magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 愛犬のキモチに寄り添う共感デバイス「INUPATHY(イヌパシー)」先行予約発表・体験会

2018.07.18

読みもの        

心拍計測で愛犬のキモチを解析!

愛犬のキモチに寄り添う共感デバイス「INUPATHY(イヌパシー)」先行予約発表・体験会

愛犬の気持ちが知りたい!そんな飼い主の願いをかなえる新しい交流ツール「INUPATHY(イヌパシー)」ってどんなもの? 6月末の第一次発売時には3分で完売したという愛犬家注目の犬専用ウェアラブルデバイス。7月15日に始まった第二次先行予約(※先行予約早割111台分は完売)の発表・体験会に参加してきました。

#Lifestyle

Author :写真=株式会社ラングレス 文=古川あや

言葉に頼らない新しいコミュニケーションのカタチ

 イヌパシーは心拍数を計測することで、犬のキモチを解析するデバイス。その実力をPRするために、会場には4頭の犬たちが出席していました。みながお揃いのハーネスを身につけ、背中のラインが刻々と色を変えています。これが、犬の気持ちを光の色で可視化してくれるイヌパシー。電源を入れて、愛犬に装着し、アプリとテザリング(接続)すると、心拍データのパターンを解析し、光の色で愛犬の気持ち教えてくれるというものです。

イヌのキモチを可視化するイヌパシーの魅力を伝えるPRムービー

 このユニークなアプローチ法を開発した株式会社ラングレス代表取締役の山口譲二さんは、イヌパシー開発の原点となった愛犬のウェルシュ・コーギー、あかねくんと共に登場。愛犬のキモチをもっと知りたい!という、愛犬家なら誰もが持つ願いからスタートしたイヌパシーの特徴や可能性についてプレゼンテーションされました。

180707_06.jpg

開発者の山口譲二さん。犬について語り始めると止まらないほどの犬好きだ

「イヌパシーは専用のセンサーで犬の心拍数を測定し、心拍の繊細な変化から犬のキモチを解析します。HRV (Heart Rate Variability)、つまり心拍と心拍の間の微妙な変化に注目し、犬の行動観察と心拍分析をひたすら重ねました。そして、犬が嬉しい状況、集中している状況の時に現れる心拍変動パターンをみつけて、そのパターンを解析するアルゴリズムを作りました」と山口さん。

180707_02.jpg

同社代表のお二人(左が山口さん、右が山入端さん)と、体験会に参加したデモ犬たち。左端のコが、開発のきっかけとなった山口さんの愛犬あかねくん

 被毛の上からでも心拍数が測れる心拍センサーを開発したことで、日常の暮らしを送りながらの計測が可能になりました。装置の重さはなんと100g。ハーネスや洋服に慣れているコなら、装着による負担はほぼなさそうです。

 愛犬の気持ちは、ハーネスの背面に付いたライトに色として現れます。

■緑=リラックス/落ち着いている
■オレンジ=ドキドキ/興奮している
■紫=ストレス/ストレスを感じている
■白=興味/集中している
■虹色=ハッピー/喜んでいる

180707_03.jpg

 上記5色で表示され、心拍解析は高速で行われるためキモチの変化(心拍数の変化)に応じて、ライトは刻々と色を変えていきます。実際に、山口さんの足元でリラックスしていたあかねくんに、山口さんが声をかけると、背中のライトは緑(リラックスしている)から、即座に白(集中している)に!! 将来的にはもっと細かく分類していく予定とのこと。

心拍の変化には犬の素直な気持ちが現れる

 2011年に「このコ(あかね)の気持ちが知りたい思いが抑えられなくて(山口さん)」始まったイヌパシーの開発。現在までに300頭近くが体験し、飼い主が自分のことをよく理解してくれるからか、イヌパシーをつけることを喜ぶコもいるそう。

180707_04.jpg

愛犬のキモチを教えてくれるLEDライトは背中に、心拍センサーはハーネスを固定するベルト部分に設置されている!

「心拍の変化は尻尾や表情、ボディランゲージよりも素直で正直です。鳴き声などとは違って、心拍数は常にデータを取れるので解析精度も高くなります」と山口さん。

 愛犬の気持ちは、行動や表情からある程度は推察できますが、それをより確実に、よりスピーディに行うのがイヌパシー。長年連れ添ってきた愛犬との間でも新たな発見があるとの声が寄せられているそうです。

180707_07.jpg

 また将来的には、犬自身がネットショップなどで欲しいおやつを選んで注文する、家畜や実験動物などの精神的負担を軽減するなど、さまざまなシーンに生かしていけるそうで、言葉を介さない新しいコミュニケーションのポテンシャルの高さも示されました。

 専用アプリをスマートフォンにインストールすれば、追加機能として履歴記録や個性分析も可能。心拍数を記録することで健康管理にも生かせます。バッテリーは医療用と同規格の充電式リチウム電池。本体ハーネスに防水機能はありませんが、多少の雨なら使用可能だそう。

180707_05.jpg

アプリを使うから可能性は大きく広がる。その時々の愛犬のキモチにぴったりの遊び方を提案する機能も追加していく予定だ

 胸囲27cm~110cm(体重約2kg~70kg)に対応。7月15日11時から予約開始した、111個(ワン・ワン・ワン)の早割分はすでに完売しているが、2018年12月上旬~2019年1月上旬発送の通常価格(33,000円)分はまだ申し込み可能となっています(2018年7月18日現在)。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。



 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

老犬との暮らしで知っておきたい、夏を上手に乗り切る方法

白柴・あおに用意したモノ

白柴・あおに用意したモノ
老犬との暮らしで知っておきたい、夏を上手に乗り切る方法