magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. チベタンスパニエルの基本情報。特徴・性格・育て方のコツまで

2019.05.18

読みもの        

犬と過ごす幸せな時間

チベタンスパニエルの基本情報。特徴・性格・育て方のコツまで

ペットブームが訪れて犬を飼育している方も多く、トイ・プードルやチワワなどの人気犬種を街で見かける機会も少なくありません。犬の種類はたくさん種類がありますが、「チベタンスパニエル」という犬種を見たことはありますか?チベタンスパニエルはチベット原産の愛玩犬でパグや狆のミックスのような見かけをしています。ここではチベタンスパニエルについてご紹介します。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

最初に知っておきたいチベタンスパニエルのこと

チベタンスパニエルはあまり日本では見かけることは少なく、聞いたことがないという人も多くいるのではないでしょうか。ジャパンケネルクラブで発表している2018年度の飼育頭数は30頭で第87位でした。ここではまだ日本ではあまり知られていないチベタンスパニエルについて歴史や特徴についてご紹介します。

チベタンスパニエルの歴史

チベタンスパニエルは紀元前1100年ごろに中国の銅像にも姿が描かれている古い犬種です。チベットの寺院で飼育され、国王などの献上品として扱われることもあったようです。寺院では愛玩犬として飼育される以外にも経文の描かれたマニ車を回す仕事をしていました。1898年にヨーロッパに紹介され、王族以外にも広がるようになりました。

その後、FCI(国際蓄犬連盟)の公式犬種に登録され、日本にも広がっていきました。チベタンスパニエルという犬種名ですが、「スパニエル犬種」ではありません。
現在、ジャパンケネルクラブで発表されている飼育頭数は約30頭(第87位)ですが、2009年度は142頭(第57位)にまでにのぼりました。

チベタンスパニエルの特徴

チベタンスパニエルという犬種を知らない人はパグと狆のミックス?と思う方もいるほど、認知度の低い犬種です。しかし、フサフサの被毛にくりくりした愛らしい顔をしており、性格も人懐こく愛好家にも人気があります。ここではチベタンスパニエルの体型・体質、毛色・被毛、寿命・かかりやすい病気などについてご紹介します。

体型、体質

チベタンスパニエルの特徴はマズルが短い短頭種で、脚も短めです。尾は巻き尾なので上を向いています。体型は、体高25cm前後、体重4~7kgと体は小さめな犬です。アンダーショットという上顎より下顎が出る特徴的な噛み合わせをしており歯磨きなどの口腔内ケアが必須です。 チベタンスパニエルのメスは発情が1年に1度しかないのも特徴の一つです。

毛色、被毛

チベタンスパニエルの毛色はフォーン、レッド、セーブル、ブラック、トライカラー、ゴールドなどたくさんの色が認められています。胸、耳、尾周りの被毛が豊かでかなりフサフサしており、シルクのような触り心地です。細く豊かな被毛なため耳や脇、お尻周りに毛玉ができやすいためこまめなブラッシングが必要になります。定期的にシャンプー・カットなどケアをしてあげましょう。
チベタンスパニエルは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)があるダブルコートの犬種なので、換毛期があります。1日に数回のブラッシングが必要になります。

寿命、かかりやすい病気

チベタンスパニエルの平均寿命はだいたい12歳~15歳です。一般的な小型犬より少し短めですが、大型犬の平均寿命よりは長いです。 チベタンスパニエルのかかりやすい病気は「骨折」や「膝蓋骨脱臼」などの骨・関節疾患、短頭種によく見られる「軟口蓋過長症」、「膀胱炎」などの泌尿器疾患、「アレルギー」などです。 関節を痛めることのないように生活スペースは滑らないようにマットを敷く、生活環境はこまめに掃除をし清潔に保つなど日頃から病気にならないように心がけ、何か様子がおかしいなどの異常が見られるようであれば早めに動物病院を受診するなどの対策を取り、病気の早期発見早期治療に繋げましょう。

チベタンスパニエルの性格

とても愛らしい見た目をしているチベタンスパニエルですが、どんな性格をしているのでしょうか。ここではチベタンスパニエルの性格についてご紹介します。

飼い主に忠実で陽気な性格

チベタンスパニエルは活発で陽気、愛情深い性格をしています。飼い主に忠実なので与えた分だけ愛情を返してくれます。愛玩犬として飼育されていたため、一緒に過ごすパートナーとして最適な犬です。

警戒心が強く人見知りな一面も

陽気な性格の反面、人見知り、警戒心の強いところもあります。初めて会う人や犬には様子を見ながら触れ合いましょう。頑固な性格をしており、嫌なことをすると攻撃的になることもあるため、しつけなどのトレーニングは子犬の頃からしっかり始めましょう。

チベタンスパニエルの育て方

チベタンスパニエルは陽気で可愛らしい見た目をしていて一緒に過ごすと癒やされること間違いなしですが、実際飼育するとなるとどんな育て方をしたらいいのか、気をつけたほうがいい事はあるのかなど気になることもたくさんあるでしょう。ここでは理想的な環境、運動量、しつけ、必要なケアなどチベタンスパニエルの育て方についてご紹介します。

環境

チベタンスパニエルはダブルコートの犬種なので、生活環境は他の犬より室温は低めに設定しましょう。夏場は18~22℃程度、冬場は23~26℃程度に設定し、犬の様子を見ながら微調整を行いましょう。湿度は40~60%が理想です。 犬の体を触り、寒がるようであれば温度を上げ、口を開けて呼吸をするパンティングが見られるようであれば温度を下げます。室温は日差しの入り具合でも変わります。犬の生活スペースは直射日光が入らない場所を選びましょう。 長時間の外出時は停電など不測の事態も検討し、対策を取るようにしましょう。

運動

チベタンスパニエルは1日1~2回、20~30分程度の軽い運動で十分です。腕が湾曲していて激しい運動は関節に負担をかけますため、できるだけ避けましょう。雨など外に出られないときは室内でボール遊びおもちゃなどを利用して体を動かしてあげましょう。

しつけ

チベタンスパニエルは頑固な性格なため、しつけトレーニングはやや難しいです。しかし、人見知りや警戒心の強い面もあるためしつけを行わないと、飼い主の言うことを聞かず攻撃的になる可能性もあります。褒めるときは褒め、叱るときは叱り、メリハリをつけて我慢強くトレーニングを行いましょう。 トレーニング時間は1日10分程度で、犬の集中力が切れた様子が見られるようであればやめましょう。トレーニングは指示の出し方や褒め方などを家族間で共有し、犬が混乱しないように教えていきます。

ケア

チベタンスパニエルは「ブラッシング」や「歯磨き」などの日常的なケアが重要です。ダブルコートの犬種なので被毛の量も多く抜け毛も多いです。ブラッシングを毎日行うことで死んだ毛などが詰まることなく抜けるので毛玉にならず、被毛や皮膚のトラブルを防止することができます。3週間~1ヶ月に1度はシャンプーを行い皮膚や被毛を清潔に保ちましょう。 オーバーショットは口腔内疾患を引き起こしやすいため、歯磨きを毎日行うことで歯周病を予防できます。約7割の犬が歯周病にかかっていると言われており、放置するとどんどん進行し最終的に歯が抜け、血管内に細菌が侵入し、全身性疾患にもなる怖い病気です。歯磨きを毎日行い、動物病院で定期的に歯の状態を見てもらうことで病気の早期発見に繋げることができます。

チベタンスパニエルと過ごす幸せな時間

ここではチベタンスパニエルについてご紹介しました。チベタンスパニエルは短頭種で可愛らしい姿をしています。頑固な一面もありますが、しつけトレーニングを行うことで飼い主の言うことをしっかり聞いてくれます。ブラッシングをこまめに行なうことや、関節疾患に気をつけることもありますが、陽気なチベタンスパニエルと幸せな時間を過ごすことができますよ。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

愛犬が足を舐める。その理由と対応方法とは。

牧羊犬の歴史と魅力、人気の代表犬種や訓練方法まで紹介!

牧羊犬の歴史と魅力、人気の代表犬種や訓練方法まで紹介!
愛犬が足を舐める。その理由と対応方法とは。