magazine

  1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 『白柴・あお』の飼育員、誕生

2017.11.10

ブログ        

コントみたいな犬との暮らし【柴犬生活漂流記 vol.2】

『白柴・あお』の飼育員、誕生

―――犬とは無縁の世界にいた放送作家(歴30年の)舘川範雄さんが、初めての愛犬に翻弄される日々を綴る新連載がスタート!―――

2015年・秋。「あお」と名付けた柴の仔犬を迎え入れ、生まれて初めて「犬の飼育員」となった「僕」と「もうひとり」。次々と起きる"どの飼育本にも載っていない"トラブル、アクシデント、ハプニング。心労で3カ月の間、毎晩見るのは犬の夢だけ......。今は笑って話せるけれど当時はそんな余裕ゼロ!途方に暮れながら過ごした日々は、まるで大海原を犬と一緒に漂流しているような気分だった......。 連載2回目となる今回、いよいよあおとご対面。はじめて手にする小さな命の重みは、想像以上だった。

#Lifestyle

Author :写真・文=舘川範雄 協力=株式会社浅井企画

ついに対面!

 2015年9月12日(土)快晴。ついに対面の日がやってきた。まだ犬を飼う人間としての心構えができていない我々の頭の中は、期待と不安でごちゃごちゃだった。ブリーダーさんは何頭か連れてくるのだろうか?その中から1頭を選ぶなんてできないよな、などともうひとりの飼育員(家の者)話をしながらクルマはブリーダーさんを紹介してくれた、葵ちゃん(のお母さん)の家に到着した。

 葵ちゃんとお母さんに出迎えてもらい、「犬のプロ」であるブリーダーの原さんが待つリビングへ。

「はじめまして。お世話になります」

 挨拶をし、まずは雑談だ。同席してくださった、同じく犬のプロの渡辺さん(原さんのお友達で、同じく犬のプロ。こちらも初対面)が、いかに原さんが柴犬のエキスパートか説明してくれた。原さん本人は、今の仕事をする前は新聞社に勤めていて......息子は......など、ご自分の話をいろいろと聞かせてくれ、さらに我々の仕事についても質問してくださり、それに答えたりしながら、時間は過ぎていく。5分、10分、15分......いつまで続くの?この会話。我々は『で、犬は?で、犬は~!?』と心の中で何度も何度も叫んでいたが、雑談は続いていく。20分くらい経っただろうか、今回の"お見合い"の仲人である葵ちゃんのお母さんが、ついに流れを変えてくれた。

「あのー、そろそろワンちゃんを......」

 来たー!葵ちゃんママ、ナイスプレー!!
 ああ、そうだねと、原さんは、やっと、ついに、ようやく、足元に置いていた、取っ手のついた青いプラスチックの裁縫箱のような物の蓋を開けた。
(え?そんな狭いところにいたの!?)
 そして原さんはその小さな箱の中から、慣れた手つきで、小さな小さな白い物体を抱き上げた。それは小さな白くまのぬいぐるみ!......にしか見えなかった。

1108_02.jpg

やばい......。

1108_03.jpg

うごいてる!

「かわいい~!!」

 こういう時、素直な性格は特だ。うちの"もうひとり"が本能的に動くぬいぐるみを抱き上げた!

1108_04.jpg

 猫を飼っていたからなのか、生き物慣れしている!うらやましい!!
「次、どうぞ」自然な流れで僕に番が回ってきた。こんなに小さいの、持つのコワい!
 どれぐらいの力で持てばいいんだ???おそるおそる抱き上げた。

1108_05.jpg

こわい!小さすぎてこわい!

1108_06.jpg

きゃしゃすぎてこわい!!

1108_07.jpg

ちょっと慣れてきた。

1108_08.jpg
1108_09.jpg

うわ!寝た!いきなり寝た!

1108_10.jpg

 小さな鼻から小さな寝息を立て眠る犬。これが生き物というものなのか!

1108_11.jpg

 鼓動も手のひらに伝わってくる。

1108_12.jpg

 それにしても、この手はなんなんだ??

 この時の体重はたったの1.5kg。けれどその命の重さにひるんだ。
(これからこれを育てるのか......)責任の重さを初めて実感した。

 一方、柴犬を飼っている葵ちゃんは慣れたもの。けっこう手荒い扱い。壊れるんじゃないか?と、見ていてドキドキした。よく見るとあおのその目は我々に何かを......。

1108_13.jpg
1108_14.jpg

"ちょっとなんとかしてよ......"

「名前はもう決めたんですか?」

 葵ちゃんのお母さんに聞かれ、犬を迎え入れる事を決めた時に我々で決めた名前を言った。

「葵ちゃんとのご縁で出会えたという事と、その縁を与えてくれたのがスタジオブルー制作の映画だったという事で、『あお』にします」

 こうして我々は『白柴・あお』の飼育員となった。

1108_15_01.jpg
1108_15_02.jpg

なにこれ?

(つづく)

◎プロフィール

mitsui_pr.jpg

舘川範雄 (たてかわ のりお)
1966年9月19日生まれ。1987年4月から作家活動に入る。
「コサキン」「SMAPxSMAP」「ポンキッキーズ」「スクール革命!」などテレビ、ラジオで多数の番組構成を担当。また関根勤主宰「カンコンキンシアター」の他、オリジナルコメディーやミュージカルの作・演出など、活動は多岐にわたる。
インスタグラム(ao20150721)で白柴「あお」が毎日、犬の目線で日々の出来事を投稿中! 

■関連記事
>>コントみたいな犬との暮らし【柴犬生活漂流記 vol.3】 ようこそ、我が家へ
>>コントみたいな犬との暮らし【柴犬生活漂流記 vol.1】 犬を飼う覚悟
>>コントみたいな犬との暮らし【柴犬生活漂流記 プロローグ】 犬の飼育経験ゼロ。突然始まった白柴「あお」との生活




 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

ペットホテルって犬にとってストレスなの?

手作りおやつ、サプリ、シャンプー......散財は続くよ、どこまでも

手作りおやつ、サプリ、シャンプー......散財は続くよ、どこまでも
ペットホテルって犬にとってストレスなの?