magazine

  1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 過剰接種は避けたいが、命の危険からは守りたい。そんな思いの着地点は?

2017.06.21

読みもの        

ワクチンのこと、しっかり考えてみませんか? <後編>

過剰接種は避けたいが、命の危険からは守りたい。そんな思いの着地点は?

前編でワクチンの基本を押さえたところで、後編ではそれぞれの個体にあったワクチン接種について考えていきたい。幼犬、健康な成犬、病気を持つ成犬、そして緩やかに衰えている老犬と、一頭一頭の状態は違うからだ。前編に続き、こうご動物病院の向後亜希先生にお話しいただいた。

#Healthcare

Author :写真=大浦真吾 文=古川あや 監修=向後亜希(こうご動物病院 院長)

子犬期のワクチンのプログラムについて

 子犬期にはワクチンを頻繁に接種することになる。現在一般的に言われているのは生後2カ月から1カ月ごとに3回というスケジュールだ。

「子犬は抵抗力がないので、感染症にかかると命の危険につながります。生まれたての子犬たちは母犬の初乳(生まれてすぐのお乳)をもらうことで、母犬からの移行抗体を持っていますが、生後2カ月頃から消えていきます。ですから生後2カ月から1カ月ごとに3回の接種が推奨されています」

 以前は2回だったと記憶する方もいるかと思うが、母親からの移行抗体が消える時期は個体によって差があるため、2カ月時にまだ移行抗体が残っていると、ワクチン接種しても駆除されてしまう。そこで3回目の接種まで行うのが現在では一般的になっている。
 また、最終接種の目安が110日齢頃となっているので、一回目のワクチン時期によっては2〜4回の接種となる。ワクチン接種の回数はできるだけ少なくしたいというのが飼い主の正直な気持ちだが、子犬の命を確実に守るためには安全策をとることが推奨されているようだ。

170614_02.jpg

成犬の場合

 成犬の場合、混合ワクチンも1年に1回の接種が一般的だ。

「実は抗体価は1年でなくなるということはありません。混合ワクチンについては飼い主さんからの相談や要望があれば、まずは血液検査で抗体価を検査し、その結果によって例えば検査した半年後、1年半の間隔をあけて打つといった調整ができます。
 当院では検査センターに血液を送ると1〜2週間で結果がでますので、その数値を見てワクチン接種のタイミングを相談して決めています。最近では病院内で抗体価検査できるキットも販売されていますので、抗体価を調べる病院は増えていると思います」

 こうご動物病院の場合、6,000円ほどで抗体価調べることができるそうだ。向後先生が抗体価などを調べるなど、きめ細かなワクチン接種に応じているのは理由がある。

「ワクチンは病気を防ぐためのものですが、有害反応も起こり得るものです。それぞれの個体に合わせて接種のタイミングを決めていくのもよい方法だと思います。また、アレルギー体質だったり、テンカン持ちだったりする場合は、ワクチンの接種間隔をあけることで症状が改善したという事例もあります」

 混合ワクチンについては法的義務がないため、以上のような対処も可能だが、年に1度の接種義務がある狂犬病ワクチンについてどうだろう。

「病気の犬などは"狂犬病注射猶予証明書"を出すこともできます。とにかく時期が来たから接種するのではなく、不安な点があれば自分の犬の状態を獣医師に相談して、納得のいく着地点を見つけてほしいですね。
 また、ワクチンは伝染病を防ぐために接種しますが、病気にならないようにするには体質を変えるなどして体全体の免疫力を上げることも大切です。体は食べ物でできています。食べ物を考えてあげたり、日々のケアをすることで病気にならないようにしてあげてほしいですね」

170614_03.jpg

体は食べたものでつくられる。免疫力を上げて病気にならない体づくりも心がけたい。ちなみに、こうご動物病院では免疫力を上げるためのさまざまな勉強会も開催している

 ワクチンの過剰な接種は避けたいが、命の危険のある伝染病からはしっかりと愛犬を守っていきたい。今回お伝えしたワクチンの基礎を参考に、読者のみなさんそれぞれの"着地点"を探していただきたい。

◎監修者プロフィール

170612_05.jpg

向後亜希先生

獣医師。こうご動物病院(東京都多摩市)院長。西洋医学はもちろん、鍼治療、ホリスティック医療などのペットに優しい治療にも積極的に取り組んでいるほか、しつけ教室、飼い主向けの各種セミナーも開催している。http://www.kougo-ah.com

■関連記事
>>ワクチンのこと、しっかり考えてみませんか?<前編> ワクチンの役割、意義についてまずは理解しよう




 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

「4%」の現実

活発、でも慎重な性格のヨーキーが、靴下に慣れたきっかけとは?

活発、でも慎重な性格のヨーキーが、靴下に慣れたきっかけとは?
「4%」の現実