magazine

  1. トップページ
  2. MAGAZINE
  3. 100年の歴史を持つ義肢・装具メーカーが手がける、足に優しい犬の靴『おさんぽソックス』

2017.06.07

読みもの        

フィットしやすく、脱げにくい!docdog新規取り扱い商品のご紹介

100年の歴史を持つ義肢・装具メーカーが手がける、足に優しい犬の靴『おさんぽソックス』

「雨上がりのお散歩、足が汚れて手入れが面倒......」。 毎年6月にやってくる梅雨の季節、そんな悩みを持つ方も特に多いと思います。そこで、docdogでは肉球の保護という靴本来の目的に加え、ぬかるんだ地面での足元の汚れ防止に役立つ靴「おさんぽソックス」を、新たに販売開始します。100年に渡り人間用の義肢、装具を作ってきた老舗日本メーカーが、犬の足元を守るために開発した本商品。犬の靴・靴下の専門店ならではの視点で、その特徴や使い方を、商品開発ストーリーも交えながらご紹介します。

#Lifestyle

Author :docdog編集部

義肢・装具の老舗メーカーのこだわりが生んだ、愛犬の足に優しい靴

「しあわせを形にする人と技術の会社」として義肢・装具などを作り続けてきた松本義肢製作所。そのペット部門が「おさんぽソックス」の産みの親であるアニマルオルソジャパンです。
 人間用の器具の製作で培った確かな技術をもとに、犬用車いすやコルセット、サポーターなど、病気時の身体保護、介護用品を製造、販売しています。その中で、足元の保護を目的に製作されたのが、今回取り扱いを開始する「おさんぽソックス」になります。
 では最初に、「おさんぽソックス」の機能面の特徴について、紹介しましょう。

①水に強い防水タイプで、雨の日のスムーズな散歩をサポート
毎年6月初旬~7月中旬にかけてやってくる梅雨。雨の日や雨上がりの散歩後の足ふき、汚れ落としが面倒になる季節です。「おさんぽソックス」は足にぴったりフィットする構造で内部への浸水を防ぎます。レインコートと合わせて、濡れを防止し快適な散歩をサポートします。

※雨の日の使用については、マンホールやツルツル滑りやすい路面の上を歩行する際に、滑ってしまうおそれがあります。使用に際しては、激しい走行は行わないなど、愛犬の歩行環境、速度について十分注意を行ってください。

170604_02.jpg

②素材は伸縮性に優れ、足と一体化したようなフィット感を実現
靴・靴下を履く際に心配になるのが「脱げ」。特に雨上がりの散歩時に、何度も履きなおすのは愛犬にとっても飼い主にとっても面倒な作業になります。「おさんぽソックス」はよく伸び縮みする特製ゴム素材を採用しており、足と一体化したようなフィット感を実現。圧縮しすぎない絶妙な締め付け具合で、歩行時の「脱げ」のリスクを軽減した形状となっています。

170604_03.jpg

③特殊な耐熱ゲル素材を採用し、夏場のアスファルトの散歩も対応
180~200度で溶け始める特殊な耐熱ゲル素材だから、夏場のアスファルトや砂浜などの高温な地面の上でも使用可能です。 もちろん、夏の日なたのアスファルトは60℃を超えることもあるので、日中の散歩は控えることが基本。とはいえ、旅行時のパーキングエリアでのトイレ休憩や災害時など、外を歩かざるを得ない時に備え、一足用意しておくと安心です。

④足裏の滑り止めによりフローリングなどでの滑り防止も万全
フローリング、和室や畳の上、階段の昇り降りに、室内での生活で愛犬の滑りを気にする人も多いのではないでしょうか。特に小型犬の場合は、室内で頻繁に滑ることで脱臼や骨折などの怪我のリスクや、椎間板ヘルニア、股関節形成不全などの慢性疾患が悪化するリスクを抱えてしまうことがあります。「おさんぽソックス」は足裏の滑り止め加工が施されており、室内での滑り対策としても使用することができます。

170604_04.jpg

5サイズ、3色展開。チワワなどの超小型犬にも対応!

 次に「おさんぽソックス」の仕様を紹介します。サイズは3SからLの5サイズ、カラーはイエロー・ブラック・ブルーの3色展開となります。

170604_05.jpg

イエロー、ブラック、ブルーの三色展開。愛犬の毛並みの色、お持ちの服などと合わせて、コーディネートを楽しむことができます。

170604_06.jpg

チワワなどの超小型犬からゴールデン・レトリーバーといった大型犬まで対応。今までdocdog取り扱いの靴商品の中で対応できていなかったチワワなど超小型犬のサイズもカバーしています。

「犬の足は、犬種によって骨の長さ、形状が異なるため、標準的な規格に落とし込むのに苦労しました。チワワとラブラドール・レトリーバーを比べても、単純に縮尺を大きくすれば対応できるわけじゃない。また、毛質も犬種毎に異なるため、足首の締め付け具合をどうするか、という話もあります。おさんぽソックスはフィールドテストで改良に改良を重ね、そういった点を考慮しながら、丸二年の開発期間を経て、発売に至っています」

 こう語るのは製造元のアニマルオルソジャパンの林さん。足をなくしたコの義足作りを頼まれプラスチック製のものを製作したのが犬の靴との出会いだと言います。そこから、つけているのが気にならないほどフィット感のある靴を追い求め、完成したのが「おさんぽソックス」だ。

「ナックリング症状などで足をすってしまうコにも、耐久性のある作りになっているので、怪我の予防となります。もちろん、散歩時の足元の保護や高齢犬の滑り防止など、さまざまな用途で使用してもらえたらと思います」

◎商品紹介

170604_07.jpg

おさんぽソックス /アニマルオルソジャパン

汚れが気になる雨上がりのお散歩に。防水タイプの愛犬の足にフィットする犬の靴。
■ スチレン製の伸縮性の高い素材が愛犬の足にぴったりフィット
■ 足裏には凸凹形状の滑り止めがついており、フローリングなどでの滑りを防止
■ 今までサイズが少なかった小型犬用3Sサイズもあり

掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法等により保護されています。



 この記事が気に入ったらいいねしよう!
 最新記事をお届けします。

犬連れキャンプ、達人たちのアイテム拝見!

ドッグラン内で飛び交うさまざまな会話とは?

ドッグラン内で飛び交うさまざまな会話とは?
犬連れキャンプ、達人たちのアイテム拝見!