magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 犬と一緒にお墓参りはできる?日本のマナーやルールをご紹介

2019.07.12

読みもの        

犬と一緒にお墓参りはできる?日本のマナーやルールをご紹介

お彼岸やお盆など地域や宗教などにより異なりますが、お墓参りに行く機会は日本では年に数回あります。生前とても犬を可愛がってくれていた、お墓が遠く犬をお留守番させるのは心配など、様々な理由で犬をお墓参りに一緒に連れて行きたいと考える方も多いのではないでしょうか。ここでは愛犬を一緒にお墓参りに連れて行っても良いのか?そのマナーやルールなどについてお話します。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

犬と一緒にお墓参りしても大丈夫?

犬 墓参り

犬と一緒にお墓参りに行きたいという方も多いと思いますが、お墓参りには犬を連れて行ってもいい場所とダメな場所があります。神社やお寺、宗教などにより犬は立入禁止となっている場合があります。

まずは犬を連れていいか確認しよう!

まず、お墓のある施設に連絡してみましょう。「犬を一緒に連れていきたいが立ち入りは可能かどうか」ということを確認します。

犬の立ち入りが禁止である場合、車内で犬を待たせようと考える方もいますが、犬のみのお留守番は非常に危険で、涼しい時期でも車内の温度が急上昇し、熱中症になる危険性があります。犬を連れてのお墓参りができない場合は、時間次第で自宅でお留守番もしくはペットホテル等を利用し預かってもらいましょう。

施設から「犬を連れてもいい」と言われても、他の墓参り中の方や施設に迷惑をかけない事が前提です。飼い主が犬をコントロールできない場合や、吠える・飛びつく・走り回るなど問題行動を起こす可能性がある場合は、同様に自宅でお留守番もしくはペットホテル等に預けましょう。

犬連れお墓参りのルール・マナーについて

犬 墓参り

犬をお墓参りに連れて行くことが決まったら、その施設のルールやマナーを守るように準備をしていく必要があります。では、お墓参りにはどんなマナーやルールがあるのでしょうか。

お墓参りのルール・マナーとは?

お墓参りはそのお寺や神社などの施設のルールに従い、多くの方が利用する場合が一般的なので他の方に迷惑をかける行為は控えましょう。愛犬を一緒に連れて行く場合は、排泄などを自宅で済ませてから出掛けます。他の家のお墓には入らないように注意をし、お供え物などにもイタズラしないように目を離さないでください。

マーキング癖のあるコにはマナーバンドを着用させることをおすすめします。中には犬が苦手な方もいますので、できるだけ混雑する日にち・時間帯を避けるか、抱っこもしくはキャリーに入れましょう。

お墓参りに連れて行くときの準備

犬 墓参り

犬を連れて行くときの準備はお出かけの準備と同じものを持っていきましょう。ビニール袋やペットシーツ、トイレットペーパー、水分補給の準備などを用意します。施設の中では飲食や排泄はできません。

しかし、時期によっては水分補給をこまめにしなければいけないときがあります。犬の体調にも気をつけつつ、お墓参りのルールをしっかり守りましょう。

持っていくと便利なもの

お犬連れの墓参りで持っていくと便利なものは飲水用の容器、犬用の飲料水、足拭きシートまたは犬用靴です。お墓参りでは墓石に水をかけることや花に水を上げることがあるため地面が濡れます。

そのため、犬を歩かせていると足の裏が汚れることがあります。地面を歩くときは靴を履かせるか、キャリーや車に乗せる前に足拭きシートでしっかり汚れを拭き取りましょう。

犬の体調を最優先

お墓参りは犬の体調を第一に考えましょう。お墓参りは掃除、線香や花を飾るなど時間がかかるものです。人でも疲れてしまいますので、お墓参りのときは犬の体調の良いときにしましょう。特に幼犬や老犬など体力のない犬を連れて行く場合は極力短時間で済ませましょう。

犬と一緒にお墓参り。しっかりルール・マナーを守りましょう

犬 墓参り

ここでは犬を一緒にお墓参りに連れて行っても良いのか、マナーやルールなどについてお話しました。お墓参りは犬が苦手な方と接触する可能性があり、施設自体が犬の立ち入りを禁止している場合もあります。お墓参りは時間がかかるものなので、犬の体調やどれくらいの時間がかかるのか?その日の気温などを考慮し、無理はしないようにしましょうね。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

狩猟犬の歴史を持つ、スタンダードプードルの基本的なこと

サモエド|寒冷地出身の働き者たち。犬種の特徴や名前の由来とは?

サモエド|寒冷地出身の働き者たち。犬種の特徴や名前の由来とは?
狩猟犬の歴史を持つ、スタンダードプードルの基本的なこと