magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. ペットシッターの仕事は大変?1日の流れや必要資格について

2019.06.15

読みもの        

犬に関するお仕事を知ろう!

ペットシッターの仕事は大変?1日の流れや必要資格について

「ペットシッターという仕事に興味がある。」とはいえ、具体的な仕事内容や仕事に就くためにどうすれば良いかが分からないという方も多いと思います。そこで今日の記事では、ペットシッターという職業に就いてみたいけど、でもちょっと不安・・・という方のお悩みを解決していきます。簡単に読める内容になっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

#job

Author :docdog編集部

世話だけじゃない、ペットシッターの仕事内容とは

ペットシッターとは、簡単に言うと飼い主が留守にしている間に、代わりにペット・犬の世話をする仕事です。ペットホテルと違い、シッターが直接お家に訪問するので、ペットがストレスを感じなくて済むのが良い所。

具体的には、ごはんやお水の交換、トイレの掃除、散歩などを行います。その他にも、事前に飼い主さんとの打ち合わせや、終わった後の報告書の作成、場合によっては愛犬の様子の写真をメール送信したり、投薬などを任されることも。

また、歯磨きやトリミング、しつけなどもできると、仕事の幅が広がります。きちんとした会社であれば、ペットシッター用の保険も入れますので、万が一のときも安心です。

ペットシッターの大変なこと・やりがいはどんな所?

動物が好きな人にとってペットと関われるのは魅力的ですが、仕事は大変なのでしょうか?経験者の話を聞いてみると「1日に何軒か飼い主さんのお宅に伺うので、移動が大変。」「依頼を受けたお宅に行くので、風邪など体調管理に気をつかう。」とのこと。やはり「犬がカワイイ!」という気持ちだけでは必ずしも務まらない仕事のようです。

それでも、もちろんその先にやりがいがあります。ペットに懐いてもらい、飼い主さんとの信頼関係もできて感謝していただけるようになると、きっと幸せを感じれるはずです。時にはペットの排泄物の掃除など、きれいなことばかりではない仕事ですが、本当に動物が好きだと思えるなら、お客さんにも喜んでもらえる素敵な仕事ができるでしょう。

ペットシッターになるために必要な知識・経験・資格は?

それでは、ペットシッターになるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。ペットシッターには、国家資格のような公的資格は特にありません。そのため無資格でも仕事はできますが、民間資格を取得しておくと良いでしょう。

ペットシッター士、ドッグシッターという資格を保有しておくと知識も身につき、飼い主さんの信頼も得やすくなります。どちらも通信講座でも取得できるので、手軽に良い経験ができるでしょう。

また、ペットシッターとして独立開業して仕事をしたい場合は、3つの要件が必要になるので、説明します。

1 実務経験がある。
開業する、第一種動物取扱業の種別と同じ種別での半年以上の実務経験。

2 教育機関を卒業している。
営む第一種動物取扱業の種別に関する知識・技術について1年以上教育する学校法人や教育機関を卒業している。

3 資格を保有している。
第一種動物取扱業の種別に関する知識・技術を習得している証明を得ている。(ペットシッター士など)

ペットシッターの仕事をしてみよう

犬を可愛いと思うだけでは、少し足りないかもしれません。
「動物のために基本的な看護方法や幅広い知識・スキルを身につける意欲のある人」、「ペットだけでなく飼い主さんにも喜んでもらうために、コミュニケーションやサービスを積極的に行える方」は特にペットシッターという仕事に向いている可能性があります。また、今後は仕事の仕方も大きく変わり、副業としてペットシッターに携わる方も増えるかもしれません。どういった形でペットと関わるにせよ、ぜひ愛情をもって仕事に取り組んでください。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。