magazine

犬を迎える

2020.03.27

「犬の十戒(じっかい)」ってなに?犬の飼い主になる心構えを持つための約束

よく耳にする「犬の十戒」は犬と飼い主との約束事をまとめた詩で、原文は英語ですが、たくさんの方が日本語に訳してくれています。ぜひ犬の十戒に込められたメッセージを読み取り、愛犬との生活を幸せなものする上で役立ててください。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬の十戒とは?

犬の十戒

犬の十戒は作者不明の英語の詩で、犬から飼い主へのお願いという形で作成されています。シンプルな10個のメッセージには、飼育開始時から別れの日までの大切なことが表現されています。

作者不明とされていますが、ノルウェーのブリーダーが買い手に渡している「犬からご主人への11のお願い」が元になっているとも言われています。この短編の詩は犬と飼い主が幸せになるための道しるべとなってくれます。

犬の十戒の10の約束(※1)

犬の十戒

犬の十戒とはタイトルの通り、犬との10個の約束のことです。犬を飼うということはその子の一生を守るということでもあります。犬の十戒は、犬が飼い主に望んでいることを教えてくれます。

犬の十戒~その1~

My life is likely to last ten to fifteen years.
Any separation from you will be painful for me.
Remember that before you get along with me.

私は10年から15年ほどしか生きられません。だから、どんな形であれ、あなたと離れることは私にとってとても辛いことです。私を迎える前にそのことを覚えておいてください。
犬の寿命は短いものです。犬を迎える前にはそのことを今一度理解し、そして迎えた後は、どうか1日1日を大切に過ごしてあげてくださいね。

犬の十戒~その2~

Give me time to understand what you want of me.
あなたが私に望んでいることを理解するには少し時間がかかります。短気にならずに、辛抱強く待ってください。
愛犬はあなたの思い通りに動いてくれることばかりではありません。愛犬の気持ちに寄り添って辛抱強く向き合ってあげてくださいね。

犬の十戒~その3~

Place your trust in me.
it's crucial to my Well-being.

私を信頼してください。それが私にとってあなたと共に生活できる幸せなのですから。
忠誠心の強い犬にとって、信頼関係を築けている飼い主さんとの関係性はとても重要です。

犬の十戒~その4~

Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.
You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

私を長い時間怒ったり、どこかに閉じ込めたりしないでください。私はなんでそうされるのか理解できません。ただ、あなたが私を嫌いになったと思ってしまうだけです。あなたには仕事があり娯楽もあり、私以外の友達がたくさんいるかもしれませんが、私にはあなたが人生の全てなのです。
あなたが愛犬の世界の全てであることを踏まえると、少しでも早く家に帰ろう!と思えますよね。

犬の十戒~その5~

Talk to me.
Even if I don't understand your words, I understand your voice when it's speaking to me.

たまには私に話しかけてください。私はあなたの言葉を理解して返事をすることはできませんが、あなたの声からあなたの気持ちがわかります。

暮らしていると愛犬と想いが通じた!と思うこと、ありますよね?そんな出来事を増やしていけるといいですよね。

犬の十戒~その6~

Be aware that however you treat me, I'll never forget it.

私はあなたがどんな風に私に接したか、どんなことでも覚えています。そのことを忘れないでください。
大丈夫。愛情たっぷりに接してますよね?

犬の十戒~その7~

Remember before you hit me that l have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.

私を叩く前に思い出して下さい。私は鋭い歯であなたの手の骨を簡単に砕くことが出来るのに、なぜそうしないかを。
お互いに互いを傷つけるようなことはしたくありませんね。

犬の十戒~その8~

Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be bothering me.
Perhaps I'm not getting the right food or I've been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.

私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからと叱る前に、私が何かで苦しんでいないか気づいて下さい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それとも、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれません。
普段から愛犬の様子をしっかり観察するようにしましょう。

犬の十戒~その9~

Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.
私が年を取っても世話をしてください。あなたが年を取った時も、快適に過ごしたいし、周りから大事にされたいと思います。
ハツラツと元気に遊ぶ姿もかっこいいですが、愛犬が年を取って頑張って歩いている姿もとても愛おしく見えますよ。

犬の十戒~その10~

Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.

私が旅立つときも一緒にいてください。「死ぬところを見たくない」「私がいないところで死んでくれ」なんて言わないでください。あなたが側にいてくれさえすれば、たとえ死ぬ時でも私は幸せを感じれます。そして、あなたの人生がこれからどうあろうと、私があなたをいつまでも愛していることを忘れないでください。
とても悲しいことですが、愛犬との別れは必ずやってきます。たっぷりの愛情で送り出してあげましょう。

犬の十戒から学ぶこと

犬の十戒

「犬の十戒」は、犬と暮らすということがどういうことなのか?を改めて考えさせてくれる内容になっています。愛犬とは言葉を交わすことができませんが、互いに思い合うことで徐々に愛犬が思っていることが分かるようになると言います。愛犬が何を望んでいるのか、どうされたら嬉しいのか。犬も人も幸せに暮らすためには、お互いがお互いを思いあうことが大切ですね。

参考文献(※1): The Ten Commandments of Dog Ownership(原文)

  • 公開日:

    2019.07.28

  • 更新日:

    2020.03.27

この記事をシェアする