magazine

犬種図鑑

2020.04.10

犬と過ごす幸せな時間

【豆柴】誕生の経緯とは?性格やかかりやすい病気、平均寿命、お手入れの方法まで

柴は古くから日本人と生活をともにし、現在も家庭犬として不動の人気を誇る犬種です。そんな柴の中でも身体が小さめの両親を持ち、成犬になってもコンパクトな体格が予想される柴を「豆柴」と呼び、多くの人々から人気を集めています。ほとんどの血統書発行団体から正式な犬種としては認められていませんが、一部で犬種として認める動きもある豆柴。
今回は、そんな豆柴が誕生した経緯や身体の特徴、お迎えする際に飼い主として準備すべきことなどをご紹介します。

#柴犬

Author :中野 由美子/docdog プロデューサー 兼 日本犬担当編集者

この記事をシェアする

豆柴誕生の経緯とは。なぜ柴は小型化されたのか?

豆柴

まずは、豆柴が生まれた経緯を見ていきましょう。

豆柴の歴史はまだ浅い

豆柴は、そもそも犬種としての血統書発行がおこなわれていないことから、はっきりとした起源は分からないのが実情です。昨今の小型犬ブームを受けて、スタンダードよりも小さい柴同士を交配して生まれた柴を「豆柴」と呼んで販売が始まったのがおそらく昭和後期のことだとされていますが、これにも諸説あります。

現在までのところ、一般財団法人 ジャパンケンネルクラブ(JKC)と公益社団法人 日本犬保存会での血統書発行はおこなわれておらず、それらの血統書を持つ場合は「柴」という記載になります。

一方で、スタンダードがないままに繁殖・販売される状況が様々なトラブルに繋がることを受けて、2008年からNPO法人 日本社会福祉愛犬協会で限定的に「豆柴」の血統書が発行されるようになりました。

日本で根強い柴人気

ジャパンケネルクラブ(JKC)によると、日本における2019年の柴の登録頭数は10,307件で第7位です。日本犬保存協会でも血統書の発行はおこなわれているので、それを合わせると飼育頭数はかなり多いことになります。
実際に、都市部・郊外に関わらず散歩している柴を見かける機会は多く、先代犬を見送ってもまた柴を迎えるといった声も多く聞こえます。
柴は、時代や地域を超えて日本人に愛されてきた犬種だということが言えますね。

柴人気×小型犬のブーム

さて、そんな不動の人気を持つ柴が、あえて小型化され「豆柴」が誕生したのには昨今の小型犬人気が大きく影響しているでしょう。
時代の変化とともに、都市部に人口が集中し核家族化した日本社会では、集合住宅や狭い敷地で生活する世帯が増えました。それは愛犬家にとっても変わらず、生活スタイルを変えずに大好きな犬を迎えることを考えると、スペース面などにおいて圧倒的に小型犬種のほうが迎えやすい状況が生まれたのです。
これを受け、成犬になってもそこまで大きくならない柴「豆柴」の人気に火が付いたと考えられます。

豆柴の身体(からだ)の特徴

豆柴

つぎに、豆柴の身体的な特徴を見ていきましょう。

柴より一回り以上小さく、容姿は柴そのもの

豆柴の血統書を発行している日本社会福祉愛犬協会では、豆柴のスタンダードサイズを以下のように定めています。JKCが定める柴のスタンダードが、体高:オス39.5cm、メス36.5cmですので、柴よりも一回りか二回り小さいことになります。体重も平均的な柴の半分程度と言えるでしょう。

体高:オス30~34cm、メス:28~32cm
体重:特に制限なし。(一般的には4~6kg程度が平均のようです。)

柴を現代の生活環境に合わせるために小型化したのが豆柴なので、容姿は柴の特徴を受け継いでいます。

毛色は4色、換毛期にたっぷり抜ける

豆柴の毛色には、赤、黒、胡麻、白が認められています。被毛は柴と同じ短毛のダブルコートのため抜け毛が多く、換毛期には更に多くなります。古くから日本で暮らしてきた柴ですので、日本の気候変化には問題なく順応できるでしょう。

平均寿命とかかりやすい病気

豆柴の平均寿命は12~15歳前後とされていますが、もちろん個体差があり生活環境や食生活などによって大きく変わります。重要なのは、適切な運動量と栄養価の高い食事を心がけ、ストレスをできるだけ少なく過ごさせるサポートをすることです。ブリーダーからお迎えする際は、まず適切な交配をおこなう信頼できるブリーダーを見つけ、親犬や兄弟犬の健康状態や生活状況にも注意しましょう。

豆柴がかかりやすい病気には、皮膚疾患やノミアレルギーなどが挙げられます。柴と同様、皮膚が弱い傾向がありアレルギーの発症率が高く、皮膚に赤みや痒みなどが生じることがあります。原因は様々ですが、悪化させると気にして舐める掻くを繰り返し負のループになりますので、早めに動物病院を受診し治療を開始することが大切です。定期的に健康診断を受けることで病気の早期発見に繋がるのでおすすめです。

豆柴の性格

豆柴

では、気になる豆柴の性格はどうでしょうか。

明るくフレンドリーで、シャイではない

先祖犬の柴の性格というと、警戒心と独立心が強く、はじめて会った人とすぐに打ち解けられるというフレンドリーなイメージとは少し遠いように思えます。
一方で、豆柴は現代の生活環境に馴染めるように作出された経緯を持つことから、他犬や他人とも仲良くやっていけるオープンでフレンドリーな性格を持っている傾向があります。日本社会福祉愛犬協会では、その社交的な性格をスタンダードとして定めているという事実もあります。

甘えるタイプではないが飼い主に忠実

柴同様に忠誠心が強く、主人と認めた相手に対してはとても忠実です。一方で、愛玩犬にグルーピングされるようなシーズーやチワワ、フレンチブルドッグのように飼い主のそばに自分から寄ってきて甘えるといったことはあまりありません。「お互いに独立した個としてあくまで同居しているだけなのだ」という気概を感じる、独立心の強い一面も持っています。

豆柴を迎える心構え|適切な環境やしつけ方法とは

豆柴

これから豆柴をお迎えしたいと考えている方に、準備しておくべきことをご紹介させていただきます。まずは環境としつけについてです。

環境|きれい好きな豆柴のためにお掃除はこまめに

柴がそうであるように、豆柴はきれい好きなタイプです。他の犬種であれば、室内に設置した寝床のサークル内にトイレシートを敷くことが多いですが、豆柴にとってはこれはちょっとイヤな状況です。
もともと、巣で生活してきた柴は、自分の排泄物のニオイで外敵から巣の在処を知られないように、巣の中で排泄をおこなわない性質を持っています。その柴の血を引く豆柴も、トイレは外派の子が多いと言えます。室内でトイレができる子の場合でも、寝床とは別にトイレ用のサークルを用意してこまめにシートを取り換えてあげると良いでしょう。

しつけ|社会期にしっかり社会化トレーニングを

祖先犬の柴が、他の犬種よりも社会期はやく終わるのではないかと言われているため、豆柴においても社会期を見逃さず早めにしつけを始めるのが吉でしょう。初めて犬を迎えるという方は、パピー教室でプロのトレーナーのトレーニングを受けさせるのも賢い選択です。

豆柴を迎える心構え|必要な運動量とお手入れ方法とは

豆柴

体重がわずか4~8kgと小さい豆柴ですが、一体どの程度の運動が適切で、日ごろのお手入れ方法はどんなものでしょう。

運動量|散歩は1日20~30分×2回が目安

柴に必要な運動量が1日1時間程度と言われています。体格の小さい豆柴は、1日2回に分けて20~30分を目安に散歩に連れて行きましょう。散歩は愛犬の知的好奇心を刺激する行為で、ストレスとの関係も密接です。毎日同じコースではなく、たまに違う道を散策してみるのは飼い主にとっても良い気分転換になるのでおすすめです。活発な子も多いので、たまにドッグランなどで走らせてあげるのも良いでしょう。

お手入れ|日ごろのブラッシングで皮膚疾患を予防

豆柴は被毛量が多く、皮膚疾患にかかりやすい傾向があります。被毛のケアは皮膚のケアに繋がるので、こまめなブラッシングをおこないます。表面を撫でるのではなく、根元から優しく皮膚をマッサージするようにブラシをかけてあげましょう。
日ごろのブラッシングは2~3日に1度で十分ですが、換毛期の抜け毛が多い時期には毎日おこないます。ブラッシングを怠ると、毛詰まりが原因で皮膚の炎症を引き起こすことがあります。豆柴は毛が密に生えているので、飼い主が皮膚の異変に気付きにくく悪化しやすいので注意が必要です。ブラッシングを定期的におこなうことは、皮膚の異変にいち早く気づくことに繋がります。
また、シャンプーは3週間~1ヶ月に1度の頻度でおこない、皮膚の汚れを流すようにしっかりと泡立ててマッサージします。獣医師やトリマーに相談すると、その子に合うシャンプー剤を紹介してもらうこともできるので、迷ったら一度相談してみるのもおすすめです。

豆柴と過ごす幸せな時間

豆柴

比較的歴史が浅い豆柴は、身体の特徴や性格を柴から引き継いでいるとは言えもちろん個体差も大きいです。身体が小さい分、食事による影響やアレルギー物質に対する反応が出やすい傾向があるので、お迎えすると決めたらその子の健康に責任を持ち、その子に合わせた生活を心掛け、愛情いっぱいに育ててあげましょうね。

◎ライタープロフィール
docdog 中野由美子

中野 由美子/docdog プロデューサー 兼 日本犬担当編集者

幼少期に出会った犬種図鑑をきっかけに「犬と人間の共存」に興味を持つ。化粧品会社に就職後「本当の美しさとは何か」を考える中で、「異なる種類のいきものが共存する姿」がいきものの美しさの根源だと考えるように。現在はdocdogで活動しながら、ながく歴史を分かつ犬と人間の双方にとって幸せな共存の在り方を模索中です。

  • 公開日:

    2019.07.21

  • 更新日:

    2020.04.10

この記事をシェアする