magazine

犬の生態 / 気持ち

2019.10.02

犬があくびをする理由はなに?眠たいだけじゃない!あくびの秘密

犬があくびをしている姿は可愛らしいものですが、実はこのあくびはただ眠くて出ているのではないことをご存知ですか?
犬があくびをする時にはいくつかの原因や理由があり、病気の可能性が隠されている場合もあります。そこで、犬があくびをする理由と適切な対処法や注意点などを紹介します。

#Healthcare

Author :docdog編集部

この記事をシェアする

犬があくびをする理由

犬 あくび

犬があくびをする理由はいくつかありますので、代表的なものを3つ紹介します。

緊張をしている時

犬は緊張感を覚えると、それを和らげようとして自然とあくびをしてしまいます。
例えば、見知らぬ人に触られた時や、飼い主さんにイタズラがばれて叱られそうな時など、犬は急激に緊張をして体が強張ります。強張った筋肉を和らげるために、自らあくびをして力を抜き緊張をほぐそうとしているのです。

強いストレスを感じた時

犬は強いストレスを感じた時にもあくびをします。これは意識的に出しているのではなく、何か嫌なことが起こった時などに自然と出てしまうようです。
先に紹介した緊張している時に出るあくびと、よく似ている現象となります。

飼い主さんのあくびを真似している

犬は飼い主さんの行動をいつもよく見ています。そのため、飼い主さんがあくびをすると、つい自分も同じようにあくびをしてしまうことがあります。
特に飼い主さんに対して信頼感を強く持っている犬ほど、飼い主さんのあくびにつられやすいとされています。

犬があくびをした時の対策

犬 あくび

初めて行った場所やあまりよく知らない人が周囲に居る時などに、犬があくびを連発している様子でしたら犬は相当緊張をしている証拠です。
そんな時には優しく声をかけ、その場から離れることのできる状況であれば静かな場所へ移動して、気分転換になるように飼い主さんとの時間を作ってあげてください。
トレーニングの最中などにあくびをする場合には、決してトレーニングに飽きてだらけている訳ではなく、集中力が既に切れてストレスを感じている証拠です。
犬の集中力は長くても10~15分程度しか持ちませんので、長時間のトレーニングはストレスが溜まるだけで逆効果になってしまいます。
トレーニングを行う時には短時間で済ませ、同じことを何度か繰り返すほうが効果的な方法となります。

犬があくびをした時の注意点

犬 あくび

犬は緊張やストレスを感じた時だけでなく、体調不良が原因であくびをすることもあります。
・普段と同じ生活をしているのに、あくびをやたらに頻発する
・あくびをした後に、顎をガクガクさせている
・舌の色がいつもと違う(白っぽい⇒貧血の疑い、紫っぽい⇒低酸素状態のチアノーゼの疑い)
・あくびの後に口臭がする
上記のような様子が見られましたら、体調不良や既に病気を発症している可能性が疑われます。なるべく早めに動物病院にて診察を受けるのがおすすめです。
基本的に犬のあくびは、私たち人間のあくびとは少し性質が違います。あまりにもあくびの回数が多い時には、いつもと何か違った様子がないかをよく確認してあげてください。

犬のあくびはカーミングシグナル

犬 あくび

犬のあくびの回数がいつもより多い時には、体調不良という場合もあるのですが、何かを伝えようとする合図の「カーミングシグナル」であることが多いとされています。
自分は今「緊張をしています・ストレスを感じています」ということを飼い主さんに伝えるために、あくびという動作をしているのです。飼い主さんは、犬が置かれている状況によって、それがどんな合図であるのかを読み取って、可能であれば改善をしてあげてください。
もちろん病気のサインの可能性もありますが、その場合のあくびはストレスを感じている時に出すあくびとは少し様子が違うはずです。ただそれは、毎日一緒に生活をしている飼い主さんにしか分からない変化である可能性が非常に高いです。
愛犬の出すサインにどんな意味が込められているのか、気付いてあげるようにしましょう。

  • 公開日:

    2019.06.21

  • 更新日:

    2019.10.02

この記事をシェアする