magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 9月は防災月間!防災から減災へ。もしもの時の不安を減らすために今愛犬家ができること

2017.10.04

読みもの        

9月に最も読まれた記事は?人気記事10選を紹介します!

9月は防災月間!防災から減災へ。もしもの時の不安を減らすために今愛犬家ができること

docdog(ドックドッグ)では犬の靴・靴下の専門店としての情報に加え、獣医師、獣医学研究者、などさまざまな専門家と「人と犬の幸福な関係」のための情報を発信しています。9月1日が防災の日であることを受け、docdogでは防災強化月間として防災に関連する記事を発信してきました今回は220以上ある記事の中で、9月の人気記事に加え、防災関連の記事を紹介したいと思います。

#Activity / #Lifestyle

Author :docdog編集部

第1位:犬の飼い主に求められること vol.5 犬の留守番を考える

171003_02.jpg

■記事のポイント
 一人暮らし、共働きなどで、長時間家に誰もいないという環境で犬を飼っている人も多くいるのも事実。愛犬の家族が飼い主のあなただけの場合、家で留守番している犬はその多くの時間を退屈に過ごし、あなたの帰りを待つことだけに、その貴重な時間を使ってしまっていることになります。「私たち飼い主は犬たちの"時間"を真剣に受け止め、犬の退屈を改善しなければいけないと思う」と筆者は言います。本記事では、犬の留守番について考えていきます。

第2位:防災月間特別企画<後編>災害救助のプロに聞く、一般飼い主にできること

171003_03.jpg

■記事のポイント
 地球規模で活動し、さまざまな自然災害などの現場を見てきている特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)への独占取材。「災害救助犬にも靴を履かせてほしい」との声が多く聞かれる中、災害救助の最前線では犬の安全をどう考え、どのような取り組みを行っているのでしょうか(前編記事は第6位にランクイン)。後編の本記事では、災害救助犬という特殊な役割を担う犬だけではなく、一般の犬にとっても重要な「しつけ」「トレーニング」「訓練」の違いなどをお伝えします。

第3位:キャンピングカーを借りて愛犬と四国旅に行ってみた<後編>

171003_04.jpg

■記事のポイント
 お盆休みを利用してキャンピングカーで四国へ犬連れ旅を行った篠崎家。秋の行楽シーズンに向け犬とのおでかけを計画する人もいるでしょうが、実際に旅をするとなったらさまざま不安な部分があることと思います。今回の記事では、道中の様子をできる限り詳細に記載していますので、前編、そして四国旅についての10の質問をまとめたvol.3と合わせて参考にしていただけたらと思います。

第4位:防災、愛護週間、捨て犬......書きたいことは次から次へと湧いてくる

171003_05.jpg

■記事のポイント
 犬ライター白石かえさんのブログの第五弾である本記事。9月は、1日の防災の日にはじまり、20日~26日には動物愛護週間もあるなど、一年の中でも動物関連の話題やイベントが多い月になりました。激動の一カ月を過ごした白石さんに、今の日本の犬、動物に関する課題はどう映ったのでしょうか。盛りだくさんの内容でお届けする一本です。

第5位:〜犬を洗う〜遊んで汚れた犬はいい犬だ

171003_06.jpg

■記事のポイント
「汚れを愛おしく思う」と話すライターの五十嵐さん。「犬は走り、ジャンプし、穴を掘り、犬同士でじゃれあい、水に腹をつけて涼み、地面の上で寝転がることをして生きる動物であり、泥だらけになること、砂だらけになること、臭くなることも彼らの生活であると私は思う」と語っています。犬が汚れることをどう考えるのか、小さなことに思えますが、考え方を少し変えるだけで愛犬との生活が少し楽しくなるかもしれません。日々の生活を見直す一つのきっかけに、ぜひご一読ください。

第6位:災害救助犬育成現場を視察してきた!

171003_07.jpg

■記事のポイント
 今まで「防災のために靴を一足準備しよう」と訴えてきたdocdog。災害の現場で実際に活躍する災害救助犬は靴の活用についてどう考えているのか、という点を独占取材することでさらに理解を深めることができました。「足の裏はセンサーの役割をする」「救助犬は常にマイシューズを持参している」と語るPWJの大西さん。その言葉の裏には<生きている>リアルな相棒(=災害救助犬)とともに、人命救助の現場で活躍する彼女の哲学が隠されていました。

第7位:ベルのカラダのパーツを「スマホ顕微鏡」で見てみた

171003_08.jpg

■記事のポイント
 愛する犬のカラダのパーツをもっとよく見てみたい! と思ったことはないでしょうか?そんな願望を叶えてくれるのが、筆者が最近たまたま知って入手した「スマホ顕微鏡」。スマホのカメラに装着して、愛犬のカラダのパーツにくっつけるだけで、愛犬のカラダをミクロの世界でのぞけてしまいま

第8位:愛犬家にとっての防災対策について最近思うこと

171003_09.jpg

■記事のポイント
「家庭ごとに異なる生活環境や、状況に応じて起こりうる被害を想定した備えを......といっても、私も含め経験したことがない人にとって"起こりうる被害を想定する"ことはなかなか難しい」と語るdocdog編集長の前島が、それでも愛犬家に防災の意識を持ってほしいと言う理由とは。一飼い主としての意見に、共感できる方も多いのではないでしょうか?

第9位:9月1日は防災の日。「備えよ、つねに」

171003_10.jpg

■記事のポイント
 仮に災害が発生したとしても、その際のシチュエーションはさまざま考えられます。どれほどの災害か、どのタイミングか、などいろいろなパターンが考えられる中で、「想定外」でパニックにならないよう少しでも「想定内」を増やしておくことが大切ではないか、と語る筆者。「備えよ、つねに」のスローガンに秘められた想いとは。

第10位:犬にだって好き嫌いはある!相性チェックの方法とは

171003_11.jpg

■記事のポイント
 アメリカのシェルターボランティアでの経験を紹介するブログの第8弾。シェルターにはいろんな性格の犬がいるし、好む遊びのスタイルもさまざまです。今回はプレイグループにおいて、以前からいた犬と新しく入ってきた犬の相性チェックの方法について、ご紹介します。

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。



 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

「犬」がもっと身近な、日常を手に入れるために

約100頭が試着体験!犬の靴・靴下の認知度UPを実感した2日間!

約100頭が試着体験!犬の靴・靴下の認知度UPを実感した2日間!
「犬」がもっと身近な、日常を手に入れるために