magazine

犬の生態 / 気持ち

2019.10.02

犬が鼻を鳴らすのはなぜ?甘える感情表現と呼吸器の病気を見極めよう

犬が鼻を鳴らすときは、感情表現のケースと呼吸器などの病気のケースがあります。今回は犬が鼻を鳴らす理由や対処法をピックアップしていきます。

#Healthcare

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬が鼻を鳴らす理由

犬 鼻 鳴らす

犬が鼻を鳴らすのは、いろいろな理由があります。また、犬種によっても異なります。

・鳴らし方によって感情をアピールしたり、コミュニケーションをとろうとしている
・呼吸器などの病気の可能性

鼻を鳴らす理由は主にこの2点です。 フンっと短い溜息のように鳴らすときは、吠えるのを我慢して気を引こうとしているものです。 フ―っと長い溜息のようなときは、諦めや我慢、疲労と言われていますが、満足してリラックスしているときも ため息をつくことがあります。 これらはボディランゲージの一種で、言葉を話せない犬が体を使ってメッセージを伝え、カーミングシグナルとも呼ばれています。

犬がピーピーと鼻を鳴らすのは?

鼻をピーピーと鳴らすのは、聞き覚えのある飼い主さんとぴんと来ない飼い主さんに分かれるかもしれません。 この行動は、犬が甘えているとき、寂しがっているときにするとされています。

特に、構ってくれない、飼い主さんと離れることができない分離不安症のためこのように鼻を鳴らしてアピールします。 可愛く感じることもあるかもしれませんが、しつけのためにもピーピーと鼻を鳴らしても構わないことも大切です。 分離不安症は、お留守番ができなくなる、問題行動を起こすなど犬にも飼い主さんにも負担がかかる状況となってしまいます。 早めにしつけを見直してみましょう。解決できない場合はドッグスクールに通うなど、プロの手を借りることもおすすめです。

犬が鼻を鳴らすのは甘え?

犬 鼻 鳴らす

犬が鼻を鳴らすのは、甘えたい、構ってほしいというシグナルのことが多くあります。 しかし、体の不調を訴えるときもよく似た鼻の鳴らし方をします。ピーピーと鳴らしたりクーンクーンと鳴らす場合です。 普段そのような行動をしない場合は、体の不調や痛みがあるかもしれません。

犬の鼻ならし改善のコツはあるの?

犬が鼻を鳴らすのは、感情表現であることが多くあります。しかし、呼吸器などの病気のサインの可能性もあるので慎重に様子を見てください。息が苦しそう、ブフブフと豚のような泣き方をするなど気になる様子があれば動物病院を受診しましょう。症状により対処法が異なるので必ず獣医さんの指示に従ってください。甘えてピーピーと鳴らすなど健康に問題がない場合は主従関係を構築するトレーニングやお留守番ができるようになるトレーニングにチャレンジしてみましょう。

短頭種は鼻が鳴りやすい

犬 鼻 鳴らす

体の構造上、鼻が鳴りやすい犬種がいます。甘えているのではなく、呼吸器、気道に狭い状態にあるため、呼吸が荒かったり、鼻を鳴らしたりすることがあります。

「短頭種」と呼ばれるブルドッグやパグ、ボストンテリアなどは、よく観察が必要です。短頭種の犬がかかりやすい呼吸器トラブルをピックアップしていきます。

短頭種気道症候群

短頭種気道症候群の特徴として鼻をグーグー鳴らすという症状が挙げられます。他にも息が荒くなる、ハアハアと舌を出すようなことも。いびきなどもあり、肥満が重なるとよりひどくなる傾向があります。犬はハアハアと呼吸するパンティングによって体温を発散しますが、うまく呼吸ができないと熱を発散できずに高体温になってしまう危険性もあるので、注意が必要です。

鼻腔狭窄(びくうきょうさく)

生まれつき鼻の穴が狭い、先天性の病気です。感染症やアレルギーなどで症状が悪化することもあるので、グーグーと鳴らす以外にも、激しくブヒブヒとした呼吸をしたり、鼻水を良く飛ばすなどの症状があれば、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

犬が鼻をなすときはよく観察してみましょう

犬 鼻 鳴らす

犬が鼻を鳴らすときは、カーミングシグナルと呼ばれる感情表現のケースが多くあります。しかし、鼻息が激しくなったり、様子がおかしいときは必ず獣医さんに相談してみましょう。早めに解決できれば愛犬も安心して過ごすことができます。どんなふうに鼻を鳴らすか、どんな時に鼻を鳴らすかなど、日頃の様子をよく観察してみてくださいね。

  • 公開日:

    2019.06.27

  • 更新日:

    2019.10.02

この記事をシェアする