magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 売られた喧嘩は買うタイプ?スタッフォードシャーブルテリアの基礎知識

2019.07.08

読みもの        

犬と過ごす幸せな時間

売られた喧嘩は買うタイプ?スタッフォードシャーブルテリアの基礎知識

スタッフォードシャーブルテリアは、原産国のイギリスでは「子守犬」と呼ばれるほど温和な犬種と言われています。一方、闘犬として活躍していた祖先の血も流れており、その力は強くパワフルで勇敢な性格とされています。ここでは、そんなスタッフォードシャーブルテリアの歴史・特徴・性格などの基本情報をご紹介します。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

最初に知っておきたいスタッフォードシャーブルテリアのこと

スタッフォードシャーブルテリア

どんな犬であっても共に暮らしていく上では、その犬種や犬全般についてよく知る必要があります。スタッフォードシャーブルテリアの歴史や特徴などを知り、既に一緒に暮らしている愛犬との違いや、これから犬を迎える上での参考にしてみてくださいね。

スタッフォードシャーブルテリアの歴史

スタッフォードシャーブルテリアは18~19世紀にイギリスで盛んに行われていたブル・ファイティングやベア・ファイティングで牛や熊と闘っていた闘犬が祖先と言われています。視覚的な有利さと、俊敏な動きを求めて「ブルドッグ」や「スムースフォックステリア」「ホワイトイングリッシュテリア」など闘犬として優秀な血を持つ犬種たちを掛け合わせて誕生したのが当時のスタッフォードシャーブルテリアです。

動物愛護の観点から1835年に闘犬が禁止になると繁殖数が激減し、ウェールズやスタッフォードシャーなどの一部の愛好家の間でのみ飼育されることとなりました。その状況から脱するため、当時のスタッフォードシャーブルテリアにマンチェスター・テリアを掛け合わせ、家庭犬として優れた犬種に進化しました。

そして闘犬禁止から100年が経った1935年にスタッフォードシャーブルテリアはイギリスで公式な犬種として認められました。

スタッフォードシャーブルテリアの特徴

スタッフォードシャーブルテリアは骨太で筋肉質ながっちりとした体型をしています。中型犬サイズで、体高より体長がやや長くバランスの取れた外貌です。頭と開口部は大きく、半立ち耳で、尻尾は垂れています。

体型、体質

スタッフォードシャーブルテリアの平均体高はオスで36~41cm、メスで36~41cm、平均体重はオスで13~17kg、11~15kgです。

見た目のサイズに反して卓越した力を持っていますので、散歩の際などには注意が必要です。

毛色、被毛、抜け毛

スタッフォードシャーブルテリアの毛色はレッド(明るい茶色)、フォーン(淡い褐色)、ホワイト、ブラック、ブルー(青みがかった灰色)、ブリンドル(黒と他色の混合)で、ホワイトと他の色のバイカラーの子もいます。ブラック&タンやレバーの子もいますが、犬種の公認カラーとしては認められていないそうです。

短毛種でシングルコートですので抜け毛も少なくケアは楽ですが、寒さ対策はしっかりと行ってあげる必要があります。

寿命、かかりやすい病気

スタッフォードシャーブルテリアの寿命は12~14歳程度で、罹患しやすい病気としては白内障や耳疥癬、股関節形成不全などがあげられます。

白内障は水晶体が白く濁る病気で、先天性のものと加齢によるものとがあり、重症になると失明する場合があります。

耳疥癬はいわゆる耳ダニが寄生して起こる病気で、かゆみと匂いが発生します。

股関節形成不全は股関節の発育がうまくいかず、成長するにつれ股関節が変形し炎症が起こる病気で、生後4ヶ月~1歳ほどで発症します。成長期には注意してあげてください。

スタッフォードシャーブルテリアの性格

スタッフォードシャーブルテリア

スタッフォードシャーブルテリアの性格の傾向を見ていきましょう。

明るく人懐っこく無邪気

スタッフォードシャーブルテリアの性格は明るく人懐っこく無邪気な子が多く、頭もよく子供と一緒に遊ぶのも大好きです。陽気で従順で家族が大好きですので、子守犬と呼ばれるほど温和な性格をしているコが多いようです。

勇敢で恐れ知らずな一面も

スタッフォードシャーブルテリアは、家庭犬として洗練された現在においても勇敢で恐れ知らずな面を残していると言われています。売られた喧嘩は買うタイプですので、幼少期のしつけをしっかりと行うと共に、他の犬と遊ぶときには様子を見ながら注意するようにしましょうね。

スタッフォードシャーブルテリアの育て方

スタッフォードシャーブルテリア

スタッフォードシャーブルテリアを飼育する場合、環境や運動量、しつけ、ケアの方法などを学んでおく必要があります。

環境

スタッフォードシャーブルテリアは飼い主や家族が大好きな犬種ですので、室内で飼育するようにしましょう。フローリングは滑りやすく足腰に負担がかかるため、絨毯やマットなどを敷いてあげるようにしてください。

運動

スタッフォードシャーブルテリアは1日2回30分以上の散歩が必要となります。体力があり動くのが好きですので、長めの散歩も取り入れてあげてください。早足で歩くなど工夫をすると満足してくれやすくなります。

夏場は熱中症に注意し、散歩時間には気を配るようにしてください。ドッグランなどでノーリードで遊ばせるのも有りですが、他の犬と喧嘩にならないよう細心の注意を払うようにしましょう。

しつけ

スタッフォードシャーブルテリアは温和な性格をしていますが、力強く勇敢な性格をしていますので、しつけは十分にしておく必要があります。上下関係を築き、完全に制御できるようにしておきましょう。

また、繊細な面もあり、強く叱るとフリーズして動けなくなるため、叱りすぎず、できることを最大限に褒めて伸ばしていくしつけ方法がおすすめです。

他の犬とのトラブルを防ぐためにも社交性や社会性は身につけておく必要があります。

ケア

スタッフォードシャーブルテリアは比較的被毛のケアは簡単です。定期的なブラッシングをマッサージを兼ねて行ってあげるようにしてください。シングルコートで換毛期がありませんので換毛期のケアもいりません。

シワの多い犬種ですのでシワに汚れがたまらないようこまめに拭ってあげる事が大切です。汚れがひどい場合は濡れたタオルで拭ってあげると取りやすくなります。

シャンプーは月1程度で、お風呂嫌いでなければ自宅でも簡単に行う事ができます。

爪切りは散歩時に自重で削れる場合は不要となりますが、そうでないなら定期的に行うようにしてください。

スタッフォードシャーブルテリアと過ごす幸せな時間

スタッフォードシャーブルテリア

スタッフォードシャーブルテリアは性格は温厚で子守犬としても知られていますが、勇敢で恐れ知らずな面もあります。中型犬ですが、力も強くパワフルですので、愛情たっぷりにしつけを行ない、頼もしいパートナーに育ててあげてください。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

アニマルサイエンス学科の学生が考える!「犬の靴」の本当の魅力とは

犬に豚肉を食べさせても大丈夫?与える際の注意点と調理法をご紹介

犬に豚肉を食べさせても大丈夫?与える際の注意点と調理法をご紹介
アニマルサイエンス学科の学生が考える!「犬の靴」の本当の魅力とは