magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 犬用ケージとサークルはどう選べばいい?おすすめ商品も紹介!
グッズ

2019.06.06

犬用ケージとサークルはどう選べばいい?おすすめ商品も紹介!

犬には室内飼育でも「家」が必要です。ケージもしくはサークルは犬が安心して休むことができ、リラックスできる場所です。災害時はケージに入れておかないと避難所に入れないこともあると聞きます。ケージには慣れておく必要はありますが、家庭ではケージとサークルどちらが良いのか迷いますよね。ここではケージとサークルの違い、選び方、おすすめブランドについてお話しします。

#Goods

Author :docdog編集部

ケージとサークルの違い

犬を飼育するときに選ぶのが犬の家ですが、ケージとサークル、様々なタイプのものがあり、どれがいいのかわからず悩むことはありませんか?1つ1つが大きく、費用もかかるため、良いものを選びたいですよね。ここではケージとサークルの違いについてお話しします。

ケージタイプの特徴・ケージがおすすめの場合

ケージタイプは箱のように天井から床まで覆われているのが特徴です。全面が覆われているため、脱走することもできませんが、上からものが落ちてきてもケージが屋根になってくれます。犬が寝転がるほどのスペースしかないため、食器などを長時間置いておくのは不向きです。短時間のお留守番時にケージを使用することをオススメします。

サークルタイプの特徴・サークルがおすすめの場合

サークルタイプはお手入れがしやすく、開放感があることが特徴です。トイレを設置するスペースがあるサークルもあり長時間のお散歩時に最適です。中には大きすぎて落ち着くことができない犬もいるため、犬の性格に合わせて変えるといいでしょう。

選び方

ケージやサークルはデザインや機能性も様々です。色んなものがあるため悩んでしまいますが、ここでは絶対押さえておきたい3つのポイントについてお話しします。

愛犬の大きさに合わせて

一番大事なのが、愛犬の大きさに合わせて選ぶことです。大きすぎても小さすぎても犬にとっては良くありません。犬が無理なく座り、伏せなどができる大きさ、中でぐるりと一周回れるぐらいの余裕が必要です。寝るだけであればそのスペースのみで十分ですが、留守番が長くトイレもサークル内で済ませてしまう場合は寝床の他にトイレ場所をとれるように大きめのものを選びましょう。飼い主の生活スタイルや犬の性格、用途なども踏まえて選びましょう。
サークルの場合は、柵の高さには注意が必要です。柵が低すぎると飛び越えてしまいます。犬の体高の2~3倍の高さがあるものを選びましょう。

素材

ケージもしくはサークルを選ぶときは素材も重要です。木製、金網製、アルミ製があり、多くのものが金網製です。木製はしっかりとした構造で、大きさによっては重く移動させるのが大変ということもありますが、強い衝撃を加えても壊れにくいのが特徴です。しかし、木なので、噛み癖のある犬には不向きで、水などにも弱い傾向があります。
金網製は丈夫で、比較的軽いため移動させやすいのが特徴で、全犬種におすすめです。あまり強い力を加えると曲がってしまうこともあるため注意しましょう。 アルミ製は室外に設置するためのもので、かなり丈夫で長持ちするのが特徴です。大型犬に壊される心配もありません。しかし、重く大きいため、簡単に移動などができないのが難点です。

掃除のしやすさ

犬は清潔な環境を好みます。そのため、ケージもしくはサークルを選ぶときは掃除のしやすさもポイントの一つです。毎日は難しくても2-3日に1度はサークル内を綺麗にしてあげましょう。そのため、トレイの取り外しの仕方や、設置の仕方など、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。一人で取り外しができるものやケージ・サークル自体が軽いもの、できれば実際に持って確かめてみると良いかもしれませんね。

おすすめブランド3選

犬用のクレートやケージはたくさんの種類が販売されています。その中でもここではオススメのブランド3選について調べてみました。

リッチェル

リッチェルは様々なサークル・ケージを販売しています。一般的な木製ケージ、掃除が簡単なスイングアップフルオープンケージ、コンパクトケージ、たためる3WAYペットケージなどがあります。木製、金網製、ポリエチレン製などがありますが、どれも掃除が、しやすいように工夫されています。サークルは別売で屋根面も販売しています。飼い主の便利さを追求し、なおかつデザインにもこだわりを持って作られています。値段は10,000-60,000円前後です。値段は変動することがありますので、詳しくはホームページを確認しましょう。

Wan cage

Wan cage(ワンケージ)は天然木を使用したおしゃれなサークルです。天然木タモ材を使用しているためきれいな木目がポイントの一つです。リビングにも馴染むデザインで、天井がないため開放的に過ごすことができます。出入りはスライド式で場所をとりません。サイズはM(約W800×D600×H600)、L(約W1050×D790×H720)、LL(約W1350×D1080×H720)があり、値段は税込29,800-43,800円です。値段は変動することがありますので、詳しくはホームページを確認しましょう。

Add Mate

Add Mateは金網製のサークルです。屋根も付いていますが、脱着式です。出入り口はスライド式のものもあるので、居住スペースに応じて選ぶことができます。サークルによって2つのスペースに分ける仕切りドアが付いているサークルもあり、トイレを設置することもできます。トイレトレーニングにも最適で、セカンドドアが付いているのでお掃除も簡単です。値段は20,000-30,000円前後です。値段は変動することがあるので詳しくはホームページを確認しましょう。

愛犬にぴったりの居場所を選んで生活環境を整えよう!

ここではケージとサークルの違い、選び方、おすすめブランドについてお話ししました。犬にとってケージはリラックスでき、安心して休める場所です。ケージ・サークルで休むことはしつけの一環でもあり、動物病院に連れていくときや災害時などに役立ちます。愛犬のためのものなので、飼い主の生活スタイル、犬の体や性格に合ったものを選びましょうね。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

知りたい情報を検索!