magazine

  1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 「どうにか会いたいっ!」お三方とそれぞれの著作のご紹介

2017.07.14

ブログ        

編集長 前島の「ハッピー・ドッグライフ!」 vol.7

「どうにか会いたいっ!」お三方とそれぞれの著作のご紹介

ここ一年、犬に関するさまざまな本を読み漁っています。仕事だから、ということももちろんあるけれど、飼い主として愛犬への理解を深めるためにもインプットは大切だし、それによってたくさんの気付きをもらってきました。そこで、不定期にはなると思うけれど、私が読んだ本の中からオススメのものを紹介していこうと思います。幸い私たち飼い主は、得た知識を目の前の愛犬と照らし合わせて検証できるのだから、頭でっかちに詰め込むだけではなく、みなさんと愛犬との関係性を深めるために役立ててもらえたら幸いです。 今回は、どうしても会ってみたい3名の方々の著作を紹介しましょう。

#Lifestyle

Author :写真・文=前島大介(編集部)

【会いたい人:その1】麻布大学獣医学部教授/菊水健史先生


犬のココロをよむ――伴侶動物学からわかること (岩波科学ライブラリー)
 「ヒトとイヌの間には特別な絆がある」と仮説を立て、研究に取り組んでいる菊水先生。愛情ホルモンとも呼ばれる「オキシトシン」を測ることによって絆を科学的に証明し、その研究結果は科学誌『Science』の表紙をかざった。
この本では、そんな菊水先生ならではの視点で犬の能力や進化の歴史、そして犬との暮らしについてがわかりやすく解説されており、すでに犬と暮らしている人はもちろん、これから飼い始めたいという方にもオススメの一冊だ。docdogのラボ長、小林先生とは面識あるらしく、いつかインタビューを実現したい!!

【会いたい人:その2】獣の女医/滝田明日香さん


サバンナの宝箱―獣の女医のどたばたアフリカン・ライフ! (幻冬舎文庫)
 アフリカ・ケニアのマサイマラ国立保護区内の管理施設「マラコンサーバンシー」に勤務する日本人獣医師。野生動物の検死、肉食獣(ライオン、チーター、ヒョウ)の個体識別と個体数調査に加え、密猟対策の追跡犬・象牙探知犬ユニットを結成し活動している。また、ゾウ保護NGO「アフリカゾウの涙」を通して、日本での象牙需要ゼロ運動に力を入れている。
『サバンナの宝庫』では、そんな彼女のナイロビ大学獣医学部時代のお話しから、獣医師免許を取得した2005年~2006年3月までの日記も交えた非常に"パワフル"なエッセイだ。滝田さんと一緒に暮らす犬たちの話を通して、アフリカにおける犬の暮らしぶりも垣間見える(まさに壮絶......)。滝田さんと犬たちとの関係性の描写も面白いが、滝田さんの動物達への向き合い方、そして生き方そのものにも強く感銘を受けた。今はとにかく、追跡犬や象牙探知犬のお話を、直接お聞きしてみたい。

【会いたい人:その3】犬ぞり師/本多有香さん


犬と、走る (集英社文庫)
 大学時代にカナダで目にした犬ぞりに魅了され、1998年に単身カナダへ。過酷な下積み生活を経て2012年には世界一過酷な犬ぞりレース、1600kmを走る「ユーコンクエスト」で日本人女性として初の完走を果たした。2015年には、その偉業を称えられ「植村直己冒険賞」を受賞している。
 この本に記されているのは、カナダに渡ってからその夢を追い続けた、まさに波瀾万丈の15年間の軌跡だ。滝田さん同様、夢に向かって全力疾走する姿に心打たれた。と同時に、そりを引く犬たちと犬ぞり師(マッシャ―)との関係についても詳細に記されており、そういう意味でも興味深い内容だ。「やっぱり犬ってすごい!」と、感動。日本でも北海道などで小規模(カナダ・アラスカに比べれば)なレースはあるようだけど、やっぱり本場のレースを見たい。来シーズンは、自腹ででも本多さん応援&突撃取材に行ってしまおうかと画策中。

>>次回の書籍紹介では、モーフを我が家に迎えた直後、育児(育犬)ノイローゼになりかけていたときに救われた本をご紹介します。

■関連記事
>>docdog編集部納会〜2016年を振り返って〜 丁寧に、想いを込めて。docdogの記事を通して伝えたいこと
>>編集長 前島の「ハッピー・ドッグライフ!」 vol.6 家庭犬としてのしつけ、できていますか?
>>編集長 前島の「ハッピー・ドッグライフ!」 vol.5 犬の靴・靴下を「履けるようになっておく」価値とは
>>編集長 前島の「ハッピー・ドッグライフ!」 vol.4 すべてのカギは、「犬の正しい理解」
>>編集長 前島の「ハッピー・ドッグライフ!」 vol.3 愛犬が見る「におい」の世界を妄想してみる
>>編集長 前島の「ハッピー・ドッグライフ!」 vol.2 「ボクの家族を紹介します」 byモーフ
>>編集長 前島の「ハッピー・ドッグライフ!」 vol.1 人と犬の幸福な関係は、飼い主と愛犬のよりよい関係から




 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

人と動物のよりよい関係づくりを目指す多様なアプローチ

愛犬のしつけ、うまくいかないのはなぜ?

愛犬のしつけ、うまくいかないのはなぜ?
人と動物のよりよい関係づくりを目指す多様なアプローチ