magazine

食べもの

2020.02.03

犬×食べ物を知る!

犬がこんにゃくを食べても大丈夫?リスク・起こりうる症状などの注意点まとめ

つるつるとして、食感が楽しいこんにゃく。煮物にしたり、おでんの具材としても欠かせませんね。もし、犬が興味を持って近付いてきたら、どういう対応をすべきでしょうか?こんにゃくの成分などを基に、犬がこんにゃくを食べたときのリスクについてご説明します。

#Foods

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

愛犬に食べさせる前に知っておきたい|こんにゃくに含まれる成分とは

こんにゃくは低カロリーで食べごたえがあり、手軽に入手できるためダイエット中に積極的に取り入れる人も多いと思います。こんにゃくに含まれる成分には主に次のようなものがあります。

水分

こんにゃくを多く食べると満腹感がありますが、実はそのおよそ96%が水分です。水分補給にはなりますが、胃袋の小さな犬がこんにゃくでお腹を膨らませてしまうと、その分ほかの食材から必要な栄養を摂取することが難しくなってしまう可能性があります。

食物繊維(※1)

便秘の予防や改善などの整腸効果で知られている食物繊維ですが、血糖値の上昇を抑え、血液中のコレステロールの濃度を下げる機能があると明らかになっています。

カリウム(※1)

ミネラルの一種であるカリウムには体液の浸透圧を調節する働きがあり、過剰な塩分摂取を調節する上でも大切な役割を果たします。また、神経の興奮や筋肉の収縮機能にも関係しています。
カリウムが不足すると食欲不振や精神障害、不整脈などの症状が現れることがあります。

犬にこんにゃくを与えた場合に起こり得る症状

こんにゃくの成分としては、犬が摂取しても問題ないものとなりますが、犬にこんにゃくを与えることはリスクを伴います。起こり得る症状には次のようなものがあります。

嘔吐や下痢

こんにゃくは食物繊維を多く含むため、便秘の犬には改善が期待できるかもしれませんが、健常な子が食べると消化不良になり嘔吐や下痢を引き起こす可能性があります。

喉に詰まらせる

犬はフードをよく噛んで味わうことはほとんどありません。カリッと噛み砕くこともありますが、多くはそのまま飲み込まれています。こんにゃくは特有の弾力があり、大きさによっては喉に詰まらせ、最悪の場合窒息死してしまう危険性があります。

アレルギーを起こす

こんにゃくの主原料は「コンニャクイモ」です。コンニャクイモをすりつぶしたり、乾燥させて粉状にして水に溶かし、水酸化カルシウムを凝固剤として加え、熱で固めることでこんにゃくが出来上がります。
そのため、イモに対してアレルギーのある犬は要注意です。身体を痒がる(主に口や目の周り)、嘔吐、軟便や下痢といった症状が見られる場合には食物アレルギーの疑いがあります。

犬がこんにゃくを食べてしまった場合の対処法とは

犬がこんにゃくを食べ何らかの症状が現れた場合、その症状よっては対処する必要があります。

こんにゃくを喉に詰まらせてしまった場合

犬がこんにゃくを食道に詰まらせてしまった場合には、背中を叩いたりして吐き出させますが、自宅で吐き出すことは困難であるため、直ちに動物病院を受診します。こんにゃくが詰まっていると呼吸困難になるだけでなく、食道炎などほかの問題を引き起こす可能性もあります。

嘔吐や下痢、アレルギー

こんにゃくを食べ消化不良を起こすと、軟便や下痢になることがあります。いつもより便が多少柔らかい程度で一過性であれば自然治癒も可能ですが、嘔吐を伴ったり水のような下痢が見られる場合には半日ほど絶食し胃腸を休ませましょう。絶食すると嘔吐してしまう犬では、少量だけ与えます。
食欲があるからといつもと同じようにフードを与えてしまうと、症状を悪化させてしまうことがあります。アレルギーの症状が見られた場合、アレルゲンであるこんにゃくを与えることを中止すれば症状は改善します。
症状がひどい時には動物病院を受診しましょう。

こんにゃくは愛犬にあえて与える必要のない食材

犬にこんにゃくを与えることには、嘔吐や下痢を起こしたり食道に詰まらせる可能性があるというデメリットが多く挙げられます。

「総合栄養食」と記載されたドッグフードやその他にも栄養豊富な食材は多くありますので、あえて愛犬にこんにゃくを与える必要はありません。こんにゃくが含まれた料理を食べているときに、愛犬が近づいてきても、気軽にあげないようにしましょう。

(※1)参考文献:厚生労働省 e-ヘルスネット

  • 公開日:

    2019.07.24

  • 更新日:

    2020.02.03

この記事をシェアする