magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 犬にイカを食べさせるのは危険?イカが与える犬への影響とは

2019.07.05

読みもの        

犬×食べ物を知る!

犬にイカを食べさせるのは危険?イカが与える犬への影響とは

人にとって問題のない食材でも犬にとっては有害となる食べ物は多くあります。イカもその一つで与え方に工夫が必要な食材です。最悪の場合、死に至る可能性もありますので注意してください。正しい知識を得ることで愛犬の健康を守ることに繋がります。

#Foods

Author :docdog編集部

生のイカに潜む危険!

犬 イカ

生のイカにはチアミナーゼといってビタミンB1(チアミン)を分解する酵素が含まれています。犬が生のイカを食べることにより、このチアミナーゼの作用でビタミンB1が破壊されビタミンB1不足に陥ってしまいます。
また人間でも危険性の高いアニサキスによる食中毒や下痢や嘔吐の原因にもなるため、生では絶対に犬に与えないようにしてください。

ビタミンB1不足

ビタミンB1不足の症状としては人では脚気(かっけ)が有名です。
犬の場合は、初期症状として食欲不振や成長不良、唾液分泌過多があらわれます。その後、痙攣発作や眼振、心肥大、運動機能障害などが引き起こります。
よく猫がイカを食べると腰を抜かすと言いますが、これもビタミンB1不足による症状で、犬にも同じ症状があらわれます。

アニサキス

アニサキスは鯖や鮭、イカ、アジなど魚介類の内臓に寄生している寄生虫です。
人でもアニサキスにあたり嘔吐や激しい痛みを発症する病気ですが、犬にも同じ症状が引き起こされます。
生きたままのアニサキスがお腹のなかに入ることで中毒症状も引き起こしますので、注意が必要です。

下痢や嘔吐

イカは消化に時間がかかる食材のため、胃腸に大きな負担をかけてしまいます。その結果、下痢や嘔吐を引き起こす場合もあります。下痢や嘔吐は様々な病気の症状としてあらわれますので、早急に動物病院で検査してもらうようにしてください。

加熱したイカは安全?

犬 イカ

生のイカは危険ですが加熱することにより、ビタミンB1を破壊するチアミナーゼは破壊されアニサキスは死滅しますので安全性が高くなります。
それでも消化性の問題は残りますし、人間用に加工された食品は塩分などの問題も出てきます。また、大きさによっては喉や胃腸に詰まらせる可能性もあるため注意が必要となります。

塩分の多い食品に注意

イカの加工品として有名なのが乾物であるスルメですが、スルメには多くの塩分が含まれています。
スルメだけでなく人間用として加工されている食べ物は塩分が多すぎて、塩分を排泄するのに腎臓に大きな負担をかけてしまいます。
塩分の過剰摂取により最悪の場合、死に至ることもありますので与えないようにしてください。

喉や胃腸に詰まらせてしまう

加熱したイカは、もちもちと弾力のある状態になります。犬は噛まずに飲み込む習性がありますので、喉や胃腸に詰まらせてしまう場合があります。
また胃腸で消化液を吸収し膨らむ危険性もあり、胃腸閉塞を引き起こす可能性があります。

イカを食べてしまった場合の対処法

犬 イカ

もしイカを食べてしまった場合で、歩行障害や嘔吐などの症状があらわれたら早急に動物病院へ連れて行ってください。
嘔吐物などは捨てずに動物病院に持っていくと治療の参考になります。
食べた量が少量で症状もない場合は、様子を見て問題なければ心配いりません。
喉に詰まらせた場合は、大型犬で手の届く範囲であれば除去を試みてもいいですが、無理はせず早急に動物病院へ連れて行ってください。

ビタミンB1欠乏症

ビタミンB1欠乏症は犬より猫の方がビタミン要求量が多いため発症しやすく、犬でのビタミンB1欠乏症は起こりにくいと言われています。特にペットフードを与えている子は、栄養素がバランスよく配合されているため他のビタミン同様、欠乏症が起こることは稀と言われています。

イカはおすすめできない食材

犬 イカ

以上のことから、イカは生でも加熱した状態でも危険性が高い食材です。スルメなどのおつまみをつまみ食いしてしまう可能性をゼロにするためにも、食べ物の管理はしっかり行うようにしましょう。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

プチブラバンソンってどんな犬?実はXXと同じ犬種と言われる理由とは

犬種【パピヨン】の歴史と特徴と育て方。性格の傾向も紹介

犬種【パピヨン】の歴史と特徴と育て方。性格の傾向も紹介
プチブラバンソンってどんな犬?実はXXと同じ犬種と言われる理由とは