magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 愛犬の毛色に似合う靴・靴下の選び方を知ろう!

2017.11.27

グッズ        

犬好きスタイリストが教える、靴・靴下選びのコツ<前編>

愛犬の毛色に似合う靴・靴下の選び方を知ろう!

靴や靴下を選ぶときにポイントになるのが、機能性に加えて、デザインやカラー。ついつい飼い主の好みだけで選んでしまいがちですが、愛犬の犬種や毛色に合わせて選ぶことができれば、靴・靴下を履かせる飼い主の気分も上がるはず。そこで、自身も柴犬と暮らす愛犬家であるスタイリストのあすかさんに、犬種や毛色に合う靴・靴下の選び方や、他の小物との組み合わせ方を聞きました! シーン別のスタイリング例とともに解説します。

#Activity / #Lifestyle

Author :写真=大浦真吾 文=山賀沙耶 スタイリング=あすか イラスト=花島ゆき

雨の日スタイル@ミニシュナ

171118_02.jpg

 毛色がモノトーンであるミニチュア・シュナウザーには、原色のはっきりとした色が似合う。雨の日は飼い主も愛犬も気が滅入りがちだが、ビビッドなカラーの靴で気分を上げると同時に、足の濡れや汚れも防げば一石二鳥!

◎着用靴
おさんぽソックス(イエロー)
伸縮性の高いゴムのようなスチレン素材で、足にぴったりフィットし、脱げにくい。愛犬の体形やバランスによって、上端を折り返して履かせることもできる。

トレッキングスタイル@黄ラブ

 イエローのラブラドール・レトリーバーのような薄茶色の毛色には、暖色系の色が似合う。靴と、サドルバッグなど小物の色を合わせるのは、誰でもすぐに真似できるコーディネートの小技の一つ。

◎着用靴
マッドモンスターズ(オレンジ)
タウンからアウトドアまで幅広いシーンで活躍する一足。面ファスナー付きの長めのストラップでらせん状に巻き上げるようにして固定するため、激しい動きでも脱げにくい。

キャンプスタイル@パピヨン

171118_04.jpg

 女のコらしく、アクセントになりつつも変に目立ちすぎないパステルグリーンがキュート。緑色は茶色との相性がよく、テントまわりでのリラックスした雰囲気にもマッチする。

◎着用靴下
スポーツパウクス(ミントヘザー)
足先の全面に施された滑り止めのシリコン加工は、耐久性に優れており、室内だけでなく屋外でも利用できる。8色展開とカラーバリエーションが多いのも嬉しい。

寒い日のくつろぎスタイル@フレブル

171118_05.jpg

 キャラクターの際立つフレンチ・ブルドッグは、ボーダーなどのはっきりとした柄物が似合う。特にパイド(白をベースに、黒や茶が部分的に入った毛色)のコには、トリコロール(青白赤)の配色がピッタリ!

◎着用靴下
スキッター(サニーレッド)
docdogが獣医師と作ったオリジナルの靴下。足の甲側と裏側の両方に、フローリングなどでの滑りを防ぐシリコン素材の滑り止め付きで、履いているうちに靴下が回ってしまっても安心。

>>後編では、ビーチ、雪遊び、カフェ、散歩のシーンでのスタイリングを紹介します!

◎プロフィール

171118_06.jpg

あすかさん

アウトドアやフィットネスなどに関する雑誌やウェブサイトなどで活躍中の、ファッションスタイリスト。文化服飾学院卒業。愛犬は柴犬の麟太郎。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。



 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

犬種の特徴に合わせてトータルコーディネートを楽しもう!

自信がなかったこと

自信がなかったこと
犬種の特徴に合わせてトータルコーディネートを楽しもう!