magazine

住まい / 生活

2019.10.02

犬と過ごす幸せな時間

大型犬を室内で育てる。大型犬の特性・育て方のポイントをご紹介

犬を育てるとき室内で一緒に生活をしてあげられると、犬にとっての寂しさが軽減されて良いですよね。室内飼育には、たくさんのメリットがある一方で、大型犬は体が大きく、動きも小型犬や中型犬に比べるとダイナミックなため、室内で育てる上では注意しなければならない点も多くあります。ここでは大型犬の特性や室内での育て方のポイントについてご紹介します。

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

大型犬を室内で育てたい理由

大型犬 室内

大型犬と一緒に室内で生活をしていると、机の上に置いてあるものを取ってしまうことや、ドアを勝手に開けてしまうことなどは頻繁に起こります。小型犬と比べて手間や気をつけるべきことがたくさんあり、室内飼育となると家具の配置や室内の飾りなどにも気を付けなければいけません。このように手間がかかっても「大型犬」を「室内」で育てたい・育てた方がいいと思う理由にはどんなものがあるのでしょうか。

しつけがしやすい犬種が多い

大型犬は賢く、物覚えも良い犬種がとても多いです。そのためしつけがしやすく、犬を育てるのに慣れてない方でもしつけの方法を学ぶことでトレーニングができます。個体差はありますが、指示をしたときに、数回繰り返すことで覚えてしまうこともあります。

大人しく温厚な犬種が多い

大型犬は大人しく温厚な犬種が多いです。マイペースなため子供にちょっかいを出されても怒らずじっと耐えるということもあります。多くの大型犬が相手を見て力を加減してくれる優しい犬達です。一方で注意しなければならない点もありますので、その点は後述します。

寂しがり屋なコも多い

大型犬には寂しがり屋なコも多いです。犬全般に言えることですが、1人でお留守番させている時間は愛犬にとっての不安・ストレスになります。そのため、自宅にいるときは一緒にいてあげられる室内飼育にはメリットがあると考えられており、愛犬を室内で育てたいと思う方は多くいらっしゃいます。

また、犬種や性格によっては、道路に面した場所に犬小屋が設置されてしまうと、警戒心が強く、常に気が休まらないという状態になってしまうこともあり、そういった面からも室内飼育が望まれます。

愛犬とずっと一緒にいたい!

なんといっても犬を室内で育てたいと思う、最大の理由が『愛犬とずっと一緒いたい!』という想いではないでしょうか。大切な家族だからこそ、ずっと一緒にいたいと思うのはごく自然なことですよね。

大型犬を室内で育てるときのおすすめ犬種

大型犬 室内

大型犬はしつけがしやすいといっても犬・個体により性格は異なります。ひたすら陽気な犬から大人しい犬までいます。ここでは大型犬を室内で育てるときのおすすめ犬種をご紹介します。

ゴールデンレトリーバー

ゴールデンレトリバーは大型犬の中でもかなり人気の高い犬種です。イギリス原産の大型犬で、体高58~61cm、体重29~34kgです。たれ耳の長毛種なので、ブラッシングなどのケアが必要になりますが、そこまで難しくはありません。性格は賢く、人懐こく、愛情深く、活発です。しつけも比較的早く覚えてくれるため、初心者の方でも教えることができます。活発なので飼い主と一緒に遊ぶことを好みます。おもちゃなどを使用し遊ぶ他にも、一緒にジョギングなども楽しむことができます。

ラブラドールレトリーバー

ラブラドールレトリバーはゴールデンレトリバーと同様に人気の高い犬種です。イギリス原産の大型犬で体高56~62cm、体重30~36kgです。たれ耳の短毛種で、ゴールデンレトリバーとよく似ています。穏やかで、賢く、物覚えが良いだけでなく、自分で考えて行動することができるため、盲導犬として活躍することも多い犬種です。好奇心旺盛な性格なため、単調な動作では飽きてしまう一面もあるため、ボール遊びやアジリティやフリスビーなどの運動を好みます。犬と一緒に遊びたい方におすすめな犬種です。

シベリアンハスキー

シベリアンハスキーはアメリカ原産の大型犬で、体高54~60cm、体重21~28kgです。ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバーと同じく人気の高い犬種です。そり犬として活躍していた歴史があり、人懐こく、明るく、責任感の強い犬種です。頑固な一面があるので、何度も諦めずにしつけトレーニングすることで覚えてくれるようになります。シベリアンハスキーは被毛量が多いため、暑さに弱い犬です。熱中症になりやすいため、夏場の運動や、室温の管理には注意が必要な犬種です。

大型犬を室内で育てるときの心構え

大型犬 室内

大型犬を賢く室内で育てることに憧れを持っている方も少なくありません。しかし、室内飼育するにあたり様々な注意点もあります。ここでは、大型犬を室内で育てるときの心構えについてご紹介します。

室内の飼育環境

室内で育てる上では飼育環境がとても大事です。大型犬を育てるための部屋の大きさ、サークルやケージ、注意すべき点についてご紹介します。

●部屋の大きさ

大型犬を育てるためには小型犬や中型犬の倍以上のスペースが必要になります。一人暮らし用のワンルームや1DKだと狭く、ストレスを感じてしまう可能性があります。大型犬がのびのび歩けるよう使用しない荷物は別室もしくはクローゼットなどにしまえるようなスペースが必要です。部屋の中に大型犬が休むことができるサークルやケージを置かなければいけないので、出来るだけ1LDK以上の広い部屋が望ましいです。

●サークルやケージの準備

犬を育てるときはサークルやケージの準備が必要になります。サークルやケージのサイズは犬が寝転んだ状態で前足や後ろ足を伸ばしても問題ないほどのスペースが必要です。大型犬を子犬から育てるときは、成犬時にどれほどのサイズになるのか犬種のスタンダードの大きさや親犬のサイズを参考にしましょう。

●誤飲にご用心

大型犬を育てる上で怖いのが誤飲です。誤飲とはビニールや洋服やおもちゃ、家具のコードなど胃で消化されることのないものを誤って飲み込んでしまうことです。誤飲してしまった場合、便と一緒に出る可能性の高いものであれば様子を見ることもあります。しかし、処置をしても吐かない、内視鏡を使っても取り除くことができないなどの場合は開腹手術になります。誤飲での開腹手術はかなりの費用がかかります。飲み込む可能性のあるものは犬がいたずらしない場所に閉まっておきましょう。

トイレトレーニング

大型犬と一緒に暮らすにあたり、きちんと教え込みたいのがトイレトレーニングです。小型犬や中型犬と比べて、粗相をしてしまったときに掃除がかなり大変です。そのため、トイレは散歩のときにするように教える派の方もいらっしゃいます。一方で、屋外だけで教えることにより、室内でトイレができなくなり、災害時や雨の日に困った、という話もあります。室内、室外、両方でできるようにトレーニングするといいかもしれませんね。

毎日の運動

犬種により毎日の必要な運動量は異なりますが、だいたい1日2回、1回1時間以上必要です。大型犬はかなりの運動量を必要とし、不足するとストレスを感じるようになります。ストレスにより、噛む・吠えるなどの攻撃行動や物を壊すなどの行動に出ることもあります。さらにストレスは病気を引き起こす原因にもなりますので、毎日の運動は欠かさず行いましょう。

老後のケア

大型犬の老後のケアはとても大変です。犬は歳を重ねていくと歩行困難、排泄困難など、様々な症状が見られるようになります。歩行困難になると飼い主が犬の体を支え歩行をサポートし、排尿ができないために毎日オムツを履かせ定期的に交換します。寝たきりになると数時間おきに寝返りさせなければいけません。小型犬であれば簡単に出来ることかもしれませんが、大型犬は介護する側の負担が大きいです。大型犬を飼育するときは老後のケアなどを踏まえて育てるようにしましょう。

大型犬と室内で暮らす幸せな時間

大型犬 室内

しつけがしやすく温厚なタイプが多い大型犬は、住環境さえ整っていれば室内で育てることも難しくはないと言えるでしょう。毎日の運動や老後のケアなど心構えも必要となりますが、家族と大型犬が一緒に過ごす生活を想像するとワクワクしますね。

ここでは大型犬を室内で育てるときにおすすめな犬種や飼い方のポイントについてご紹介しました。大型犬は体が大きく、小型犬に比べて配慮しなければいけない点が多いですが、しつけがしやすく温厚な犬種が多いです。運動時間の確保や生活環境をしっかりと整えて、室内で育てることを検討してみるようにしましょう。その他、動物病院での治療費や老後の介護、移動時などに車などを利用しないといけない点など心構えも必要ですが、大型犬との生活はきっと楽しく充実するでしょう。

  • 公開日:

    2019.07.23

  • 更新日:

    2019.10.02

この記事をシェアする