上がります。人だけでなく愛犬の熱中症対策も十分に行う必要があります。

その上で、愛犬との山登りをより安全に楽しむために、犬に靴を履かせることがおすすめです。山登り中、気づいたら愛犬の肉球から出血していた、というのはよく聞く話です。普段のお散歩コースとは違い、山道には細かい溶岩や鋭利な木の枝などが落ちていることも。人間が山登り用の服装をするように、愛犬にも山登りに適した靴を履かせましょう。
山などでのレジャーにおすすめの靴は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

山を楽しむコたちをご紹介

すでに犬靴を履いて山デビューを果たし、各々の方法で山を楽しむコたちを、インスタグラムに寄せられた「#いぬくつ部」の投稿からご紹介します。

ゴールデンレトリバーのミロちゃんの場合

大きな滝の前でこちらを見てポーズを決めるミロちゃん。深い緑の合間を縫って流れ落ちる滝は、写真からもその音が聞こえてきそうなくらいです。ミロちゃんは、その音や鳥の声、気温を間近に感じて、リフレッシュできたのではないでしょうか。

シーズーのミルクちゃんの場合

ミルクちゃんは、ライトブルーのふかふかドッグフィットブーツを履きこなし、飼い主さんと山登り。途中、「早く早く」という風に後ろを振り返るミルクちゃんの凛とした姿勢がとても美しいです。自然と触れ合って、とてもいい気分転換になりそうですね。

ブルドッグのでんすけ君の場合

思わず二度見してしまう状態のでんすけ君。後足にはスノーブーツを履いて、飼い主さんと雪山ハイクを楽しんでいるところのようです。おそらく、楽しくて全身で喜びを表現しているところを偶然写真に収められたのでしょう。犬靴は雪山でも活躍します。

アウトドアシーンでおすすめの靴

最後に、アウトドアシーンで活躍する犬靴を紹介します。用途に合わせていろいろな展開がある犬靴を履いて、愛犬との山へのお出かけをもっと安全に楽しみましょう。

グリップトレックス

DD1-BRW01_17.jpg

Amazonで商品を見る≫

底面に頑丈なビブラムソールを使用した、災害時などの備えにもオススメしたい「ラフウェア」製の犬の靴。表面にメッシュを採用し通気性に優れ、水遊びなどでも活躍します。反射テープで夜間の使用にも向いています。

マッドモンスターズ

DD1-BML01_14.jpg

Amazonで商品を見る≫

普段のお散歩から、アウトドアまで幅広く使える犬の靴。長めの丈に、伸縮性のあるストラップを巻きつけて履くため脱げにくく、底面のゴムはグリップ力が高く激しい動きにも対応します。表面はメッシュ素材で蒸れにくい。

スノーマッシャーズ

DD1-BML03_14.jpg

Amazonで商品を見る≫

雪道や雪山での使用に特化した犬用スノーブーツ。防水性に優れた素材で内部への浸水を防ぎ、極寒の地域でも履けるように全面起毛素材のインナーで暖かい履き心地。靴底が柔らかく足裏の形や動きにフィットするため、違和感が少ない仕様。

ポーラートレックス

DD1-BRW04_09.jpg

Amazonで商品を見る≫

靴底にアルミ粒子が練りこまれたビブラムアイストレックを採用し、雪道でも抜群のグリップ力を発揮。冬のアウトドアに使える本格ドッグブーツ。足首を上部まで守るソフトシェル付きで靴の中に異物が入るのを防ぎます。

  • 公開日:

    2019.08.11

  • 更新日:

    2019.11.22

この記事をシェアする