magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 白柴・あお「続々・三度目の旅」

2018.10.26

ブログ        

順風満帆?!あおとの暮らし【柴犬生活航海記 vol.26】

白柴・あお「続々・三度目の旅」

2015年・秋から「あお」と名付けた柴の仔犬と暮らし始めた「犬の新人飼育員」の「僕」と「もうひとり」。3歳となったあおを連れ、少し遅い夏休みを取り旅に出たふたりは、またもや飼育員として多くを学んだ。そんな旅の様子と、ふたりが得た教訓の数々......。今回はその最終話。

#Activity / #Lifestyle

Author :写真・文=舘川範雄 協力=(株)浅井企画

雨の軽井沢

『蓼科と軽井沢は近いでしょ。だって同じ長野県だよ』
 もうひとりの飼育員の言葉を信じた僕がいけなかった。というより地理感がなさすぎた。近くない!クルマで2時間かかる距離!

【教訓(おさらい):蓼科と軽井沢は全然近くない!】

 午後、ちょっとのんびり蓼科観光は急遽中止。午後2時過ぎ、我々は晴れている蓼科を離れ、雨がザーザー降る軽井沢に向かった。
 実は去年の夏、"あお二度目の旅"で軽井沢を訪れ、白糸の滝や鬼押出しにも足を伸ばしてみた。あおは初めての白糸の滝にはさほど興味はなく、初めての鬼押出しには、「なにここー!?岩だらけー!」と思ったかどうかはわからないがけっこうハマって楽しそうに歩いていた。

181008_02.jpg

 去年、アウトドア感のある観光地を巡る事ができたので、今年は出来たばかりの(※2017年11月オープン)レジーナリゾート旧軽井沢に泊まって、軽井沢銀座あたりを散策しながら、のんびり過ごすのもいいかも......と予約を入れた。が!雨が降った時の事を全く考えていなかった。
 レジーナ蓼科には室内ドッグランがあって助かった。しかし旧軽井沢にはない......。小さな庭(ドッグラン)付きの部屋を予約したので、どしゃ降りの時はそこでお仕事(「小」または「大」)をさせればいいか......。
 そんなことを考えていたら、あっという間に軽井沢に到着......しない。
 なぜなら、

【教訓:蓼科と軽井沢は全然近くない!】

 想定外の2時間ドライブに耐え、やっと雨の軽井沢に到着した。疲れた。

 チェックインを済ませ部屋に入ると、あおは早速、プライベートドッグラン(庭)を見つけてスタスタスタ。扉を開けてやると、ザーーーーという雨の音。あおは、雨が降っている事を確認すると、クルッと回転して部屋へ戻った......。
(うわー、こいつせっかくの庭なのに出ないよーー)
 庭には出ないが、部屋の外には出たいあお。早くも部屋で暇を持て余し始めた......。しかし僕はこの時、あおの相手をすることができなかった。

「あおを頼みます」
 もうひとりの飼育員にあおを預け、部屋を出てロビーへ向かった。
 実は、前日とは別の原稿の締切も迫っていたからである。え~?まだ仕事あったの?!
 こんな旅行、過去にない。締め切りは翌日の朝だったが、意地でも夕食前に終わらせる!とカチャカチャやって、奇跡的に1時間で書き終わった。

 朝、蓼科の宿で、散歩前にこっそり起きて書き進めておいてよかった。これでただの自由な旅行者である! メールを送って部屋に戻ると、暇すぎて床に転がるしかなかったあおが気づいて飛び起きた。

「どこ行ってたの?なにかしようよ!」

181008_03.jpg

 あおと館内散歩に出かけた。

181008_04.jpg

 初めての場所に戸惑うどころか嬉しそうに廊下を歩くあお。フロントを通り、営業時間外の誰もいないカフェ・バーゾーンを探索。

181008_05.jpg

 雨の中、ドッグランに出ていた飼い主さんと愛犬が入ってきた。あおはガウることなく「こちらにお泊りですか?雨ですね~」のノリで挨拶。

181008_06.jpg

 館内散策中、「さすが犬と泊まれるホテル!」と思ったのは、犬の背丈に合わせた犬用のかわいい表示。こういうセンス、好きです。

181008_07.jpg
181008_08.jpg

 そんな発見もあった館内散策は数分で終了。
 行くところなし。
 やることもなし。
 あおもわかっているらしく諦めて寝始めた。
 一緒にトランプでもできたら......。
"おもちゃ"持ってくればよかった。それまでの旅は、必ず2、3個、おもちゃを鞄に詰めていたのだが、一度も遊んだことがなかったので今回は持っていくのをやめたのだ......。

【教訓:旅先におもちゃ......やっぱりいるかも】

 夜7時。待ち遠しかった夕食の時間!レストランへ向かった。
 我々は和食、あおには「信州牛角切り" ワンバーグ "と鶏胸肉のそぼろ」
(Sサイズ60g/90kcal:¥700)
 一年に一度の贅沢、その3食目。 美味しそうに平らげた。
(野菜も食べた!)

181008_09.jpg
181008_10.jpg

 食後。またもやすることがない。
 歯磨きでもするか......持ってきた歯ブラシと歯みがきジェルを出し、もうひとりの飼育員が磨く。暇つぶしにすることが歯磨きしかない、危機的状況......。

 夜中の1時過ぎ、あおのトイレに付き合ってちょっとだけ外にでた。
 宿の駐車場の隅に、ほんの少しの草むらを見つけて「小」を済ませると「はい、帰ろう!」と、迷うことなく部屋にまっしぐら。そのまま朝まで熟睡。明日は晴れてほしいな......。我々も寝た。

 翌朝。まだ降ってはいたが霧雨レベル。あおにお願いだから一回ぐらいは庭に出てくれと懇願してプライベートドッグランを歩いてもらった。
(すぐ部屋に戻られたが......)

181008_11.jpg

 その後、朝食。

長野県産鶏ササミ(Sサイズ・60g/75kcal ¥650)

181008_12.jpg

 食後、天気予報をチェックすると、雨は昼前にあがりそう。
 チェックアウト後我々が向かったのは、去年訪れ、あおがその広い芝生ゾーンに魅せられた「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」

 もし雨が降ってきても、屋根のある広い施設内を歩けば気分も晴れるはず。
 ペット入店可の店は、キャリーバッグ、抱きかかえ、ドッグバギーが必要という店が多く、去年は抱きかかえ入店で大変だったが、今回は強い味方、ドッグバギーもある!【vol.7参照】宿からクルマで数分。あおと一緒にショッピングモール散歩を開始した。

181008_13.jpg
181008_14.jpg

 しばらくすると予報通り、雨があがった。
 昨日の夕方から運動していないあおはウズウズしているはず。あおを芝生に誘った。
「あお、走っていいよ!」
 あおは、駆け出した!

181008_15.jpg
181008_16.jpg
181008_17.jpg

飼育員もその都度ダッシュ!

181008_18.jpg

 走る!走る!でも走っているのはあおと僕だけ。
 やっぱりあおは芝生を走ることが何より大好きなのだと再確認した。

およそ10分後。満足柴犬と疲労人間

181008_19.jpg

【教訓:犬と一緒に本気で走ると太ももにくる】

 再び施設内をぶらぶら。あおは去年も入った「ドッグデプト+カフェ」を見つけ、店内を見つめる。カフェ入りたいのアピールだ。僕らも休憩、あおにも(途中1回、水筒の水を飲ませたが)水を飲ませよう。初日の教訓を活かさねば。

 セルフサービスのわんちゃん用の水を差し出すと「いらない!」。
それより店員さんにかまってもらいたくて仕方ないらしい。

181008_20.jpg

(さっき飲んだからいらないのかな?)飲みたくないものを無理に飲ませることはできない。さほど気にせずにいた......。

 

 なんだかんだであっという間に午後2時半。少し遅めの昼食をとることにした。今日こそ行こう!と、犬同伴OKの蕎麦屋さんを調べると、ショッピングプラザから歩いて行ける距離に美味しそうなお店を見つけた。
 クルマを置いて我々は徒歩で店へと向かった。数分歩くと道沿いに蕎麦屋さんが見えてきた。

「信州そば処 きりさと」
 テラス席、ペット連れOK。

181008_21.jpg

 僕は鴨せいろ、もうひとりの飼育員は天ざるそばを注文した。
(あおにはレジーナリゾートの部屋に用意されていたオヤツ)

 念願の信州そばを、ついに口にすることができた!美味しかった!

181008_22.jpg

帰り際、お店の人にかまってもらってあお大喜び

181008_23.jpg

 雨があがり、あおはたっぷり走り、我々は蕎麦を食べられた。満足!そろそろ帰路につこう......。クルマに戻ろうとすると、あおはショッピングモールの方へスタスタスタ。え~?また芝生走るの?すごい勢いで歩くあおについていく。
 そのうち、(もしかしてあおが向かっているのは、芝生ではなく、さっき入ったドッグデプト?!)と思い始めた。あり得る......。右に曲がり、芝生を横目にスタスタスタ。その先には、見えてきた!ドッグデプト!そこまでカフェ好きか?!と呆れながら、店の前まで付き合った。じっと店内を見ているあお。

「あお、さっき入ったからね」
 あおは見つめ続けている。
「あお、入らないから」
 まだ見つめている。時々こちらを見上げて入ろうと誘う。
「入らないって」
 まだじっとしている。また店員さんにかまってもらいたいのか? それともカフェでまったりしたいのか?
「ショップの方を見ていく?」
 もうひとりの飼育員の提案で、カフェの横のショップへ。

 しかしあおはカフェから動かず、なにやら見上げている。
「なに?あお」
 最初はメニューを見上げているのだと思った。
「さっき紅茶飲んだから、もう飲まないよ」
 そう言ってもまだ見上げている。あおの視線の先にあるのは、セルフサービスのウォーターサーバー。
「まさか......?」
 あおは間違いなく、水を見上げている。図々しいかとは思ったが、店員さんに言ってみた。
「すみません、犬のお水を頂いてもいいですか?」
 さっきお茶した者ですアピールもしつつお願いすると、OKが出た。

 まさか......でもそうかも......半信半疑であおに水を差し出すと、ゴクゴクゴク(実際の音はペチャペチャペチャ)と、水を飲み始めた!! え~喉が乾いていたからここにまっしぐらーーー?!

 公園では水道を見つけて走っていくあお。ここでは水道を探すよりも店に入った方が確実だと思ったのだろうか?それとも「さっきの美味しそうな水、飲んでおけばよかった~」と後悔したのか?!

水をゴクゴク飲むあお。かなり喉が乾いていた様子

181008_24.jpg

 またまたやってしまった。さっき飲まなかったから、喉が乾いているとは思わなかった。蕎麦屋さんでもオヤツは食べさせたが水は飲ませなかった。この日、テラス席の我々はひざ掛けを借りるぐらい少し肌寒かった。"喉が乾く"という感覚を"寒いな"が鈍らせていた。やってしまった、同じ失敗を同じ旅で2回も......。
 あお、「水飲みたい!」って言ってよ~!言えないよな~......ごめん! おでかけ時の給水タイミング、難しいが気をつけなければ。これからはひたすら小まめに水を勧めるようにする!!

【教訓:おでかけ中「水飲む?」「水飲む?」としつこく勧めるべし】

 モール内をすごい勢いで歩いていたあおに(どうせ芝生で走るっていうんだろ?)とか(またカフェ?しつこいな~)なんて思っていた自分が恥ずかしい。
 あの時のあおは、広い砂漠で必死に水源を目指すような気持ちだったのだろう......。ドッグデプトはあおにとってのオアシスだった。
 お店の方、お水ごちそう様でした。

 散々遊んで旧軽井沢でちょっとした買い物(美味しいパンなど)をして午後5時過ぎ、東京へと向かった。
 帰りの高速で、もうひとりの飼育員が景色を撮影しながらポツリと言った。
「明日から軽井沢、晴れだって。あ~あ~明日が今日だったらな~」
 ......一瞬何を言っているのかよくわからないのが彼女の表現の特徴だが、言いたいことはなんとかわかった。
 この空、昨日の今頃見たかったー!

181008_25.jpg

 旅の話、おわり。
 柴犬生活航海記、つづく。

◎プロフィール

mitsui_pr.jpg

舘川範雄 (たてかわ のりお)
1966年9月19日生まれ。1987年4月から作家活動に入る。
「コサキン」「SMAPxSMAP」「ポンキッキーズ」「スクール革命!」「THEカラオケ☆バトル」などテレビ、ラジオで多数の番組構成を担当。また関根勤主宰「カンコンキンシアター」の他、オリジナルコメディーやミュージカルの作・演出など、活動は多岐にわたる。
*本連載の1stシーズン【柴犬生活漂流記】は、こちら
*インスタグラム(ao20150721)で白柴「あお」が毎日、犬の目線で日々の出来事を投稿中! 

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。



 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

「クルマの後部座席に、フセて乗せる方法を教えてください」

ウェアラブルデバイスで愛犬の3日間の活動を計測してみた!

ウェアラブルデバイスで愛犬の3日間の活動を計測してみた!
「クルマの後部座席に、フセて乗せる方法を教えてください」