magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. アメリカンスタッフォードシャーテリアの基本情報|人気の秘密を探る

2019.05.11

読みもの        

犬と過ごす幸せな時間

アメリカンスタッフォードシャーテリアの基本情報|人気の秘密を探る

大柄な体形に不意に見せる甘えん坊な気質で日本でも近年人気が高まりつつある犬種がアメリカンスタッフォードシャーテリアです。闘犬種と勘違いされることもある特殊さゆえに、お互いが幸せに暮らすために家族の心構えについて考えてゆきましょう。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

最初に知っておきたいアメリカンスタッフォードシャーテリアのこと

アメリカンスタッフォードシャーテリアはアメリカ原産の大型犬の1種です。たびたび闘犬種であるアメリンピットブルと混同されがちですが、同じ祖先をもつものの別犬種として認定されています。この犬種はペットとして人間と共に過ごすことを追い求め改良されています。その結果、深い愛情を持つ賢い犬種として、世界で愛されています。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの歴史

1870年代にイギリスからの移民によってアメリカに持ち込まれたスタッフォードシャー・ブル・テリアがこの犬種の祖先と言われています。アメリカではイギリスとは顔立ちや気質に人気が高まることを受け、その後独自の交配を重ね、別犬種として輩出されています。この輩出の過程でグリズリー(大型の熊の一種)を追い詰めることや闘犬であることが強く望まれた背景があり、当初は気質が荒く、頑丈な骨格であることが追及されました。

しかしその後ヨーロッパを中心におきた動物愛護活動の影響を受け、闘犬の廃止や見直しが進み、アメリカンスタッフォードシャーテリアも徐々にペット向きな犬種としての改良が進みます。この際に一部の愛好家からは闘犬としての気質が失われることに抵抗があり、分岐した犬種がアメリカンピットブルとして輩出されています。外見、サイズ、毛色と似通った部分が多いこの2犬種ですが、その気質が大きく違う事を理解しておきましょう。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの特徴

アメリカンスタッフォードシャーテリアは家族とともにペットとして生活をすること、ドッグショーに参加することを追い求め改良されています。まだまだ日本では飼育頭数の少ない希少な犬種です。ゆえに元来の姿を受け継ぎ、良質な血統を受け継ぐ犬が多くみられます。

体型、体質

体形は最強の家庭犬と言われるほどに筋骨隆々です。
体重:18~23kg 前後
体高:43~48cm 前後
が標準的なサイズです。ラブラドールレトリバーと同等のサイズですが、筋肉が大きく発達する体形からより大柄な印象を受けます。
顔立ちの特徴があり、下顎が広く、大きく突き出しています。ゆえに噛みつく力、咥える力が他犬種に比べ格段に強いです。これは闘犬種の名残でもあります。

毛色、被毛

被毛は大変短く、密度が高い毛質です。毛色は「ブラック」「ブルー」「ブリンドル」「ブラック&ホワイト」「タン&ホワイト」は多用でそれぞれの毛色のパーティカラーも存在します。
被毛が短くお手入れは簡単で定期的なシャンプーとブラッシングで十分です。

寿命、かかりやすい病気

寿命は大型犬の平均値である10~12年前後です。
先天的に皮膚トラブルを発症しやすい傾向にあり、日ごろからケアが必要です。食物アレルギーの対策はもちろんのこと、皮膚炎や皮膚疾患は早期発見、早期治療を心掛けます。
また中高齢期には白内障を患うリスクも先天的に高い傾向があります。白内障には効果的な治療法がないので、生活環境の工夫による安全対策が必要です。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの性格

ペット用に改良されたことで、当初の犬種に比べ気質は温厚になり、攻撃性も低いとされています。しかし大型犬ゆえに活発さ、豪快さがあり、徹底したしつけは必要です。特に幼犬期は無邪気さ故のいたずらが目立ちます。外見的な印象から周囲に恐怖感を与えることも多い犬種なので、行動のコントロールは気を抜けません。

普段は大人しく忠誠心が強い

日ごろは大変温厚で忍耐強く、飼い主に忠実です。ペットとして改良される中で攻撃性も薄れています。知能が高く、しつけの覚えも早い犬種です。
しかし犬にとっては単なるじゃれ合い、遊びのつもりでも周囲や他犬からは威嚇や攻撃と受け取られてしまうこともあります。
しつけや血統、日ごろの温厚さを過信することなく、常に飼い主の管理がかかせないことを忘れてはいけません。

防衛本能が強いので他の犬とのトラブルに注意

改良される過程で攻撃性は解消されたものの、飼い主への忠誠心を強く残したために防衛本能が強く表れることがあります。
自身への攻撃には忍耐強く耐え忍ぶことが出来るものの、家族の危険を感じた瞬間に豹変する可能性があります。散歩中やドッグランなどで相手の犬から過剰な攻撃や威嚇を受けた場合、家族を守るという誤解が生じ、激しい行動を見せることがあります。
力が強く、持久力もあるのでたとえ大人の男性であっても力で制圧することは不可能です。日ごろからコントロールの方法を身に着け、安全策を講じる必要があります。

海外では似通った外見を持つアメリカンピットブルの飼育が禁止されている地域があることから、この犬種も同等に判断されることがあります。まだまだ飼育頭数が少なく、周囲の情報不足ゆえの勘違いですが、飼い主としての配慮は不可欠です。

アメリカンスタッフォードシャーテリアの育て方

大柄でたくましい外見と内面の穏やかさのギャップが魅力とされ、日本でも徐々に飼育頭数が増えています。日々の生活ではしつけを徹底し、周囲への配慮も欠かさずに過ごすことが大切です。クレートトレーニングを習得することで、来客時にも安心して過ごすことが出来るようになります。

環境

室内で飼育する場合、床材は足元が滑らない材質にすることは必須条件です。室内にはいつでも利用出来る場所にクレートを設置します。テーブルやキッチンなど大抵の場所に背丈が届くので、食べ物やゴミ箱の保管、管理には注意が必要です。子犬のうちは誤飲事故も多発しがちです。

運動

日ごろから十分な量の運動が必要です。この犬種にとっての運動とは、朝夕飼い主の歩調に合わせ、ゆっくりと散歩する程度では不十分です。出来る限りドッグランへ連れ出し、全力で疾走する、他犬と対等にじゃれ合い遊ぶ時間を設けましょう。

ただし日本では闘犬種という認識が強いことから、ドッグランへの入場が制限される場合もあります。このような場合は貸し切り可能な施設を利用する、自己施設を所有する訓練士に相談をするという方法があります。本来豊富な運動量が必要な犬種ゆえに、運動不足から問題行動につながることもあります。運動不足が気になる場合は、室内で家族相手に引っ張り合い遊びをすることでストレス解消にもつながります。

しつけ

家族に迎えたその日からしつけを開始します。大変知能が高く、飼い主に忠実な気質なので、しつけの覚えは早く、スムーズです。

しかし生後一年未満は子犬ゆえのやんちゃさが目立ち、いたずらも後を絶ちません。
しつけには闘犬種、大型犬のしつけに実績のある訓練士の協力を得ることをお勧めします。
しつけは室内での生活習慣を身に着けさせるだけでなく、屋外でのルールも念入りに行います。特に散歩中の引っ張り癖の解消や他犬との接し方は徹底して習得させる必要があります。

ケア

短毛種なのでお手入れは家庭でのシャンプーで十分です。シャンプーは月に一度が目安です。冬季や皮膚にフケや痒みがみられる時期はシャンプーの頻度を見直します。
シャンプーと合わせて爪切り、肛門腺絞り、耳掃除も欠かさずに行います。
トリミングショップの中には闘犬種の受け入れが出来ない店舗も多々あります。爪切りが難しい場合はかかりつけの動物病院に依頼をしましょう。あえてお手入れを家族以外に依頼をすることはしつけ、社会化トレーニングの観点から大変有意義です。

アメリカンスタッフォードシャーテリアと過ごす幸せな時間

外見的なイメージから何かと誤解を受けることも多い犬種です。ただこの犬種のもつ忠実さは共に過ごした誰もが魅了されるほどです。
まだまだ国内での飼育頭数が少なく、誤解を受けることも多々ありますが、基本的なしつけを徹底することで周囲に不快感を与えないよう心掛けましょう。
飼い主への愛情が深いゆえに、防衛本能が働いてしまうこともあるので、安易に他人や他犬との触れ合いを持たないよう油断は禁物です。
運動不足やストレスの解消のために、同犬種の飼い主同士の交流を積極的に持つことをおすすめします。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。