magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. フラットコーテッドレトリバーを愛情いっぱいに育てる方法

2019.05.27

読みもの        

犬と過ごす幸せな時間

フラットコーテッドレトリバーを愛情いっぱいに育てる方法

泳ぐことが大好きなフラットコーテッドレトリバーは、フレンドリーで元気溢れる犬種です。ただし、飼うためには知っておくべきこともたくさんあります。ここでは、フラットコーテッドレトリバーを愛情いっぱいに育てる方法・暮らすためのコツを紹介していきます。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

最初に知っておきたいフラットコーテッドレトリバーのこと

絶滅の危機を乗り越え、今では世界中で愛されているフラットコーテッドレトリバーは、イギリスが原産の愛称「フラッティ」と呼ばれる元気溢れる犬種です。 ここでは、最初に知っておきたいフラットコーテッドレトリバーの歴史や特徴を紹介していきます。

フラットコーテッドレトリバーの歴史

フラットコーテッドレトリバーが初めてドッグショーに出たのは、1860年代イギリスの展示会だったと言われています。 その後、徐々に犬種としての評価が高くなることで、本格的な繁殖が始まるようになりますが、ラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバーの人気により、第二次世界大戦頃になると絶滅の危機を迎えます。 一度は絶滅が危ぶまれましたが、戦後再びフラットコーテッドレトリバーの人気が高まり、絶滅の危機を乗り越え現在の姿へとなったのです。

フラットコーテッドレトリバーの特徴

見た目がゴールデンレトリバーに似ているフラットコーテッドレトリバーですが、一体どんな特徴があるのでしょうか?

体型、体質

フラットコーテッドレトリバーの標準体形は以下の通りです。

オス 体高:59~61.5cm 体重:27~36kg
メス 体高:56.5~59cm 体重:25~32kg

フラットコーテッドレトリバーは、見た目が似ているゴールデンレトリバーに比べると体高が少し低めです。また、他のレトリバー種と比べても胸幅や腰幅がないのですが、筋肉質な体型をしているので、体つきが大きく見られがちです。

毛色、被毛、抜け毛

フラットコーテッドレトリバーの毛色はブラックが一般的ですが、レバー(チョコ)の毛色のコもいます。
密集した被毛は少し長めで四肢と尾に豊かな飾り毛を持ちます。また犬種名にもある通り、被毛はフラットコーテッド(長めのストレート・直毛)ですが、わずかにウェーブがかかったコもいます。換毛期には抜け毛が目立ちますが、基本的に直毛なので、被毛の手入れはし易い傾向にあります。毎日は必要ありませんが、豊かな被毛の維持のために週に1回はブラッシングをしてあげましょう。

寿命、かかりやすい病気

フラットコーテッドレトリバーの平均寿命は8~10歳位で、一般的な大型犬の寿命と比べると少し短めです。ただし、個体差もあるので、たっぷりの愛情とストレスの少ない生活を送り健康寿命を延ばしてあげましょう。

フラットコーテッドレトリバーには、大きく分けて2つの病気にかかりやすい傾向があります。
1つ目は、股関節形成不全です。最近では、慎重な繁殖の効果もあり減少傾向にはありますが、それでもレトリバー種であるフラットコーテッドレトリバーに多発しやすい傾向があります。股関節形成不全は、症状が出ない場合もあるのですが、症状が出ると歩行困難になることもあります。そのため、子犬のうちからよく運動をし筋肉をつけることが大切です。
2つ目は、悪性腫瘍です。シニア期を迎えると、発症率が高まり年齢によっては手術が行えない場合があります。そのため、身体の異変を感じたら手術ができる年齢のうちに対処することが延命に鍵になります。

フラットコーテッドレトリバーの性格

泳ぐことが大好きで家族に従順なフラットコーテッドレトリバーは、理想的な家庭犬として家族のムードメーカーとなる心優しい犬種です。

活発で友好的な性格

フラットコーテッドレトリバーは学習能力が高いため、しつけやトレーニングがしやすい犬種です。ただし、活発な一面を持つため子犬期はやんちゃです。早いうちからしっかりとしつけをして、社会性を身につけましょう。

優しくて自信にも満ち溢れている

褒められることが大好きなので、しつけが成功したらたくさん褒めてあげましょう。そうすることで、家族との絆が深まり、より充実した日々を送ることができます。また、知能が高いので家族の気持ちを察する能力も持っています。フラットコーテッドレトリバーは、家族に寄り添い気持ちを共有することができる優しい心の持ち主なのです。

フラットコーテッドレトリバーの育て方

人が大好きでフレンドリーなコーテッドレトリバーは、陽気て明るく楽天的な性格です。そんな彼らと一緒に過ごすためにはどんな育て方をすれば良いのでしょうか?

環境

フラットコーテッドレトリバーは、大型犬です。 フラットコーテッドレトリバーのように、家族に従順な犬であれば、室内飼育でも十分可能ですが、どちらかと言えば、広い空間で飼育してあげた方が、ストレスが溜まらず快適に過ごすことができるでしょう。 また、大型犬は力が強いため、女性1人や高齢の方が飼うことはあまりおすすめできません。ただし、子供には優しく接することができるので、家族の一員として飼える環境であることが望ましいです。

運動

レトリバー種の中でも、ひときわ鳥猟犬として活躍していたフラットコーテッドレトリバーは、運動することが大好きです。そのため、1日2回各60分ほどの散歩を毎日行ってあげましょう。とくに、室内飼育がほとんどの場合は毎日のお散歩が必須です。 また、時にはドッグランなどで思いっきり遊ばせてあげるとストレス発散にもなり効果的です。

しつけ

しつけは、生後3ヵ月を過ぎる頃から開始しましょう。 学習能力が高いのでしつけには困りませんが、陽気で明るい性格のため興奮しやすいです。そのため、日頃から落ち着かせる習慣をつけ気持ちをコントロールできるようにしましょう。 また、大型犬は力が強いので、飼い主さんが必ずリーダーにならないと、力で負けてしまい主従関係が逆転してしまいます。 学習能力が高いからと言って油断せず、しつけは徹底的に行いましょう。

ケア

毎日のブラッシングが必要な犬種ではないので、お手入れに関してはそう難しくはないでしょう。 月に一度のシャンプーと、週に1回のブラッシングをしてあげて、皮膚と被毛の健康維持をしてあげましょう。

フラットコーテッドレトリバーと過ごす幸せな時間

いかがでしたでしょうか? 陽気で明るく、ちょっと楽天的な性格のフラットコーテッドレトリバーは、大切な家族の一員として寄り添ってくれる心優しい犬種です。

ペットショップであまり見かけることがないため、飼う際はブリーダーさんの元で購入するのが確実かもしれません。ただし、里親募集をしていることもあるので、色々なサイトやブログを見ながらフラットコーテッドレトリバーの情報収集をしてみて下さい。最近では、里親になるという選択肢も増えてきているので、良い出会いがあるかもしれません。

犬を飼うということは、その子の最期を見届けるまで一緒にいることです。そのことを忘れずに、毎日毎日を大切に過ごしてください。そうすることで、お互いに楽しく幸せて暖かな日々を送ることができるでしょう。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

知りたい情報を検索!