magazine

食べもの

2019.10.02

犬×食べ物を知る!

犬はパクチーを食べられる?パクチーの成分や与え方の注意点を紹介

栄養素が豊富で、最近は専門店もあるほど人気のパクチーですが、果たして犬が食べても大丈夫なのでしょうか。飼い主の立場になってみると、少しでも愛犬には体に良いものを与えたいという気持ちが強くなるものですが、人間にとってよいものでも犬にとって害があることがあります。ここではパクチーの成分や犬に与えても良いのか、また与え方の注意点などをご紹介します。

#Foods

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

パクチーが健康に良いといわれる理由とは

ベトナム料理や中華料理にも使われるパクチーですが、香りが独特なため、日本では避けられる傾向にありました。しかし最近では、栄養素が豊富に含まれていることもあり、年々人気が高まっています。

パクチーに含まれる成分

主にベトナム料理など東南アジアの料理でよく使われるパクチーですが、どのような栄養成分があるのでしょうか。パクチーは100gあたり23kcalとローカロリーでありながら、ケルセチンやケンペロールなどの抗酸化性プロフェノールフラボノイドが含まれています。また、パクチーにはビタミンB1、B2、C、Eの他、ベータカロテンや食物繊維が豊富に含まれています。

犬にパクチーを与えても大丈夫?

それでは人間にとって健康によいとされるパクチーですが、犬にもパクチーを食べさせても大丈夫なのでしょうか?もし良い場合は与える時に注意点があるのでしょうか。それぞれ詳しくご紹介します。

そもそも犬はパクチーを食べても良いのか

ASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)によると、パクチーを犬に食べさせても大丈夫とされています。またパクチーに含まれている豊富な栄養素は犬にとっても魅力的な食べ物であると言えます。

犬にパクチーを与える時の注意点

パクチーは犬にとっても有害なものではありません。しかし何点か注意をする必要があります。まず、アレルギーの有無をチェックしましょう。また、パクチーは消化がしにくい食材であるため、できるだけ細かく刻み他の食品に混ぜてあげると犬は食べやすいです。

またパクチーは香りが独特であるため、人間でも苦手な方は大勢いらっしゃいます。犬にとっても同じことがいえますので、愛犬が少しでも嫌がるのであれば向いていませんので、与えるのは避けましょう。

全てのハーブが安全なわけではない

ここまでご紹介したのは、あくまでパクチーが犬にとって安全であるということです。決して全てのハーブ類が安全というわけではないので、家庭菜園でハーブを育てる際や、愛犬に食べさせる前に十分に調べるようにしてください。中には誤って食べてしまうと、犬にとって危険なハーブもあります。

犬にパクチーを食べさせても大丈夫

ご飯を食べているときに愛犬が近寄ってきたら、ついついあげたくなる気持ちもあるでしょう。アレルギーの可能性を除けば、パクチーは犬にって安全な食べ物です。しかし犬にとって、必ず必要な食品ではないので決して無理に与えるようなことはしないでください。また独特な香りのため、嫌がる犬もいますので、少しでも嫌がるそぶりをみせたら与えるのをやめましょう。

  • 公開日:

    2019.07.17

  • 更新日:

    2019.10.02

この記事をシェアする