lab

  1. HOME
  2. docdog lab.
  3. ホームドクターとの連携が「健康寿命」のカギ

2017.12.27

愛犬の健康寿命を延ばすには?<後編>

ホームドクターとの連携が「健康寿命」のカギ

小林豊和 グラース動物病院院長/帝京科学大学生命環境学部 准教授

起き上がりや食事、排泄などのときに介助を必要としない期間を示す、"健康寿命"。愛犬の健康寿命を延ばすためには、かかりつけの動物病院など、専門家の力をうまく借りることも大切です。健康寿命を延ばすためにできることを、前編に引き続き、グラース動物病院の院長であり、帝京科学大学生命環境学部准教授でもある小林豊和先生に聞きました。

写真=大浦真吾 文=山賀沙耶

#食事

言葉を話せない犬だからこそ、健康診断は重要

 病気の早期発見・早期治療のきっかけとして欠かせないのが、定期的な健康診断。2013年のアニコム損害保険の調査によると、健康診断でペットに異常が見つかったことがあると答えた人の割合は37%と、3分の1以上にものぼる。にもかかわらず、自身の動物病院で臨床も行う小林豊和先生の実感としては、定期的に愛犬に健康診断を受けさせている飼い主は決して多くないという。

「犬の生命速度を考えると、1年に1回の健康診断は、人間に当てはめれば4年に1回と同じ。10歳以上になったら、1年に2回は健康診断を受けることが理想です。もちろん、予防接種などで来院されたときに全身の触診や聴診はしますが、肝臓や腎臓など特に生活習慣病にかかわるような異常は、血液検査をして数値を見たりしないとわからないことがほとんどです。
 人間は自覚症状で病院に行くことができますが、動物の場合はまわりの人が気づいた時点でしか診察に来ません。それでは手遅れということも多いのです」

171219_02.jpg

 例えば、毎年狂犬病ワクチンを接種するタイミングでついでに健康診断を受けるなど、年間スケジュールに組み込んでしまえば、忘れずに受けることができる。ほとんどの病院では、血液検査やレントゲンなどの一通りの検査ができる設備を備えており、必要な検査がセットになった健康診断キャンペーンを行う病院もある。事前に健康診断を受けたい旨を伝えて、便や尿の採取や食事の制限など、必要な準備の指示を仰いでから、病院を訪れよう。

病院は愛犬の健康増進のためのパートナー

 愛犬に健康でいてほしいのは山々だけれど、健康診断で異常が見つかると、むやみに薬を出されたり、医療費がかさんだりするのが心配という人もいるだろう。
「今、人間の医療でも、国や自治体など行政が予防医療に力を入れています。それは、病気の予防や早期発見・治療に力を入れることによって、医療費が削減できるからです。また、早いうちから投薬を開始したり、食事を改善したりすることで、寿命が延びることもわかってきています。
 それは犬の場合も同じはず。愛犬の健康寿命を延ばし、医療費を抑えたいと思うならなおさら、健康診断を受けておいたほうがいいと思いますよ」

 人間にしろ動物にしろ、病院=対症療法を受ける場所というイメージを抱きがちだ。ところが本来病院は、例えば健康診断を定期的に受けて、食事や運動など日常生活に関する健康指導をしてもらうなど、健康増進の手助けをしてくれる機関でもある。
 実際に異常が見つかったとしても、例えば「薬を控えめにして生活習慣で改善したい」など飼い主側の意思も伝えながら、治療の進め方を相談してみよう。
 日ごろから病院と密接にコミュニケーションを取ることで、愛犬の健康のためにできることの選択肢も広がるはずだ。

171219_03.jpg

遺伝性疾患撲滅や抗酸化力も健康寿命につながる

 犬の健康寿命を延ばすために、今後どんなところに改善の余地があるのかも聞いてみた。

「少し大きな話になりますが、遺伝性疾患を減らすことも、犬の健康寿命を延ばすうえで大切です。例えば大型犬種でいうと、遺伝的な要因のある股関節形成不全が原因で、立ち上がりや歩行が困難になるケースが多く見られます。これを減らすだけでも、大型犬種の健康寿命はかなり延びるでしょうね」

 また、人間の健康の話でよく聞く「抗酸化力」に関する研究も、今後進めていきたいと小林先生。人間の場合、活性酸素が老化の原因の一つであることが明らかになっている。この活性酸素を減らす抗酸化力の高い食品、例えば発酵食品やわさび、お茶、トマト、ワインなどを、犬の食事にもうまく取り入れることで、老化を遅らせられる可能性があるそうだ。

171219_04.jpg

 まだまだ研究が始まったばかりの分野である、動物の"健康寿命"。愛犬の健康は飼い主次第であるだけに、私たち飼い主もその新たな研究成果に注目していきたいものだ。

■関連記事
>>愛犬の健康寿命を延ばすには?<前編> 長生きよりも「健康寿命」を意識しよう




 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

犬の店頭販売禁止がついに決まった!

犬が自由に歩き回る国、ネパールに行ってきました!

犬が自由に歩き回る国、ネパールに行ってきました!
犬の店頭販売禁止がついに決まった!