magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 犬種の特徴に合わせてトータルコーディネートを楽しもう!

2017.11.28

グッズ        

犬好きスタイリストが教える、靴・靴下選びのコツ<後編>

犬種の特徴に合わせてトータルコーディネートを楽しもう!

犬種や毛色に合った靴・靴下の選び方を解説する本企画。後編ではビーチ、雪遊び、カフェ、散歩の4シーンでのスタイリング例を示しつつ、犬種や毛色に合ったデザイン・カラーの選び方、他の小物との組み合わせ方などを紹介します。今回も、自身も柴犬と暮らす愛犬家であるスタイリストのあすかさんに聞きました!

#Activity / #Lifestyle

Author :写真=大浦真吾 文=山賀沙耶 スタイリング=あすか イラスト=花島ゆき

ビーチスタイル@フレブル

 筋肉質なルックスのフレンチ・ブルドッグには、スポーティなデザインもよく似合う。靴と他の小物を、赤やオレンジ、黄色などの暖色系で統一して、まとまりを出しているところもポイント!

◎着用靴
グリップトレックス(レッドカラント)
アウトドア靴も手がけるソール専門メーカー、ビブラム社の高性能ソールを使用し、岩場や山道などハードな環境でも使える耐久性を備えている。

雪の日スタイル@ミニシュナ

171119_03.jpg

 アッパーの一部にグレーの生地が使われており、ミニチュア・シュナウザーのモノトーンの毛色とコーディネートしやすい。シュナウザーやエアデール・テリア、ドーベルマン、サイトハウンド系など首の長い犬種には、マフラーも似合うのでオススメ!

◎着用靴
ポーラートレックス(フォレストグリーン)
足首を覆うソフトシェル付きで、アッパーには耐熱性撥水加工がされているため、寒い日に雪道を歩くのにピッタリ。ソール専門メーカー、ビブラム社のアウトソールが、雪道でも抜群のグリップ力を発揮する。

カフェスタイル@パピヨン

171119_04.jpg

 パピヨンのツインテールを思わせる耳の飾り毛からイメージして、アメリカのスクールガール風のスタイルに。ビビッドカラーのこの靴下だけを履くとどうしても靴下が浮いて見えてしまうが、今回のようにアメリカントラッド風にまとめたり、アメカジテイストのTシャツと合わせたりすることで、統一感を出せる。

◎着用靴下
パワーパウズ(ハート)
フローリング等での滑り防止や寒さ対策、足先の保護などに使える靴下。個性豊かな5種類のデザインから選べるのも嬉しい。

街中の散歩スタイル@黄ラブ

 靴のシャープなデザインに合わせて、他の小物もモノトーンを中心にそろえ、クールなシティボーイ風に。犬のアイテムはついカラフルなものを選んでしまいがちだが、シックな装いに仕上げることで、逆に目立つ存在になる。

◎着用靴
アーバンウォーカー(ブラック)
全体的に柔らかい素材で設計されており、履き口が大きく開いて履かせやすいなど、初めて靴を履くコにもオススメ。元ナイキのデザイナーが手がけたクールなデザインも魅力。

◎プロフィール

171118_06.jpg

あすかさん

アウトドアやフィットネスなどに関する雑誌やウェブサイトなどで活躍中の、ファッションスタイリスト。文化服飾学院卒業。愛犬は柴犬の麟太郎。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。

トレーニングでまず学ぶべきは、飼い主

愛犬の毛色に似合う靴・靴下の選び方を知ろう!

愛犬の毛色に似合う靴・靴下の選び方を知ろう!
トレーニングでまず学ぶべきは、飼い主