magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 歩く姿がチャーミング!ミニチュアダックスフンドの基本情報まとめ

2019.07.09

読みもの        

犬と過ごす幸せな時間

歩く姿がチャーミング!ミニチュアダックスフンドの基本情報まとめ

ミニチュアダックスフンドは胴長で短めの足が魅力的な人気の高い犬種で、毛質や毛色などのバリエーションも豊富です。ここでは、既にミニチュアダックスフンドと暮らしている方や、これから犬との暮らしを考えている方向けに、犬種の性格の傾向や体格・被毛、寿命やかかりやすい病気などの基本的な情報を解説します。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

最初に知っておきたいミニチュアダックスフンドのこと

ミニチュアダックスフンド

胴長で短めの足がチャーミングなミニチュアダックスフンドですが、その体型が原因でヘルニアなどの病気の罹患率が高い傾向にあります。元気で長生きしてもらうためにも犬種について、歴史や特徴などから学び、飼育環境を整えてあげるようにしましょう。

ミニチュアダックスフンドの歴史

ミニチュアダックスフンドは、アナグマの狩猟犬として誕生したダックスフントを小型化した犬種です。ダックスフンドにはスタンダードとミニチュアとカニーヘンの3タイプがあり、ミニチュアはダックスの中でも最も日本での飼育数が多いタイプです。

ダックスという名前はドイツ語で「アナグマ犬」という意味を持つことから付けられており、ダッケルやテッケルとも呼ばれていました。

誕生したのは中世の時代と言われており、巣穴のいるアナグマを嗅覚で発見し狩りを行う狩猟犬として誕生したのが始まりと言われています。

巣穴での狩りだけでなく、地上での狩りも得意で、当時は負傷した獲物の捜索や追跡などの役割も担っていました。

ミニチュアダックスフンドの特徴

ミニチュアダックスフンドの特徴は胴長で足が短めのかわいらしい外貌です。胸の部分が地面につきそうな足の長さで、胴が体高より高いのが特徴です。
小型犬ですが、実は筋肉質で引き締まったボディをしています。

体型、体質

ミニチュアダックスフンドは胸囲が30~35cm・体重が7~8kg程度が標準とされており、スタンダード(胸囲35cm以上)、カニーヘン(胸囲30cm以下)の中間のサイズの犬種です。

毛色、被毛、抜け毛

ミニチュアダックスフンドの毛質・毛色は、種類が大変豊富です。

【毛質】
3タイプあり、どのタイプもダブルコートです。
・スムースヘアード
・ワイアーヘアード
・ロングヘアード

【毛色】
単色
・レッド
・レディッシュイエロー
・イエロー など

バイカラー(2色)
・ブラック&タン(ブラックにタンの斑が見られる)
・ブラウン&イエロー(ブラウン(チョコレート)にイエローの班が見られる)など

混色
・ダップル(大理石模様)
・ブリンドル(ブラックとブラウンが混ざったカラー)
・タイガーブリンドル(ブリンドルのブラウンの被毛が縦に見えるタイプ)など

ワイアーヘアードに関してはワイルドボアや枯葉色の単色も公認されています。 ダブルコートですので換毛期には抜け毛のケアが欠かせません。

寿命、かかりやすい病気

ミニチュアダックスフンドの寿命は12歳~16歳ほどと言われています。

かかりやすい病気としては、椎間板ヘルニアやナルコレプシー、糖尿病、結石などがあります。椎間板ヘルニアは椎間板の中心にあるゼリー状の髄核が漏出する現象で、発症すると痛みから動かなくなったり、後脚がふらついたり麻痺したり、前脚だけの歩行になるなどの症状があらわれます。重症になると治療しても麻痺が残る可能性がありますので、早期発見・早期治療が大切です。

ミニチュアダックスフンドの性格

ミニチュアダックスフンド

ミニチュアダックスフンドの性格の傾向を見ていきましょう。個体差もありますので、育成していく中でそのコの性格を理解していきましょう。

人懐っこくて元気いっぱい

ミニチュアダックスフンドは人懐っこく元気いっぱいなコが多いと言われています。狩猟犬のため勇敢でスタミナも抜群です。飼い主の気持ちを察する感覚が鋭いためコンパニオンアニマルとしても人気があります。

陽気でいたずら好きな一面も

陽気でいたずらが好きな一面もあり、犬世界の楽天家とも言われています。一方で、初対面の人や犬には吠えたり攻撃的になる場合もあるためちょっぴり注意が必要です。

ミニチュアダックスフンドの育て方

ミニチュアダックスフンド

ミニチュアダックスフンドを育てる場合、飼育環境や運動量、しつけ、ケアの仕方などを学ぶ必要があります。

環境

ミニチュアダックスフンドは胴が長く足が短めの体型のため、腰に負担がかかりやすい傾向にあります。ヘルニアなどの病気を防ぐためにも、段差の解消や負担の少ない床材への変更など対処してあげてください。ソファーの段差に、段差を少なくする階段を設置したり、フローリングはマットやカーペットを敷くことをおすすめです。
また肥満も腰への負担がかかるため食事量にも気を配ってください。

運動

ミニチュアダックスフンドは活発で遊び好きなので、運動量も他の小型犬に比べ多めです。1日2回1時間程度の散歩とハンティングを真似したボール投げなどの遊びを行うのがおすすめです。

ただ過度な運動は腰に負担となりヘルニアの危険がありますので、愛犬の適切な運動量を見極めてください。

しつけ

ミニチュアダックスフンドは賢く、順応性が高いためしつけは行ないやすいと言われています。一方で、狩猟犬として自立した活動を行なっていたため、甘やかしすぎると主従関係が崩れ扱いが難しくなります。頑固な一面もありますが、信頼関係を得てそのコにあったしつけの方法を探してみてください。

ケア

ミニチュアダックスフンドのケアとしては、ブラッシングやシャンプー、耳掃除、歯磨き、爪切りなどがあります。

ブラッシングではスリッカーブラシやコームなどを活用し抜け毛やフケ、汚れなどを除去します。汚れがひどい部分には温かい濡れタオルなどで拭ってあげるのがおすすめです。

シャンプーは汚れがひどくない限り月に1、2回程度の頻度で行います。ご自宅でもできますが、ペットサロンで行うほうがストレスが少なく済みます。

ミニチュアダックスは垂れ耳ですので通気性が悪く、汚れなどがたまりやすくなります。イヤーローションなどを活用し耳を清潔に保つようにしてください。

また、歯磨きは毎日行うようにしてください。部位を分割し、3日で一通り磨けるようにすると、嫌がる場合でも短時間で済ませることができます。

大型犬などは散歩時に自重で爪が削れる場合もありますが、小型犬などはこまめにカットしてあげる必要があります。爪にも血管が通っているため注意してカットしましょう。ご家庭で不安がある場合は、動物病院やペットサロンなどでも爪切りをしてもらうことが可能です。

ミニチュアダックスフンドと過ごす幸せな時間

ミニチュアダックスフンド

ミニチュアダックスフンドは可愛く種類も豊富なため大変人気の高い犬種です。その体型からヘルニアなどに罹患しやすいため、環境を整えて、病気を未然に予防してあげることが大切です。しつけや暮らしの環境を整えることで、パートナーである愛犬に寄り添った生活を送るようにしましょう。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

知りたい情報を検索!