magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. トイマンチェスターテリアの気になる性格・カラダの特徴・寿命とは?

2019.06.27

読みもの        

犬と過ごす幸せな時間

トイマンチェスターテリアの気になる性格・カラダの特徴・寿命とは?

トイマンチェスターテリアはイギリス原産の小型犬で、古い歴史を持っています。さらに、作業犬としての特徴をたくさん受け継ぐ独特な犬種です。ここではトイマンチェスターテリアの特徴や性格、飼い方など、飼い主が知っておくべきことを紹介していきます。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

最初に知っておきたいトイマンチェスターテリアのこと

トイマンチェスターテリア

トイマンチェスターテリアはイギリス原産の小型犬です。トイマンチェスターテリアはマンチェスターテリアの小さなタイプであり、多くのケネルクラブでは同犬種として登録されています。過去にはネズミを狩るための獣猟犬として使われていましたが、現在は主にコンパニオンドッグとして多くの人に飼われています。トイマンチェスターテリアは気質が安定しており、初心者にも飼いやすく、数多くの愛好家がいます。

トイマンチェスターテリアの歴史

トイマンチェスターテリアはマンチェスターテリアから派生した犬種です。マンチェスターテリアよりも小さくて素早い作業犬を作り出すのを目的に、特に小さな個体だけを繁殖するようになったのがこの犬種が生まれたきっかけです。ヴィクトリア朝の時代には女性の愛玩犬として、さらに小型化されました。しかし、小型化するプロセスで健康状態の悪い犬種になってしまい、一時期は絶滅危惧犬種になったほどです。しかし、現在では健康状態が改善されています。

トイマンチェスターテリアの特徴

トイマンチェスターテリアは現在では愛玩犬としてたくさんの人に愛されています。しかし、もとは作業犬として作り出されたため、その特徴が今でも体型に残されています。トイマンチェスターテリアは俊敏な動きができる体格をしており、筋肉質です。

体型、体質

トイマンチェスターテリアは非常にバランスのとれた体つきの小型犬です。筋肉は引き締まり、無駄な皮膚などはありません。また、すっきりとしたラインで、非常にエレガントな容貌です。小型犬でありながらも力強く、俊敏で、作業に適した体格をしています。トイマンチェスターテリアの目はアーモンド型で、小さいです。耳は自然と立耳で、マンチェスターテリアとは異なり断耳されることはありません。

毛色、被毛

トイマンチェスターテリアの被毛は短く、密集し、光沢があります。しかし柔らかくはありません。トイマンチェスターテリアの毛色はブラックアンドタンです。ブラックは真っ黒であり、タンは濃いマホガニー色です。トイマンチェスターテリアの色は互いに混ざることが好まれておらず、通常は色の境界がはっきりとしています。トイマンチェスターテリアは口の周り、目の上、胸、脚などにタンのマーキングあり、そのほかの部分はブラックです。

寿命、かかりやすい病気

トイマンチェスターテリアの寿命は15~17年とされています。白内障や緑内障などの目の病気になりやすいので注意が必要です。また、肘関節が緩い個体も多く、繁殖に使う個体は健康検査や遺伝子検査をするように勧められています。さらに、トイマンチェスターテリアは歯の病気になりやすいので、日頃からしっかりとデンタルケアをする必要があります。

トイマンチェスターテリアの性格

トイマンチェスターテリア

トイマンチェスターテリアはテリア種特有の気強さがあります。何事にも積極的に取り組みますが、攻撃的な犬種ではありません。トイマンチェスターテリアは鋭い観察力と洞察力を持ち、非常に賢い犬種です。自分で考えることが好きなため、判断力が非常に高い特徴があります。

優しくて温厚な性格

トイマンチェスターテリアはとてもフレンドリなー気質をしていることで知られています。犬に対してだけではなく、子供にも優しく接することができ、家庭犬にも向いています。また、家族との様々な遊びにも楽しんで参加することができ、温厚な性格をしています。

甘えん坊で寂しがりやな一面も

トイマンチェスターテリアは飼い主にとても執着し、人との接触を好む傾向があります。そのため、飼い主と寄り添うのが大好きで、常に飼い主のそばにいたがる犬種で。その反面、寂しがりやな性格なので、しっかりとトイマンチェシターテリアと過ごす時間を確保することはとても大切です。

トイマンチェスターテリアの育て方

トイマンチェスターテリア

トイマンチェスターテリアは性格も安定しており、短毛な小型犬であるため、とてもローメンテナンスです。そのため、トイマンチェスターテリアを育てるのは難しくありません。しかし、トイマンチェスターテリアと飼い主が共に最高の生活が送られるようにするには、適切な環境や運動を知っておく必要があります。

環境

トイマンチェスターテリアの大きな魅力はどのような環境でも飼育が可能だということです。トイマンチェスターテリアは飼育するのに広い場所を必要としません。そのため、マンションなどで飼育することが可能です。しかし、トイマンチェスターテリアは寒さに弱いので、冬の間はきちんと暖かい環境を整える必要があります。

運動

トイマンチェスターテリアはたくさんの運動を必要としません。毎日の散歩は必要ですが、短い散歩で十分です。しかし、運動が苦手というわけではなく、トイマンチェスターテリアとアウトドアなどの活動を楽しむことも可能です。トイマンチェスターテリアとアジリティやドッグダンスなどのドッグスポーツを楽しんでいる飼い主もたくさんいます。

しつけ

トイマンチェスターテリアは他犬種と同様に子犬の頃に社会性訓練をしておく必要があります。社会性訓練をきちんと受けていない子犬は成犬になると、臆病にあったり、攻撃的になったりする可能性もあります。また、トイマンチェスターテリアはよく吠える犬種なので、子犬の頃からきちんと無駄吠え対策のしつけをしておく必要があります。

ケア

トイマンチェスターテリアは短毛であるため、毛をブラッシングする必要はありません。定期的に軽く洗うだけで、毛は美しく保つことができ、とてもローメンテナンスな犬種です。爪のケアは2週間に1度の頻度で行う必要があります。爪が伸びすぎると関節に負担がかかってしまう恐れがあるので、爪を短く保つのは非常に大切です。

トイマンチェスターテリアは歯の病気になりやすいので、日頃から口のケアを心がける必要があります。子犬の頃から歯磨きに慣らしておくだけではなく、口内のチェックを定期的に行うことも大切です。

トイマンチェスターテリアと過ごす幸せな時間

トイマンチェスターテリア

トイマンチェスターテリアはとてもユニークな犬種です。初心者にも飼いやすく、家庭犬としても向いています。どのような生活にも対応し、様々な活動にも積極的に参加するのが最大の魅力です。しかし、きちんとトイマンチェスターテリアの特徴や性格を理解した上で飼育をしなければ、トイマンチェスターテリアの素晴らしさを最大限に伸ばすことができません。トイマンチェスターテリアと幸せな時間が過ごせるように、飼う前には必ず犬種について深く調べ、適切な環境を整えるようにしてください。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

ボルゾイを様々な角度から検証!犬種の特徴は歴史を紐解くことから

犬が鼻を鳴らすのはなぜ?甘える感情表現と呼吸器の病気を見極めよう

犬が鼻を鳴らすのはなぜ?甘える感情表現と呼吸器の病気を見極めよう
ボルゾイを様々な角度から検証!犬種の特徴は歴史を紐解くことから