magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. あおのプレッシャー ~また別の話~

2018.02.16

ブログ        

コントみたいな犬との暮らし【柴犬生活漂流記 vol.16】

あおのプレッシャー ~また別の話~

2015年・秋。「あお」と名付けた柴の仔犬を迎え入れ、生まれて初めて「犬の飼育員」となった「僕」と「もうひとり」。『目は口ほどに物を言う』を地で行くあお、その黒い瞳から発せられる強いチカラに押され気味の飼育員にまたもやトラブル発生......。

#Activity / #Lifestyle

Author :写真・文=舘川範雄 協力=(株)浅井企画

せっかち犬・あお

 散歩に出るようになると、こちらが支度を始めた途端、しっぽを振って「早く!早く!」とせかしてくるようになった「あお」。

 そのちょこまかとした「せかし」がくると、ついつい猛スピードで準備をしてしまうのだが、そういう時に限って、アレどこだ?アレ持つの忘れた!と、うっかりミスが多発して反対に時間がかかったりする。

「あおごめん、忘れた。ちょっと待ってて」

 謝罪の言葉には耳を貸さず、あおはなかなか出発しない僕に「おっせーな~」という空気を出してくる。それを感じてさらにワタワタしてしまう自分を、もうひとりの自分が、「なんて小者なんだ......」と呆れる。

 その日も、長めの留守番に飽き飽きしていたあおが、仕事から帰ったばかりの僕を「散歩!早く行こうよ!」とせかすので、わかったわかった!わかったよ!と、ものすごく焦りながら荷物をそのへんに置き、大急ぎで散歩用の服を着て出かけた。

 次の日の朝。その日は犬の幼稚園「ドギーステップ」に登園する日。いつも出かけることを察したあおに「早くして!早く!」とせかされているので、この日は手際よくトレーナー・川野輪さんとの連絡ノートに最近のあおの様子を書き込み、トレーニングで使うオヤツと昼用フードを専用の小さなトートバッグに入れて準備完了! 「じゃあ行こうか!」という僕の声にあおは笑顔、玄関に向かった。しかし、いざ出かける時になってなにかを忘れていることに気が付いた。

「あ、財布忘れた、あおちょっと待ってて」

 あおに断りを入れ、部屋に戻る。いつも置いてある場所には......ない。

 カバンの中か?探してみる......ない。

 まさか仕事場に忘れてきた?いや、昨日帰る時に駐車料金払った、その時に財布は持っていた。じゃあクルマの中?車内置き忘れは今までも何度かあった。多分そうだ、クルマの中だ!置き忘れた記憶はないが、持って帰った記憶もない。つまり記憶が全然ないので、確かめるほかない。

「ごめん、あお、ちょっと待ってて、探してくる!」

 せっかちなあおにまたも断りを入れ(どこまでも威厳なし)、駐車場へ向かった。(どうしよう、なかったら)。クルマのドアを開けて、車内をのぞき、茶色の財布を探す。
(駐車料金出した後、いつも助手席に置いちゃうんだよな~)

 ......ない。
(知らないうちに、シートの下に落ちちゃったかな~)

 ......ない!
(後部座席だ)ない。(運転席の下?)ない。

 ない!ない!ない!どこを探しても、ない!!

 ゾワゾワしてきた。「ないよないよないよ」と、独り言を言いながら部屋に戻ると、あおが「もう行ける?!」と、シッポを振って近寄ってきた。

「違うよ、あお。財布がないんだよ!」 

 カバンをひっくり返す......ない!
昨日履いていたズボンの全ポケット......ない!!
そもそも家の中に財布を持ってきていたのかさえ、記憶が全くない。

 覚えているのは、仕事帰りの僕を休ませてくれることなく、「早く散歩に連れていって!」とあおにせかされていたことだけ。

(どこだどこだどこだーーー)
血相を変えて家中を行ったり来たりする僕の後を、あおが心配そうにトコトコついてくる。

(あああ......財布なくした......。銀行のカードもクレジットカードも免許証も、大事な物が全部入っているのにーーー。もし、落としていたら......どうしようーーー)
黒いキャップを目深に被った誰かが、キャッシュカードを、クレジットカードを悪用している姿が浮かぶ!

 まずい!カードは止めた方がいいよな、でも、止めたら番号も変わるし、もし出てきたら?!だけど誰かに使われたら!?どうする?どうする?

 無駄な葛藤で時間を食う。

 仕方ない!とりあえずクレジットカードは止めてもらおう!

「あおごめん、ちょっと待ってて!」

 またまたあおに断りを入れ(ほぼ、クセ)、カード会社に電話をして手続きをしてもらう。

 あとは銀行のカードと免許証......。(もしかしたら出てくるかもしれない)と、ひとまず連絡するのはやめた。

 最初は心配そうに近寄ってきていたあおも、なんだかんだで2時間待たされ、さすがにキレ始めた。床の上に置かれていた、散歩用ペットボトル装着ノズルは破壊、さらに新聞紙、マンガ雑誌などを噛みまくり。その間も僕は家中を探しまわり、もう一度クルマに戻って車内を探したり。

 ふと見ると、さっきまで「早くしてよ」オーラを漂わせていたあおは、いつの間にか絶望的な顔でふせながら「あなた、ホントに使えないわね」という目で僕をじっと見ていた。

(こんな感じ)

180212_02.jpg

 ああ、カードを止めてしまった......そして財布は一体どこに......。もう一度、いつも財布を置きっぱなしにしてしまう場所を探す。が、ない。やっぱり落としたんだ、カードが誰かに使われる前に止められてよかった......でも、免許や銀行のカードはどうしよう。あきらめたくない!探そう!どこだ!どこなんだー。

 とにかくあちこち、家の中、駐車場、クルマの中、また家の中、またクルマの中、そして家の中と、冬なのに冷や汗をかきながら2時間、探しに探した。

「なんだよ~、どこだよ~」デカい独り言を言いながらふと見た先に、見覚えのある四角い茶色の物体が!

「あった~~~~~~!!」

 壁際に置いてあるタワータイプのCDラック。長い間我が家にあるので、もはや壁の一部のような存在。しかもここに今まで一度も物を置いたことがない!

 家に溶け込んじゃっている完全なる死角......ああ完全なる灯台下暗し......。

(※再現。こんなふうに置いてありました......。黄色に茶色がなんとく同化していて、さらに風景に溶け込んでいた)

180212_03.jpg

 昨日の記憶を呼び戻す。

 帰るなり「おかえり!じゃ、散歩いこうよ!」と、足元にからみついてくるあおの姿。

「わかったわかった、待って待って!」慌ててカバンをそのへんに置いて、ズボンのポケットから財布を出して、いつもの場所に一旦置こうと思ったが、あおの"せかし"に負けて、とりあえずここに置いて......と、その先の記憶がない。もう意識は財布の置き場所よりも、あおとの散歩の準備に取り掛かることだった......のだろうか?自分に聞いちゃう。

 あおにせかされた後の記憶がない。ダサい!

「なんだよ~あったよ~カード止めなきゃよかったよ~」

 ホッとしつつ、後悔しつつ、急いであおを教室に送り届けた。なんと1時間も遅刻!

「遅くなりましたーっ!」

 遅れた理由はもちろん、川野輪さん(※あおのドッグトレーナー)には言わなかった。いや、言えなかったが正しい。

 我々は川野輪さんに言われていた。

「信頼できる存在として、あおちゃんを安心させてください」

 あおさん、あの時はお待たせした上に不安にさせてしまい失礼致しました。以後、気をつけます。

1時間の遅刻を責められることなく、教室で楽しく過ごしたあお
(※ドギーステップ・ホームページその日のブログより)

180212_04.jpg
180212_05.jpg
180212_06.jpg
180212_07.jpg
180212_08.jpg

(つづく)

◎プロフィール

mitsui_pr.jpg

舘川範雄 (たてかわ のりお)
1966年9月19日生まれ。1987年4月から作家活動に入る。
「コサキン」「SMAPxSMAP」「ポンキッキーズ」「スクール革命!」などテレビ、ラジオで多数の番組構成を担当。また関根勤主宰「カンコンキンシアター」の他、オリジナルコメディーやミュージカルの作・演出など、活動は多岐にわたる。
インスタグラム(ao20150721)で白柴「あお」が毎日、犬の目線で日々の出来事を投稿中! 

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。



 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

知っているとストレスが溜まらない飼い主の常識・非常識

梅が香り、河津桜が開花。犬散歩で小さい春、み〜つけた♪

梅が香り、河津桜が開花。犬散歩で小さい春、み〜つけた♪
知っているとストレスが溜まらない飼い主の常識・非常識