magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. イングリッシュスプリンガースパニエルは育てやすい?|育て方のコツを詳しく解説

2019.05.01

読みもの        

犬と過ごす幸せな時間

イングリッシュスプリンガースパニエルは育てやすい?|育て方のコツを詳しく解説

イギリスで人気があるイングリッシュスプリンガースパニエルは、17世紀頃から鳥猟犬として能力を発揮し、現在では家庭犬としても愛されています。 そんなイングリッシュスプリンガースパニエルについて、特徴や育て方などを紹介していきます。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

最初に知っておきたいイングリッシュスプリンガースパニエルのこと

まずはイングリッシュスプリンガースパニエルの歴史や特徴について紹介します。

イングリッシュスプリンガースパニエルの歴史

イングリッシュスプリンガースパニエルの原型は、16世紀頃にイギリスの陸地で猟犬として活躍していたランドスパニエルだとされています。
そもそもの起原は14世紀頃にスペインで活躍していた猟犬であり、スパニエル犬種のなかでは最も古い歴史を持つと言われています。
スパニエル種のなかでも大型となるイングリッシュスプリンガースパニエルは、大型の獲物である鷹などに対しても臆することなく挑み、回収までを的確に行うことができたのでハンターたちからは素晴らしいパートナーとして認められていました。

19世紀には、ノーフォーク公爵というイギリスの貴族がイングリッシュスプリンガースパニエルの改良をし、19世紀後半になる頃には、イングリッシュスプリンガースパニエルはサイズを基準として大きいものがスプリンガー、小さいものがコッカーに分類されました。
20世紀になるとイギリスで正式犬種として認められ「スプリンガー・スパニエル」となり、その後にカナダやアメリカへと渡っていきました。
現在では猟犬としてだけではなく、ドッグショーやスポーツ犬としても活躍の場を広げ、多くの人から愛されています。

イングリッシュスプリンガースパニエルの特徴

イングリッシュスプリンガースパニエルの体型や被毛の特徴、かかりやすい病気などについて触れていきます。

体型、体質

イングリッシュスプリンガースパニエルは、垂れた大きな耳と長めの首にしっかりと支えられた頭が特徴で、中型犬に分類されます。

体高と体重の平均値が次のようになります。
体高:45~55㎝
体重:18~25kg

家庭犬として飼育されている場合には尻尾は長いままとなりますが、猟犬として飼育される場合には断尾されるのが一般的です。
体長が体高よりも若干長く、筋肉質な体を持ちます。歩く時には手足を伸ばす性質があり、その姿はとても優雅であると定評があります。
目はアーモンド型で、濃い目のヘーゼル色がスタンダードなので、色が飛んでいると言われる薄い目の色はあまり良くないとされています。

毛色、被毛

イングリッシュスプリンガースパニエルの認定カラーは次の3色です。
・レバー&ホワイト
・ブラック&ホワイト
・タンマーク

被毛はダブルコートで、上毛は少し長めで軽くウエーブがかかっていますが、稀にウエーブの無いストレートの被毛を持つ犬もいます。
下毛は短く密集して生えているのが特徴で、冬の寒さや森の中での木々のトゲから体を守ってくれます。

寿命、かかりやすい病気

イングリッシュスプリンガースパニエルの寿命は、約12~14年程度とされています。これは一般的な中型犬の寿命とほぼ同等です。

かかりやすい病気として一番に挙げられるのは、眼に関する病気となります。
これは遺伝的なものであり、徐々に視力が衰えていく進行性網膜剥離や、眼の腱に異常が生じて粘膜部が萎縮してしまうものが挙げられます。
いずれも定期的に健診を受けることで、早期に発見し早期に治療を開始すれば、進行をある程度抑えたり悪化することを防げたりすることもあります。

また、こちらも遺伝的なものになりますが、イングリッシュスプリンガースパニエルは数多くある犬種のなかでもレージシンドロームを発症しやすい犬種だとされています。
症状としては、ある時突然に攻撃的な行動に出るというもので、しつけ云々の問題ではどうにもならず、投薬などの治療が必要になります。

イングリッシュスプリンガースパニエルの性格

イングリッシュスプリンガースパニエルの性格である、2つの特徴を紹介します。

賢さと従順さを兼ね備える

イングリッシュスプリンガースパニエルは、明るい性格の子が多く、飼い主さんやその家族に対してとても従順に接してくれます。
また、猟犬としても活躍していただけあり、大変賢く我慢強い一面もありますので、トレーニングにはしっかりと付いてきてくれる子が多いです。
基本的には明るく温厚ではありますが、他の犬や初対面の人に対してすぐに友好的に接することができない性質も持ち合わせています。

活発で興奮しやすい一面も

イングリッシュスプリンガースパニエルは、大変活動的で好奇心も旺盛な犬種です。
子犬の頃にはやんちゃが過ぎるあまりに、いたずらに辟易してしまう飼い主さんも少なくありません。
さらに、遊びに夢中になり過ぎてしまうと、周りが見えなくなるほど興奮してしまうこともあります。飼い主さんがしっかりとコントロールできるようにしつけていくことが大切です。

イングリッシュスプリンガースパニエルの育て方

イングリッシュスプリンガースパニエルはどのように育てていくのがよいのか、飼育環境などについて紹介します。

環境

イングリッシュスプリンガースパニエルの飼育環境については、与えられた環境に対して順応していく能力がありますので、それほど神経質になる必要はありません。
活動量の多い犬種ではありますが、室内でも問題なく飼育することができます。

運動

イングリッシュスプリンガースパニエルはある程度の運動量が必要となりますので、毎日の散歩が必要となります。 1回に最低でも1時間程度の散歩を、朝晩の2回は行うようにしてください。ただしそれだけでは運動不足になってしまう恐れがありますので、時にはドッグランなどで思い切り走らせてあげることも必要です。
好奇心が強く賢い犬種でもありますので、肉体的な運動に加えて頭の運動も取り入れてあげてください。お気に入りのおもちゃなどを利用して、室内で宝探しのような遊びをするのもおすすめです。

しつけ

イングリッシュスプリンガースパニエルは、中型犬ではありますが力がかなり強い犬種で、興奮しやすい性質も持っていますので、飼い主さんがしっかりとコントロールができるようにしつけをしていく必要があります。
しつけを行う時と遊ぶ時のメリハリはきっちりと区別し、一貫した毅然とした態度にて接していくことが重要です。 イングリッシュスプリンガースパニエルは基本的に物覚えの良い犬種ですので、しつけはスムーズに進むことが多いです。

ケア

イングリッシュスプリンガースパニエルは被毛がダブルコートでウエーブがかかっていますので、抜け毛が絡まりやすくなっています。その為、ブラッシングはこまめに行うのがおすすめです。
また、垂れた長い耳の内部は風通しが悪いので、耳の中も定期的にチェックし清潔を保つようにしてあげてください。 食事の時に耳が汚れてしまう犬も多いので、耳カバーなどを活用するのもおすすめです。

イングリッシュスプリンガースパニエルと過ごす幸せな時間

イングリッシュスプリンガースパニエルの特徴や、育て方などを紹介してきました。
イングリッシュスプリンガースパニエルは大変賢く、与えられた環境にも順応しやすい性質を持ちますので、飼育しやすい犬種ではあります。
ただし、運動不足になるとそのストレスから攻撃的な面を見せることもありますので、毎日の運動はかかさず行うように心掛けてあげてください。
毅然とした態度でしつけを行うことで、飼い主さんに従順で明るい性格のイングリッシュスプリンガースパニエルは、素晴らしい家族の一員になってくれるでしょう。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

愛犬が無駄吠えする理由を知って対処しよう!成犬編と老犬編

犬のリードはなにがおすすめ?機能性・デザインに優れた商品を紹介!

犬のリードはなにがおすすめ?機能性・デザインに優れた商品を紹介!
愛犬が無駄吠えする理由を知って対処しよう!成犬編と老犬編