magazine

しつけ
鉛筆アイコン

2021.05.10

犬に関する仕事を知ろう!

家庭犬訓練士って何?資格は訓練所・通信・学校で取得できる

犬が好きだから、犬に関係する仕事をしたい!そう思う方も多いはず。犬に関する仕事の中でも、訓練士はやりがいのある仕事の一つとして人気があります。
犬の訓練士と一言で言っても警察犬訓練士、盲導犬訓練士、災害救助犬訓練士などの専門的な訓練士から家庭犬の訓練士まで、その目的によってタイプはさまざま。
ここでは「家庭犬訓練士」の資格について、講座受講から資格取得までの方法をご紹介します。

#犬にまつわる仕事/資格

文:西村 百合子/ホリスティックケアカウンセラー、愛玩動物救命士

家庭犬訓練士とは?

家庭犬訓練士と公園で散歩する子犬のゴールデンレトリーバー

一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)が主催する訓練士試験のカテゴリは「家庭犬」「警備犬」「FCI国際作業犬試験(IGP)」に分かれており、このうち「家庭犬」の訓練試験のことをCompanion Dogの頭文字をとって"CD"と言います。

「家庭犬」の訓練試験は、CDⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅹまでの4つのレベルがあり、CDⅠの試験課目は5つとなりますが、CDⅡは10課目と、その難易度は徐々に上がっていきます。

また、JKC以外にも一般社団法人 全日本動物専門教育協会(SAE)などが「家庭犬訓練士」のライセンスを発行しています。

JKCが主催する"家庭犬(CD)の訓練士"の資格取得を目指す過程では、人間と共存して暮らすための犬のしつけから犬を迎えたら知っておかなければいけない飼い主のマナーまで、基本的なことを学ぶことが可能です。
常に犬との良好な関係を築きながら、犬に信頼されることを第一に考え、その犬に適した方法で人間と共存していくためのマナーやルールの指導など、総合的なアドバイスの習得を目指します。

飼い主さんに対して犬を飼うことの社会的責任や犬に関する知識をわかりやすく伝えることも「家庭犬訓練士」に求められる項目の1つです。

犬訓練士の重要性

犬の訓練には、さまざまな方法があります。訓練士は、どの訓練方法がその犬に合っているのかを的確に判断し、力づくや暴力などを使わずにルールやマナーを教えることが基本です。

少し前までは、犬の訓練所に犬を預ける「預かり訓練」が主流でしたが、最近では、訓練所で大勢の犬と一緒に訓練をする従来のスタイルの他に、飼い主と一緒に行うマンツーマン訓練やその家庭に訓練士が出向く出張訓練など訓練の形態もさまざまです。

犬によっては、訓練士の指導が受け入れられず、人間嫌いになってしまったり、訓練所がトラウマになってしまったりと、マイナスの方向に働くこともあります。
訓練士は、どの訓練方法がその犬に合っているかを的確に判断し、犬がきちんと理解できる方法を選択することがとても重要です。

社会に受け入れられる良い犬に育つかどうかは、訓練士の技量にかかっていると言っても過言ではありません。

家庭犬訓練士は訓練所・通信・学校から

5人の家庭犬訓練士がそれぞれの犬にお座りをさせて、次の行動まで待機している

「家庭犬訓練士」の資格取得を目指す上での勉強法としては、自宅で学べる通信講座、専門学校などに通う通学講座、しつけ教室や訓練所などでプロの訓練士に弟子入りする3つの方法があります。どの講座も学べる訓練スタイルにそれぞれ特徴があります。

また、自宅で学ぶことができる通信講座でも、実技を伴う通学講座の受講が必須となっています。どのような学習方法や訓練方法が自分にあっているか、学校や講座をよく調べて案内パンフレットなどを取り寄せることがおすすめです。

それから、一般社団法人ジャパンケネルクラブの資格取得を目指す上では、一般社団法人ジャパンケネルクラブのクラブ会員になる必要があり、少なくとも1年以上の会員歴があれば、同クラブの主催する資格取得試験にチャレンジすることが出来ます。

資格をとるメリットはあるの?

家庭犬の訓練士は、犬のトレーニングをするだけではなく、犬を飼う上での基本的な知識やマナーを飼い主に伝える仕事です。つまり、「飼い主と飼い犬、そして社会との間を結ぶ橋渡し役」でもあるのです。

具体的に家庭犬訓練士が活躍する場としては、しつけ教室、老犬施設、ペットサロン、ペットホテル、ドッグカフェ、ペットシッターなど、動物に関するさまざまな仕事が挙げられます。
また、訓練士として独立開業するために必要な「動物取扱責任者」への登録サポートを行っている講座もあります。

家庭犬訓練士の資格はこんな人におすすめ!

家庭犬訓練士にお手をしている白と茶色い毛をした犬

犬が好きな人にはぴったりの「家庭犬の訓練士」ですが、資格を取得するまでに学ばなくてはいけない事はたくさんあります。
犬に教えることだけではなく、犬の行動学や健康についての知識も必要です。また、犬の気持ちを汲み取れるだけの想像力はもちろん、飼い主との円滑なコミュニケーション能力も必要不可欠だと言えます。

家庭犬訓練士は、飼い主と犬との楽しい生活に役立つだけではなく、社会にも役立つとても重要な仕事です。責任感がありながら、行動力と優しさを持ち合わせている人が、家庭犬訓練士に向いていると言えます。

家庭犬訓練士の資格は犬好きすべての人に

砂浜を走る白と黒い毛をもつ小型犬

家庭犬訓練士の講座・資格は、犬に関する仕事に就きたい方のためにだけにあるわけではありません。犬を飼っていれば必ずぶつかる壁「しつけ」に対しての知識や飼い主としての心構えを学ぶことが可能です。

講座は、初級クラスからプロフェッショナル向けのクラスまで段階を経て学べるカリキュラム方式。訓練士はハードルが高いけれど、犬のしつけに関して学びたい、犬のことをもっと詳しく知りたい、そう考えている方にも門戸は開かれています。興味がある方は、無料で資料請求できるので、まずは資料を手にしてみてください。

  • 公開日:

    2019.07.02

  • 更新日:

    2021.05.10

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 西村 百合子
  • ホリスティックケアカウンセラー、愛玩動物救命士
  • ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。 現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。