magazine

食べもの

2020.02.03

犬×食べ物を知る!

犬はエビを食べても大丈夫?知っておきたいエビの正しい与え方・栄養素・注意点とは

犬はエビを食べても大丈夫なのかな?と疑問に思ったことはありませんか?私はバーベキューをしている時に、美味しそうに焼けたエビを側にいる愛犬に分けてあげたいなと思ったことがあります。エビは犬にとって毒性となる成分を含みますが、調理方法によっては少量から犬に食べさせてあげることも可能です。ここでは犬にエビを与える際の注意点をご紹介していきます。

#Foods

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬はエビを食べても大丈夫?

犬 エビ

犬はエビを食べても大丈夫ですが、必ず加熱するという条件があります。犬がエビを生で食べた場合、量によっては危険な状態になることもあるので注意しましょう。生のエビにはビタミンB1分解酵素が含まれており、この成分が犬にとって毒となります。加熱をすることによりビタミンB1分解酵素は消えるので、必ず加熱が必要となるのです。

乾燥エビは少量なら大丈夫

小さな乾燥エビやエビせんも食べて大丈夫ですが、与えすぎないように少量にしておくと良いでしょう。 まれにエビ入りのおやつで下痢や嘔吐などの症状が表れることがあります。最初は少しずつ与え、体調が悪くならないか様子をみるようにしてください。

犬がエビを生で食べた時に起こる危ない症状とは

犬 エビ

犬がエビを生で食べるとどのような症状が起こるのでしょうか。これから紹介する症状は、生のエビを大量に食べてしまった場合に起きる症状です。少量を食べてしまった程度であれば重症には至りませんが、どのような症状が表れるかは知っておきましょう。

下痢・嘔吐

大量のエビを食べた数時間後に下痢や嘔吐といった症状が表れます。チワワのような超小型犬であれば、大きめのエビを1本食べただけで症状が出る可能性は十分ありえます。

神経障害

エビを大量に食べた場合、神経障害を伴う痙攣を起こすことがあります。犬が突然震えだし痙攣を始めたら、落ち着くまで様子を見てすぐに病院へ連れていきましょう。 エビを食べてしまったことが分かっている場合は、神経障害を起こす前に病院に連れて行った方が飼い主さんも慌てずに済みます。

食欲低下

エビを食べたあと、急に元気がなくなってご飯もたべなくなってしまうことがあります。いつもごはんを残さず食べる犬は食欲が無かったらすぐに分かりますが、ごはんに興味が無い犬の場合気づきにくいかもしれません。普段から犬がごはんを食べ方を確認しておきましょう。

愛犬にエビを食べさせるときの注意点

犬 エビ

犬にエビを与える時には、加熱する以外に何に注意したら良いのでしょうか。せっかく食べるなら少しでもリスクは減らしたいですよね。 それでは犬にエビを与える際の注意点を紹介します。

加熱しても少量にしておく

火を通す方法なら何でも大丈夫ですが、必ずエビの中心まで火が通っているか確認して犬に与えるようにしましょう。 また、特に小型犬は体が小さいため気付かないうちに過剰摂取になってしまうこともあります。エビは加熱してあっても毎日食べさせるのは避けたほうが良い食材です。

殻やしっぽは取り除く

頭やしっぽは消化しにくい為、取り除いて柔らかい身の部分のみを与えるようにしてください。

小型犬の場合は噛み砕いた殻が口の中や食道を傷つけてしまう恐れがあり、大きなエビであれば大型犬でもケガをする可能性があります。 頭の部分は手作りフードを作る際の出汁に使用するなど、直接与えないように気を付けましょう。

加熱したエビなら犬も食べてもOK!でも与える場合は少しだけ

犬 エビ

人間にとっては高たんぱくで疲労回復をサポートしてくれるエビ。しかし犬にとってはあまりおすすめ出来る食材ではありません。犬がエビを食べなくても全く問題は無いですが、もしも与えたい場合は「加熱したものを少量」と覚えておきましょう。おすすめの与え方は、乾燥した小エビをごはんのトッピングとして少量ふりかけてあげる方法です。少量でも香りが強いので、犬は大喜びします。与え方を工夫して、愛犬の健康を守りましょう。

  • 公開日:

    2019.07.21

  • 更新日:

    2020.02.03

この記事をシェアする